« 「うまレター」7月号にエッセイを書きました。 | Main | 集中連載:血統について語るとき、私の語ること(第13回) »

パワー勝負も望むところミヤジジャスパー:5つ☆

★CBC賞
ルナフォンターナ →馬体を見る
立ち姿に力みがなく、前後のバランスも良く、コンパクトにまとまっている。
迫力という点ではあと一歩だが、顔つきからは気性の良さが伝わってくる。
Pad4star

トーホウアマポーラ →馬体を見る
やや腹回りに余裕はあるが、毛艶は良く、特に前駆の盛り上がりが素晴らしい。
気性の激しそうな表情はスプリンターらしく、スムーズに走ることができれば。
Pad3star

マヤノリュウジン →馬体を見る
胴部と手足が長く、距離はマイルぐらいまで延びても問題なさそう。
筋肉のメリハリという点では、年齢的なものもあってか、物足りなさが残る。
Pad3star

ベルカント →馬体を見る
若駒らしく、他の古馬と比べると線の細さが目立つが、筋肉の質はフレッシュ。
顔つきから激しさが伝わってくるため、この馬も自分の型に持ち込めるかどうか。
Pad3star

スギノエンデバー →馬体を見る
コロンとした体型はいかにもスプリンターらしく、パワー勝負も望むところ。
年齢的に腹回りに余分な肉が付いている分、完璧な仕上がりとは言えない。
Pad3star

エピセアローム →馬体を見る
馬体だけを見ると、各パーツに伸びがあって、とても短距離馬とは思えない。
美しいシルエットは相変わらずだが、全盛期ほどのメリハリがないのも事実。
Pad4star

★ラジオNIKKEI賞
クラリティシチ― →馬体を見る
キングカメハメハ産駒らしく、筋肉量が豊富で、パワータイプの馬体を誇る。
もうひと絞りできれば、全体的なメリハリも増して、仕上がってくるはず。
Pad3star

ショウナンワダチ →馬体を見る
筋肉量は落ちていないが、立ち姿に力強さがなく、絶好調とまでは言えない。
全体的に黒っぽく見えるように、毛艶は素晴らしく、筋肉には柔らかみがある。
Pad3star

ピオネロ →馬体を見る
特に前駆には筋肉が詰まっていて、馬体全体から力強さが伝わってくる。
胴部は短く詰まっているので、スタミナが心配であり、気性の難しさも抱えている。
Pad3star

ミヤビジャスパー →馬体を見る
アドマイヤムーン産駒にしては胴部や手足が長く、母父の影響が出ているのだろう。
とはいえ、前後躯にはしっかり実が入っていて、パワー勝負も望むところ。
Pad5star

|

Comments

Post a comment