« 京都金杯を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | JRA60周年を迎えるにあたって »

世界へ飛び出せ、若手騎手たちよ。

Totheworld

今年も外国人ジョッキーが大いに活躍した年であった。桜花賞のデムーロ兄弟のワンツーに始まり、M・デムーロ騎手による皐月賞、R・ムーア騎手によるジャパンカップと朝日杯フューチュリティS、C・ルメール騎手によるJCダートまで、多くのG1レースを海外から来たジョッキーが制したことになる。O・ペリエ騎手が本格的に来日し始めた2000年前後の衝撃から10年以上が経ち、外国人ジョッキーが中央競馬に騎乗し、勝利するのは日常の風景となった。

これだけ外国人ジョッキーの活躍が目立つと、それに対して異を唱える者も出てくる。このままでは未熟な若手騎手を中心に騎乗機会が奪われてしまうことで、日本人騎手が育たなくなってしまう、というのがおおよその論である。また、外国人ジョッキーばかりでは競馬ファンが離れてしまう、という見方もある。週刊「Gallop」の創刊20周年記念企画のひとつとして、吉田照哉氏(社台ファーム代表)と吉田勝己氏(ノーザンファーム代表)と前田幸治氏(ノースヒルズ代表)による超BIG対談が掲載され、その中で前田氏はこのように語っていた。

前田(以下、敬称略)
「外国といえば、実は私、お2人にお願いがあるんです。少し外国人騎手を使うことを控えていただきたいのです。相撲界を見ていて、つくづく感じます。外国人力士が多くなりすぎて人気がなくなったように、外国人騎手ばかりが勝つと相撲と同じようになりかねません。それに、同じ勝負服ばかりというのもファンに飽きられます。…」

私はこの手の考えがどうしても理解できない。競馬人気がなくなってきた理由が、なぜ外国人ジョッキーが多くなったことや同じ勝負服が増えたこととつながるのだろうか。1998年をピークとして中央競馬を始めとする競馬産業が縮小しつつあるのは、人口動態の変化や経済状況といった大きな流れの中で、あらゆる要因が複雑に重なり合って起こっている現在進行形の事象であって、外国人ジョッキーや勝負服の問題はそのひとつにすぎない。馬と人のドラマがなくなったという面は確かにあるが、昔だって良い馬は一握りの一流騎手に乗り替わりになるのが必然であった。外国人だと思い入れができないというのは、最終的には個人の思想に帰結する問題である。勝負服に関していえば、もし気になるならば(必要ならば)、馬ごとに勝負服を変えてもよい制度にすればよいだろう。よく考えていくと、問題の本質はそこにはない。

前田氏の提案に対して、吉田勝己氏はこう答えている。

吉田勝己
「ですが、日本のジョッキーにも、もっとうまくなってもらわないと…」

前田
「それはそうです。若手のなかには、芸能人と勘違いしている騎手もいます。それについては、本人たちが自覚を持って改めてほしいです。それに今の若い日本人騎手には、外国人騎手が持っているようなハングリー精神が足りないですね」

吉田勝己
「技術差もありますよ」

前田
「それもそうですが、勝てばいいと外国人騎手ばかり乗せるのも…。ファン離れの一因になっていると思います。お二人には、ぜひこの2点を理解していただきたいです。

吉田勝己
「馬を走らせなきゃ、私らはやっていけませんから。生産馬を売るためには、すべてにおいて最善を尽くさないといけません。技術に優れた外国人騎手が入ることで日本人騎手の腕も上がるはずです。それに、海外の一流騎手が来て、その技術が見られるのは日本の競馬ファンにとって幸せなことですよ」

ここまで言われてしまうと、反論の余地はない。前田氏と吉田勝己氏の対話から、彼らに見えているものの違いが浮かび上がってくる。吉田勝己氏には「技術」が見えているが、前田氏には見えていないのである。正直に言うと、それは私も含めた競馬ファンも同じで、日本人騎手と外国人ジョッキーの技術の違いが見えないのである。私たちは吉田氏ほど命がけで騎手の技術を見ていないし、海外のあらゆる競馬場であらゆるジョッキーたちの技術を目の当たりにしていない。分からなくて当然なのであるが、だからこそ外国人ジョッキーを巡る議論は平行線を辿って交わることはない。ビジネスライクなんて言葉で片付けてしまうのは、自分たちの無知をさらけ出しているようなものなのだ。

吉田勝己
「日本の競馬がトップになるというのが一番なんです。トップになりますよ。なれると思います。トップにしないと、私らは生きていけないですよ」

日本の競馬が頂上を目指して、これからも生き残っていくのであれば、技術が高いところに騎乗の依頼が行く流れには抗いようがない。M・デムーロ騎手は今年、騎手免許の一次試験に落ちてしまったが、いずれは年間を通して騎乗する外国人ジョッキーが現れ始めるだろう。そうなったとき、日本人騎手はどうすればよいのだろうか。地方と中央競馬の垣根を取り払い、貪欲さがあればできる限り多くの騎乗機会を得られるシステムにするのは当然として、もっとも大切なことは、(できるならば)才能のある若手騎手たちが、海外の競馬で腕を磨くために長期間にわたって世界へ飛び出すことだ。磨かれれば輝くダイヤの原石は、実は日本人騎手の中にもたくさん眠っているはず。今年、藤岡佑介騎手が1年近くフランスに遠征したことには大きな意味があるし、もっと欲を言えば、活躍するまで帰ってくるなという気持ちで私たちも送り出さなければならない。吉田勝己氏の言葉を借りれば、誰かがトップにならないと、日本の騎手たちは生きていけないのだ

Photo by 三浦晃一

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

 こんばんは
 これからの課題…問題提起のテーマですね。

 南関競馬を見ていると、的場騎手・石崎騎手・早田騎手等の大ベテランが今もがんばっています。内田・戸崎の両トップジョッキーが中央に行った後、次の若手世代が成長するまで、空いた穴を埋めているかのようです。一緒に走りながら今の若手たちは技術を高めていくことでしょう。

 賞金が高い大レースで、だれに騎乗してもらいたいか。成績上位の騎手や外国人ジョッキーが重宝されるのもやむを得ないでしょう。

 しかし、いつまでも今のトップジョッキーたちが乗り続けることはできないのですから、今は実力を発揮できなくても、いつか花開くときがあるはず。努力を続けた若者が、次の日本のトップジョッキーになるはずです。

Posted by: 玉ちゃん | December 31, 2013 at 12:10 AM

いつも楽しく拝見させていただいております。

外国人ジョッキー問題について、いつも私は疑問を感じます。

不満を持つなら何故日本のジョッキーは海外にも拠点をおいて活動しないのか?

(海外を拠点にするには)武豊さんが「収入面で」と言っていたような記憶がありますが、日本のジョッキー達が海外のジョッキー達より収入面での待遇がいいのだとしたら(海外との経済的環境が違うので日本での収入だけをとって好待遇とは一概に言えませんが、単に賞金レベル等だけみた場合です)永久にこの問題は解決しないと思います。

違う業界に目を向けるとサッカーや野球の一流選手は海外に拠点をおく人達が多いです。なぜか?その業界のレベルも報酬も日本より高いから。

競馬界はどうか?レベルは分りません。でも日本の騎手が海外のGⅠで勝てない、また外国の厩舎が日本人ジョッキーに騎乗をださない等、色々なことから考えると、きっとまだ低く世界レベルで通用する騎手も一部しかいないのでしょう。

そんな環境で収入も海外より良いのだとしたら、騎手達は危険をおかして海外に行くことなど全く考えないでしょうし、その為にどんどん「井の中の蛙現象」が進み、若手も育っていかないんだと思います。

日本のプロ野球には外国人枠がありますが、アメリカのメジャーリーグにはありません。何故かというと理由の一つに日本のプロ野球の方がレベルが低いからです。

幸いまだ競馬業界には外国人枠がありません。若い騎手がいきなり海外を拠点にするには荷が重いでしょうから海外のジョッキーに沢山きてもらい、その騎手たちから技術を盗んだり、その騎手達のおかげで全体のレベルがあがる効果もあるはず。

私は現状から考えた場合、日本の競馬業界にとってどんどん外国人ジョッキーに来てもらったほうがいいと思います。しかも通期で。

その為に職を失うジョッキー達もいるかもしれませんが、スポーツの世界は弱肉強食なのですから、その中で勝ち上がってくる若手ジョッキー達に期待します。

Posted by: 加藤 大義 | December 31, 2013 at 10:22 AM

海外は賞金が安くても騎乗契約金が大きいし、騎乗手当そのものが騎手によって違う国が普通にあるのでフリーで行くしかない日本人騎手には厳しい。

外国人は馬を確保してもらってから来ているわけだし技術を見て騎手を選んでいるわけでないのは来日した外国人の半数以上がたいしたことのない成績しか残せていないことで証明されている。

そもそも同じ土俵に上がる前段階の育成ができていないのに自由競争を持ち込んでも何の意味もない。
同じ才能でも毎日競馬がある国とそうでない国では次元が違う。

週末しか競馬がないうえに今より乗り鞍が少ない時代に外国人騎手と対等以上にやれてしまう武豊という凄まじい才能が学校から輩出されてしまったが故にJRAは勘違いしてしまった。

Posted by: . | December 31, 2013 at 11:40 AM

玉ちゃんへ

こんにちは。

南関東のベテランジョッキーたちは凄いですよね。

私が競馬を始めた頃と同じ面子が今でも頑張ってくれています。

若手が育ってきていないという以上に、馬に乗ることの楽しさ、乗り続けることの大切さを背中で伝えているような。

私もこう書いていますが、厳しい状況だからこそ、突き抜けた若手騎手が現れると信じています。

Posted by: 治郎丸敬之 | December 31, 2013 at 11:53 AM

加藤さん

いつもありがとうございます。

日本人騎手が海外に拠点を移さないのは、中央競馬という業界がそれだけの経済規模で動いているからです(ファンの賭けるお金によって)。

普通ならばレベルの高いところでお金も動くはずなのですが、そこが競馬がギャンブルでもある上の歪な構造になってしまっています。

それでも長い目で見れば、ジョッキーという職業は完全なアスリートなので、目の前の報酬を差し置いても技術を磨いたほうが長い目でみればプラスになるのではと思ってしまいます。

それでも動く人が少ないのは、そもそも技術を磨く以前に、向こうでは通用しないと分かっているからだと思います。

ゆで蛙になって気づくのも良いと思いますが、その前に誰かが先陣を切って、道しるべをつくってほしいと思うのです。

Posted by: 治郎丸敬之 | December 31, 2013 at 11:59 AM

.さん

騎手の育成はJRAにとっても難しい問題ですよね。

結局は実戦に跨ることに優る育成はないのですが。

もちろん外国人騎手だから上手いわけではなく、また技術があっても日本競馬の環境に溶け込むことができずに技術を発揮できない外国人騎手もいると思います。

現状でどうしていくか、考えたときに、JRAなどに頼るだけではなく、やはり騎手自ら行動を起こしていくしかないのかなと思います。

そういった意味で、藤岡佑介騎手の挑戦には大きな意味があると思っています。

厳しい時代や状況だからこそ、そこを突破する大きな力が生まれる。

近いうちに世界で通用する騎手が日本から生まれると私は信じています。

Posted by: 治郎丸敬之 | December 31, 2013 at 12:05 PM

騎乗機会が大幅に減ってでも世界に出て腕を磨くのか、日本に居座って多くの騎乗機会の中で腕を磨くのか、日本にこれだけ海外のトップジョッキーが来ているだけにここで何か盗む事も出来るかも?
現状を見ると・・世界に目を向けるとき?

ただ、その世界へ飛び立つには他のスポーツと決定的に違う点、それは他スポーツは大変な結果を残して挑戦している点。

私達は直接騎手の声を聞く事が出来ないので一競馬ファンとして純粋に騎手や関係者の声を聞きたいのですが、騎乗機会が恵まれない激減してでも海外に行くべき方が成長するのか、日本に残って多くの騎乗を経た方が成長するのか、しいては日本競馬界の為なのか。
いずれにしろ海外騎手にその座を奪われれば騎乗機会がなくなるのはそうですが。

Posted by: 小倉のデビュー戦 | December 31, 2013 at 12:30 PM

こんばんは。
今年も有意義な記事をありがとうございました。

私はギャロップの記事は読んでいないのですが、
書いて下さった範囲を読んでの意見としては、
馬産も手がけているマエコウさんの意見はかなり重いと思います。
(まあ、キズナだって社台がなければ存在しないんですけどね)

マエコウさんの今までの考えを聞いていると
「ああ、この人は、ベタな日本競馬ファンでもあるんだな。
だから逆に個人の馬主という立場でもあそこまで頑張れるんだな」
と思うのです。

社台の考えももっともだと思うのですが、
私も含め、ベタファンwにとっては、
日本競馬においては、やはり日本の騎手が活躍して欲しいし、
そうでないと、心情的に盛り上がれないな、と正直思います。
治郎丸さんは理解できないとおっしゃいますが、
ネットの掲示板なんか見てても、こういうファンは普通だと思いますよ。
これは理屈ではなく、主に情の部分の話です。
でも、そういうベタな部分もまたファンであり続ける
気持ちを支えているとも言えると思うんです。

だからと言って、外国人騎手を乗せるなとは思いません。
結局、日本人騎手も、外国人騎手に負けない技術を
身につける以外ないのだとも思います。

私が思うに、結局これは日本競馬界の課題ですね。
日本の馬は社台のおかげで飛躍的に能力が伸びた。
では、日本の騎手は誰が育てるのか?
これまでは、ベタなマエコウさんや、松本さんが
日本騎手の育成を目的に、それこそ漢気で
日本騎手を乗せる努力をしてきた。
そういう日本競馬のベタな人気を支えるために、
日本の騎手をどう育てるのかというのは、
個人の努力の問題だけで本当にいいのか?と思います。

ただ、日本の若手にホンマにヤル気あんのか!
と思うところは多々ありますw
池添君が、せっかくフランスに行きながら、
オルフェに乗れないとわかった途端帰国した時は、
「帰ってくんなよ!」と本気で怒りましたしw

そういう意味では、藤岡君はエラいと思います。
彼のように「もっともっと上手くなりたい!」という
ハングリーな意気を感じるジョッキーがなかなかいないのが悲しいところ。
それは多分、日本の競馬がヌルくても結構食えるからなんだと思います。
そんな部分も含めて、今後を考えていく必要がありそうですね。

今年もかなりエキサイティングな競馬でしたね。
オルフェなき来年は、どんな競馬になるんでしょうか?
また楽しいコラムをよろしくお願いします!

Posted by: 熊助 | December 31, 2013 at 06:04 PM

小倉のデビュー戦さん

あけましておめでとうございます。

おっしゃる通り、悩ましい問題です。

どうすれば良いのか分からないので、ゆでガエルのような状態になっていっているのが現状だと思います。

他のスポーツでも日本で実績がなくても飛び込んで認められた、もしくは実力をつけたケースもあるので、日本でトップを取ってからという考え方では手遅れになるかもしれません。

飛び込めば何かが変わりますし、その変わった人が日本にまた何かを持ち込むような循環が必要かと。

来たものを自分の土俵から見るのと、自分から相手の土俵に飛び込むのとでは得る見識は違うはずです。

私は個人的に藤岡佑介騎手の挑戦はファーストペンギンとして素晴らしいと思いました。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 01, 2014 at 01:24 PM

熊助さん

あけましておめでとうございます。

私もベタな競馬ファンなので(笑)、日本人騎手に乗せたいというマエコーさんの情の部分はよく分かります。

でもそれがファン離れを引き起こしているとは思いませんし、勝負服の話は論外です。

ファン離れを引き起こしているのはもっと根本的なところに理由があるのではないでしょうか。

騎乗し続けることで得ることもたくさんありますから、たぶん吉田兄弟もできるならば日本人騎手に乗り続けてもらいたいという思いはあるはずです。

それでもそうしないのは、明らかな技術差が彼らには見えるからでしょう。

もし私が生産者で、明らかな技術差が見えてしまうとすれば、特に大きなレースになればなるほど、どうしても乗せられないという気持ちが誠実なのではないかと想像します。

おっしゃるとおり、これは日本競馬の喫緊の問題ですね。

馬のレベルは世界に追いつきましたが、騎手だけが取り残されてしまった。

個人のレベルではどうにもしようがないことでもあり、かといって制度や組織的にどうにかしてもらうにも大きすぎる問題であり、今いる人たちは誰かが自分ごととして動かなければならない気がします。

そんなことも含めて、今年の競馬も楽しみですね!

Posted by: 治郎丸敬之 | January 01, 2014 at 01:34 PM

明けましておめでとうございます。

外国人ジョッキーと一言で言っても、上手いなと感じるジョッキーもいれば、案外そうでもないと思うジョッキーもいますね。

僕はデムーロさんの日本所属には歓迎なクチです。


ただ、日本のジョッキーもがんばって結果をだして行けば、チャンスは来ますしファンも付いてきます。
柴田大知騎手や田辺騎手などは底辺から今日の活躍まで盛り返して、一定のファンも獲得するようになりました。


若手ジョッキー限定レースとかもと改良したら良いかもですね。


しかしながら、ドライに考える社台Gに対して、松本オーナーや前田オーナーのように情と理想を掲げるオーナーさん達・・・いろいろな考えをもってそれぞれの理想をぶつけ合って競馬をもっと面白くして欲しいですね!


僕は、僕のできること、誰かを誘って競馬場に行く。
コツコツと頑張っていきたいと思います。

本年も宜しくおねがいします

Posted by: もんぺ | January 01, 2014 at 03:35 PM

もんぺさん

あけましておめでとうございます。

日本に来る外国人ジョッキーは、全員が上手いジョッキーではあると思いますが、日本競馬の環境に溶け込むことができる人とできない人で分かれると思います。

M・デムーロ騎手は最も上手く溶け込んでいる騎手のひとりであり、日本の騎乗免許をぜひ取得してもらいたいですね。

私も社台グループばかりになるのは良くないと感じていますが、社台グループの騎手起用のところを突くことも疑問に思います(競馬ファンは真に受けるので)。

理想をぶつけ合って、お互いに切磋琢磨してもらいたいですね。

私はもんぺさんの競馬場に誰かを誘っていくというスタイルとても素敵だと思います。

本当はそれが最高の競馬に対する貢献ですから。

今年もどうぞよろしくおねがいします!

Posted by: 治郎丸敬之 | January 03, 2014 at 11:34 AM

弊社は正規品と同等品質のルイヴィトンコピー品を低価でお客様に提供します.
弊社は日本向けに、ロレックス、ウブロ、パティックフィリップ、パネライカルティエ等の スーパーブランド財布コピー時計専門です,新品レプリカ時計のみを激安価格で扱っています、当ヴィトン激安コピーサイトで販売している,ブランドコピー時計,偽物ブランド時計,正規品と同等品質です。

Posted by: ルイヴィトンコピー | July 14, 2014 at 03:27 PM

Post a comment