« オールカマーを当てるために知っておくべき2つのこと | Main | スプリンターズSを当てるために知っておくべき3つのこと »

現在絶好調のクランモンタナ:5つ☆

★神戸新聞杯
ワンアンドオンリー →馬体を見る
良くも悪くも春シーズンと変わらぬ立ち姿で、臨戦態勢は整っている。
馬から覇気が伝わってこないのは、休み明けのせいか、それとも反動か。
Pad4star

ハギノハイブリッド →馬体を見る
やや太めだが、休み明けでリフレッシュされ、筋肉に柔らかみが戻ってきている。
前駆が勝っていて、腰高に映るように、2400mの距離は体型的に少し長い。
Pad4star

ウインフルブルーム →馬体を見る
前後にバランス良く筋肉がついて、各パーツにもそれなりに長さがある。
本質はスピードタイプだが、自分の型に持ち込めれば、こなせない距離ではない。
Pad4star

サトノアラジン →馬体を見る
夏場を使ってきた割に、馬体はふっくらとして、フレッシュな感じは保っている。
前後に均等に実が入って、春当時よりもパワーアップしているが距離がどうか。
Pad4star

ト-センスターダム →馬体を見る
休み明けにしては筋肉に硬さが残っており、本調子にはひと叩き必要か。
表情からは気の強さが伺え、大崩はしないだろうが、本格化はまだ先。
Pad3star

サウンドオブアース →馬体を見る
他のメンバーに比べると、脚が短く、重心が低く、スパッと切れる馬体ではない。
ジワジワと脚を使う鈍足タイプだから、距離はこれぐらいがベストだろう。
Pad3star

★オールカマー
マイネルラクリマ →馬体を見る
使い込んできているが、毎回、良く見せるため、正直走りどころが分かりにくい。
今回も研ぎ澄まされた馬体を誇っており、疲れは微塵も感じさせない。
Pad4star

マイネルメダリスト →馬体を見る
コロンとした体型だが、ステイゴールド産駒らしく、距離に関わらず気持ちで走る。
もうひと絞りできそうな余裕のある仕上がりで、今回はどこまで走るか。
Pad3star

フェイムゲーム →馬体を見る
この馬はいかにも休み明けといった馬体で、腹回りにかなりの余裕を残している。
リフレッシュされたことは確かで、今回のレースを叩かれて、次以降が狙い目か。
Pad3star

サトノノブレス →馬体を見る
休み明けだった前走の方が迫力という点では上だが、絞れて安定して走れる馬体。
尾がやや短いのがバランス上気になるが、いかにも距離延びて良さそう。
Pad4star

クランモンタナ →馬体を見る
馬体全体の中で首のラインが細く、長いため、距離が延びて良さが出るタイプか。
毛艶は分かりにくいが、黒く見えるように、現在絶好調の出来にあるはず。
Pad5star

カレンブラックヒル →馬体を見る
腰高に映る馬体のアウトラインはそれほど変わらないが、リフレッシュされている。
筋肉に柔らかみがあり、ボリュームも増しているように、秋シーズンは復活あるかも。
Pad4star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment