« 「ROUNDERS」vol.4が「優駿」7月号に | Main | ゴールドシップの気に乗った »

かえって馬体が充実したウインバリアシオン:5つ☆

ゴールドシップ →馬体を見る
堂々とした立ち姿で、ゆったりとしたシルエットの中に力強さが溢れている。
いつも馬体に大きな変化がない馬だが、今回は白く映るように、やや物足りない。
Pad4star

ジェンティルドンナ →馬体を見る
ドバイ帰りだが、毛艶は素晴らしく、筋肉の柔らかさが伝わってくる出来にある。
トモの肉付きが物足りないため、立ち姿のバランスにやや欠けるきらいはある。
Pad3star

ウインバリアシオン →馬体を見る
典型的なステイヤーの馬体であり、筋肉のメリハリに乏しいのは仕方ないと見るべき。
尾離れの良さからも、怪我をして間隔が開いたことで、かえって馬体が充実したことが伝わってくる。
Pad5star

カレンミロティック →馬体を見る
ハーツクライ産駒にしては、胴部が短く、スタミナと距離に不安を抱える馬体。
前後躯にしっかり実が入って力強さはあり、パワー勝負になれば。
Pad3star

トーセンジョーダン →馬体を見る
良かったころのはち切れそうな馬体に戻ってきており、調子はとても良いはず。
あとはこの馬を支えてきた気持ちの強さがレースに行って発揮できるかどうか。
Pad4star

メイショウマンボ →馬体を見る
あまり良く見せないタイプではあるが、このメンバーに入ると馬体的には劣る。
トモのつくりが物足りなく、耳の動きも神経質になっており本調子にはないか。
Pad3star

ヴィルシーナ →馬体を見る
古馬になって馬体はさらに成長し、ヴィクトリアマイルを連勝したのも頷ける造り。
堂々とした立ち姿からは貫禄すら感じ、要するにレースでの気持ちの問題が大きい。
Pad4star

デニムアンドルビー →馬体を見る
ドバイ遠征後、ひと叩きされ、毛艶は良くなったが、トモの肉付きが物足りない。
ギュッと筋肉が凝縮された馬体ではあるが、あと少しボリューム&パワーアップがほしい。
Pad3star

ホッコーブレーヴ →馬体を見る
前走時も素晴らしい仕上がりだったが、今回も毛艶も筋肉のメリハリも申し分ない。
特に前駆の盛り上がりと力強さは特筆もので、阪神の馬場は合うはず。
Pad4star

マイネルラクリマ →馬体を見る
細かい筋肉まで鍛え上げられているが、その分、硬さが目立ち、柔らかみに欠ける。
胴部には長さがあるので、これぐらいの距離がベストだろう。
Pad3star

ヴェルデグリーン →馬体を見る
首が充実して長いのが特徴的で、体型的にはステイヤーだが、首部がやや重いか。
その分、後躯に力強さが欠けており、このメンバーに入ると推進力が物足りない。
Pad3star


Takaraduka2014wt

|

Comments

Post a comment