« 絶好の仕上がりダノンバラード:5つ☆ | Main | 「勝ちポジを探せ!ライブ」DVDの受付を終了しました。 »

◎コディーノ

Tennosyoaki10ゴールドシップの不在は残念ですが、今年の天皇賞秋はなかなか重厚なメンバーが揃いましたね。ここでいう重厚というのは、各出走馬に個性があり、背景が多種多様であるということです。3歳馬から7歳馬までと年齢も幅広く、夏場を使ってきた馬からぶっつけで臨んでくる馬まで、それぞれがそれぞれのやり方で勝負を賭けてきた感じです。実力が拮抗しているレースよりも、こういうレースをこそ、どの馬が勝ってもおかしくないと表現するべきではないでしょうか。

1番人気のジェンティルドンナは、実力は一枚も二枚も上の存在です。ここ2戦(ドバイと宝塚記念)でこの馬特有のスッという一瞬の脚が見られないのは、昨年秋にジャパンカップを含め3連勝した目に見えない疲れが抜けていなかったからです。そんな状態でも、勝った一流の牡馬に食らいついたのですから、ブエナビスタがアーネストリーを差し返そうとした宝塚記念と同じぐらい、負けて強しだと感じました。宝塚記念以来の休み明けであることに違いはありませんが、追い切りの動きを見ると、仕上がり自体には心配はありませんね。この牝馬に勝つことは、かなり難しいと思います。

ジェンティルドンナとは対照的に、トウケイヘイローは夏場をずっと使ってきた馬です。馬体を見る限りは、なんとか体調は平行線を辿っているのではないでしょうか。この馬の最大の武器は、逃げることで自分の型に持ち込むことができ、バテないということです。マイル戦などの短距離戦で変に差し込まれてしまうよりは、中距離戦の方がしぶとさが生きることが分かりました。府中の直線は長いので、逃げ切るのはそう簡単ではありませんが、トウケイヘイローもそう簡単には止まらないはずです。武豊騎手が天皇賞秋で逃げ馬に乗ると、あのサイレンススズカを思い出してしまいますね。

本命は3歳馬◎コディーノに打ちます。前走の毎日王冠では出遅れに加え、超スローペースの中、外々を回されてしまいました。あの上がり時計で、あのポジションでは、どれだけ強くても勝ち負けにはなりません。今回は1番枠を引きましたので、「前走でスローの外を回された馬が内を走って巻き返す」という典型的なパターンに当てはまります。距離的には2000mまでは守備範囲ですので、スタートを決めて、内ラチ沿いの2、3番手を取ることができたら、ジェンティルドンナの足元をすくうチャンスが生まれるかもしれません。

池江厩舎からはなんと4頭が出走してきました。どの馬もG1で勝ち負けできる実力の持ち主です。オルフェーヴルがいなくても、これだけの古馬陣を抱えている厩舎の懐の深さを感じざるをえません。その中の1頭、ダノンバラードは宝塚記念で2着したように、一時期の不調から完全に立ち直りました。前走は休み明けに加え早仕掛けもあって、最後は内にモタれてしまいました。キッチリと仕上げていけば、たとえ左回りでもそれほどモタれることはないのではないでしょうか。今年絶好調の川田騎手が、最後までビッシリと追って、勝ち負けに持ちこんでくるはずです。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment