« 集中連載:血統について語るとき、私の語ること(第14回) | Main | 週刊「競馬ブック」にて、vol.4を紹介していただきました。 »

完璧な仕上がりで臨むマイネルラクリマ:5つ☆

★プロキオンS
ベストウォリアー →馬体を見る
筋肉量が多く、胴部が詰まっているので、距離適性はマイル以下か。
表情からは気性の難しさが伝わってくるので、スムーズなレースができるかどうか。
Pad3star

シルクフォーチュン →馬体を見る
8歳になっても、筋肉の強さは相変わらずで、量ではなく質の筋肉を誇る。
父ゴールドアリュールの産駒らしく、前駆が強いが、後躯には物足りなさも。
Pad3star

ノーザンリバー →馬体を見る
胴部には十分な長さがあるが、巻き上がって見えるように、後躯には課題あり。
首から前駆にかけての造りは素晴らしく、いかにもダート向きの馬体。
Pad3star

キョウワダッフィー →馬体を見る
リラックスした立ち姿ではあるが、やや背中が下がって見えるように力強さに欠ける。
毛艶は良く、表情からは素直さが伝わってくるので、安定して力を出し切れるはず。
Pad4star

ゴールスキー →馬体を見る
池江厩舎の馬らしく、7歳になっても瑞々しい筋肉が豊富について、非常に力強い。
とはいえ、全体のバランスを考えると、トモの肉付きに若干の物足りなさがある。
Pad3star

ダノンカモン →馬体を見る
この馬も8歳馬とは思えない若々しい馬体を誇るが、前駆が勝っている馬体。
耳をこちらに向けているように、集中できない面は若い頃から変わっていない。
Pad3star

★七夕賞
コスモバルバラ →馬体を見る
毛艶も良く、あばら骨も見えるように、仕上がり自体はほぼ満点に近い。
牝馬らしくやや線の細さがあり、力の要る馬場でどこまで力を発揮できるか。
Pad3star

マイネルラクリマ →馬体を見る
前後のバランスが良く、筋肉にもメリハリがあり、柔らかみも伝わってくる。
力強い中にもリラックスした立ち姿で、この馬としては完璧な仕上がりで臨む。
Pad5star

ダイワファルコン →馬体を見る
背垂れに映るのは父ジャングルポケットからの遺伝であり、特に問題はない。
むしろ7歳馬にして皮膚の薄さが伝わってくる馬体には、衰えを全く感じない。
Pad4star

ラブリーデイ →馬体を見る
あとひと絞りできそうな、余裕のある馬体だが、リフレッシュされた。
重厚な血統からくる重厚な馬体で、小回りの福島コースが合うかどうか。
Pad4star

ダコール →馬体を見る
かつてほどの力強いトモのつくりがなくなり、今では線の細ささえ感じさせる。
好調時には遠く及ばない馬体で、良くなるのはもう少し時間がかかるはず。
Pad3star

アドマイヤブルー →馬体を見る
ガレているのかと見まがうぐらい、馬体には細さが目立ち、力強さは感じない。
胴部には長さがあるので、スタミナ勝負になれば、この馬の台頭もあるか。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment