« 京都牝馬Sを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | シルクロードSを当てるために知っておくべき3つのこと »

栗毛が輝いているヴェルデグリーン:5つ☆

■AJCC
ダノンバラード →馬体を見る
6歳になっても、筋肉の柔らか味は変わらず、毛艶も素晴らしい。
欲を言えば、ややふっくらとし過ぎて、もうひと絞りできそうな仕上がり。
Pad4star

サダムパテック →馬体を見る
首に少し冬毛が生えてきて、身体は冬眠時期に入ってきている印象を受ける。
筋肉のメリハリも好調時には遠く、線が細く映り、パワー不足を感じさせる馬体。
Pad3star

フェイムゲーム →馬体を見る
前躯の大きさと力強さは素晴らしいが、対してトモの肉付きが物足りない。
リラックスして立てているので、力は出し切れるが、どこまで粘りこめるか。
Pad3star

ヴェルデグリーン →馬体を見る
前後躯にきっちりと実が入り、力強さを増していると共に、胴部にも長さがある。
栗毛が輝いているように体調も良く、表情からは闘争心が伝わってくる。
Pad5star

ケイアイチョウサン →馬体を見る
胴部が短く詰まって映るように、この距離で一瞬の切れ味を活かすタイプ。
この時期にもかかわらず、皮膚が薄く、毛艶も冴えていて体調は万全だろう。
Pad3star

レッドレイヴン →馬体を見る
背中が反っているように見えるのは、やや腰が高いのと、腹周りに余裕があるから。
前と比べて後躯に実が入っておらず、トモの弱さがあり、完成するのはもう少し先か。
Pad3star

■東海S
ニホンピロアワーズ →馬体を見る
湾膝のため立ち姿のバランスが取れていないのは、この馬の特徴と考えるしかない。
馬体全体のシルエットは変わりないとして、毛艶が冴えず、好調とまではいかない。
Pad3star

ナムラタイタン →馬体を見る
昨年のこの時期に比べると、筋肉の柔らか味に劣り、腹回りにも随分と余裕がある。
ここを叩いて調子は上向くだろうが、顔つきを見ても走る態勢に入っていない。
Pad2star

トウショウフリーク(川崎記念に出走予定) →馬体を見る
とても7歳馬とは思えない、筋肉のメリハリと立ち姿の柔らかさがある。
前後躯ともにしっかりと実が入っていて、毛艶も良く、きっちり仕上がった。
Pad4star

ケイアイレオーネ →馬体を見る
パッと見て大型馬とは分からないほど、馬体全体のバランスは取れている馬。
馬体からは力強さが伝わってくるが、筋肉のメリハリという点ではあと1歩。
Pad3star

グレープブランデー →馬体を見る
ようやくこの馬の良かったときの姿に戻ってきており、復活の前兆が伺える。
手脚が長く、胴部にも伸びがあるので、マイル以上が適距離の馬だろう。
Pad4star

グランドシチー →馬体を見る
リラックスして立てているが、筋肉のメリハリという点では物足りない。
表情からは落ち着きがあるので、この馬の戦法に徹してどこまで追い込んでくるか。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

 こんばんは
 AJC杯…トゥザグローリー
     12-7.10.14

 東海S…二ホンピロアワーズ
     14-12.15.4
  

Posted by: 玉ちゃん | January 25, 2014 at 10:29 PM

小倉のデビュー戦さん

レッドレイブンの素質は高いですが、気性面でも肉体面でもまだまだ成長の余地はありますね。

私も凡走してもおかしくないと思います。

応援している厩舎なので、勝ってほしいという思いはありますが、果たしてどうなりますか。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 26, 2014 at 08:22 AM

玉ちゃん

おはようございます。

トゥザグローリーの復活ですね。

あの強かったころの輝きを取り戻すことができたら、このメンバーでは力が1枚も2枚も上ですからね。

東海Sも好メンバーで、フェブラリーSにつながる一戦として楽しみに観戦したいと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 26, 2014 at 08:24 AM

Post a comment