« October 2014 | Main | December 2014 »

ひと叩きされて仕上がったエピファネイア:5つ☆

ジェンティルドンナ →馬体を見る
ひと叩きされて体調はアップしているはずだが、外見上はあまり伝わってこない。
毛艶もそうだが、筋肉のメリハリという点においても、昨年時には及ばない。
Pad3star

ジャスタウェイ →馬体を見る
馬体はふっくらとして、間隔を開けたことで海外遠征の疲れから回復してきている。
あとはもうひと絞りほしいところで、本番までにどこまで仕上げられるか。
Pad4star

ハープスター →馬体を見る
立ち姿の全体的なシルエットは力強いが、いかんせん毛艶の悪さは否めない。
内臓面で馬体が休眠状態に入っている可能性もあり、決して体調が良いとは言えない。
Pad3star

デニムアンドルビー →馬体を見る
昨年の2着馬であり、古馬になって成長し、馬体的にはさらに力強くなった。
腹回りにやや余裕を感じさせるように、この馬も本番までにもうひと絞りあれば。

ワンアンドオンリー →馬体を見る
全体的なシルエットは悪くはないが、日本ダービーを勝ったときの究極さはない。
その分、このメンバーに入ってしまうと、パンチ力不足を感じさせる。
Pad3star

エピファネイア →馬体を見る
古馬になってさらに胴部に長さが出ているように、距離が延びて良さが出るはず。
この時期にしては毛艶も良く、ひと叩きされて、体調自体もアップしている。
Pad5star

イスラボニータ →馬体を見る
毛艶は素晴らしく、馬体もふっくらとして、体調の良さが伝わってくる好馬体。
やや幼さを残している完成途上の馬体ではあるが、体型的に距離は十分にもつ。
Pad4star

ヒットザターゲット →馬体を見る
さすがに6歳馬らしく枯れて硬さが出てきているが、好調はキープしている。
馬体が父譲りの力強さだけではないのは、母系の影響があるのだろう。
Pad3star

タマモベストプレイ →馬体を見る
この時期にしては毛艶も良く、馬体はふっくらとして筋肉量が豊富で力強い。
特に前駆が勝っているようにパワータイプで、切れ味勝負になると分が悪いか。
Pad3star

スピルバーグ →馬体を見る
腹回りに余裕を感じさせるのはこの馬の特徴なのだろう、今回もそう。
毛艶や馬体のメリハリという点では前走の方が上だが、好調を維持している。
Pad4star

フェノーメノ →馬体を見る
前走は素晴らしい馬体ではあったが、結果的には立派すぎたのだろう。
ひと叩きされた今回は、良い意味で馬体が枯れて、走れる状態に仕上がった。
Pad45star

Japancup2014wt

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (2)

世界をどう見るのか

Jiromaru

ほとんどと言ってよいほど季節感のない私が、11月も末になると底冷えのする寒さになることを知っているのは、1995年のジャパンカップの日、朝から東京競馬場のスタンドに座り続けていたからです。大好きだったヒシアマゾンという牝馬を応援するために、いやジャパンカップを勝つ瞬間に何としても居合わせたいという熱い想いを秘めて、始発に乗り、開門と同時に門をくぐったのでした。

あの日は午前中からすでにたくさんの競馬ファンが詰めかけており、凄まじい熱狂ではあったのですが、寒風が吹きすさぶスタンドにいると、ジッとしていられないほどの寒さでした。それでも私は、まるで金縛りにあったかのように、その場から一歩たりとも動くことができませんでした。ヒシアマゾンが目の前で勝つのを見ることが、待ち遠しくて仕方がなかったのだと思います。

そんな私の想いを打ち砕くかのように、女傑ヒシアマゾンの前を1頭だけ走る馬がいました。最後の直線、追っても追っても差が縮まらない、むしろ少しずつ離されていくようでした。ゴール板を過ぎるまで、声を枯らして声援を送りましたが、結局、ヒシアマゾンは届かず、1馬身半差の2着に敗れてしまったのです。まさかヒシアマゾンが負けるとは思わず、私は茫然自失になりながらも、わずかに残っていた意識の助けを借りて馬柱を探し、勝った馬がランドという名前のドイツ馬であることを知ったのです。私が初めてドイツ馬を強烈に意識したのは、あの時でした。

それ以来、ドイツ馬について学んでいく過程で、ドイツにはヨーロッパ各国の中では異色ともいえる生産や血統に関する考え方があることを知りました。その中でも、牝系を重視し、牝馬が生まれると頭文字を母と揃えていく習慣があり、SラインやAラインといった多くの名馬を生み出した系統があることが分かってきました(ランドの牝系はLライン)。種牡馬が何よりも重要視される日本の競馬や生産の考え方とは一線を画するもので、同じものごとでも、表から見るのと裏から見るのとでは、これほどまでに見える世界が違うのかと驚かされたものです。

ドイツ馬産の極意については、「ROUNDERS」vol.2にてルドルフおやじさんが全て書いてくださったので、核心を物語る部分だけ引用させていただきたいと思います。

ドイツ馬産では、Aという牝馬の特徴を育てたいと思えば、それがAラインという血脈になるし、Bという牝馬の特徴を育てたいと思えば、それがBラインということになるのである。どうやら牝系の「質」を問うというのがドイツ馬産の極意らしい。ファミリーナンバーは、あくまで神が創りたもうた遺伝子に逆らうことなく牝馬を分類した結果であるが、ドイツのラインは人間の意思がもたらした結果なのである。そう、今からAという馬の特徴を尊重しながら少しずつ少しずつ牝系を改良していこうという意思である。

ドイツの馬産家はこの意思を決して曲げることはない。だからこそ、牝系のもつ特徴を守りながら慎重に育ててきた牝馬には、サンデーサイレンスのような強烈な遺伝力をもったチャンピオンクラスの種牡馬を付けたりはしない。Aラインの特徴がサンデーサイレンスの強い遺伝子によって傷つけられてしまうからである。そう、サンデーの遺伝子によってAがサンデーになってしまうことをドイツの馬産家は恐れるのである。

なぜ今回このような話を書いたかというと、私の心のどこかに、そろそろ外国馬に勝ってほしいという願望があるからだと思います。あらゆる意味において内弁慶のレースとなってしまったジャパンカップにおいて、ドイツの現役最強馬が勝利することで、少しは私たちの目が覚めるのではないか。(海外の競馬関係者から見ると)カチコチの馬場で32秒台の上がり勝負になる特殊なレースでは、重厚なドイツ血統のアイヴァンホウに勝ち目がほとんどないことなど百も承知ですが、それでもあのときランドが勝って私が世界に目を向けるきっかけとなったように、もう1度、彼我の違いを思い知るきっかけとして、外国馬に勝ってもらいたいという期待があるのです。かつてジャパンカップを外国馬が席巻していた時代に、「普段重いバットを振っている選手は軽いバットでも打てるんですよ」と井崎脩五郎さんが言った言葉を、私は今でも覚えています(ご本人は忘れていらっしゃると思いますが)。ドイツ馬アイヴァンホウがどんな走りを見せてくれるのか、日本の競馬の未来を占う一戦として見届けたいと思います。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (1)

東京芝2400m

Tokyo2400t

スタンド前からの発走で、スタート地点から第1コーナーまでの距離は349mと平均的な長さ。第1コーナーまでの距離が十分にあるため、無理な先行争いはあまりなく、1コーナーまでには大方の位置取りは決する。コース幅も広く、コーナーも複合カーブであり、直線も長いという全くごまかしの利かないタフなコース設定となっているため、力がなければ勝ち切ることはできない。

直線が長いという意識が各騎手に働くため、どの馬も道中無理をせず折り合いに専念する。そのため、スローペースになり、最後の直線での瞬発力勝負になりやすい。瞬発力に欠ける馬では苦しく、末脚に自信のある差し馬にとっては十分に能力が発揮される舞台である。

以上のことから、東京の2400mを勝つためには、「折り合いがつくこと」「瞬発力があること」「スタミナがあること」という3つの条件を満たしていることが望ましい。まさに、2400mがチャンピオンディスタンスと呼ばれるゆえんを体現しているコースと言えるだろう。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

ジャパンカップを当てるために知っておくべき3つのこと

Japancup

■1■日本馬のレベルアップ
ジャパンカップで最も大きな問題となってくるのが、外国馬と日本馬の比較である。近年は完全な日本馬の優勢であり、日本馬が1~3着だけでなく、掲示板を独占することがあっても驚かなくなってきた。ここ十数年で、生産、調教の技術が飛躍的に向上したことによって、日本の競走馬のレベルそのものは、海外のそれと比較しても同等かそれ以上のところまで上がってきている。

日本国内における一流馬であれば、海外に出ていっても十分通用することは、古くはジャックルマロワ賞のタイキシャトル、凱旋門賞のエルコンドルパサーから、インターナショナルSのゼンノロブロイ、アメリカンオークスのシーザリオ、メルボルンCのデルタブルース、そしてハーツクライ、ディープインパクト、そして最近でいうとナカヤマフェスタやオルフェーヴルまで多くのG1ホースらが示してくれた。もちろん自分の土俵(日本の競馬)で戦うのであれば、堂々と胸を貸すぐらいの気持ちで立ち向かうことができるはずだ。

外国馬に関する情報は極めて少なく、日本の馬場で一度も走ったことがない馬の実力を推し量ることは、はっきり言って非常に難しい。それでも、ひとつだけ大きなものさしを示すとすれば、「力をつけた日本馬に地の利がある以上、外国馬は余程の実力、実績を持った馬でないとジャパンカップで勝ち負けにはならない」ということになる。日本の軽い馬場が合いそうだとか、招待されたからなどというレベルの外国馬では勝負にならないところまで日本馬のレベルは上がってきている。

ちなみに、外国馬に関して述べると、海外遠征未経験馬は疑ってかかるべきである。今回のジャパンカップ挑戦が初めての遠征になるような馬では、よほど能力が抜けていないと極東の地での激しい戦いを勝つことは出来ない。ヨーロッパの馬でヨーロッパの外に遠征した経験がない馬も同じである。

■2■凱旋門賞、ブリーダーズC馬は消し
ジャパンカップの前にはヨーロッパで凱旋門賞、アメリカでブリーダーズカップとG1レースの中のG1レースが行われている。海外の馬は当然そちらを目標に出走するため、ジャパンカップにはピークを過ぎた状態で出走してくることが多い。

特に、凱旋門賞、ブリーダーズCを勝った馬は、ほぼ間違いなく調子落ちでの出走となるはず。ピークの仕上げで臨まなければ、凱旋門賞やブリーダーズCといった大レースは勝てないため、勝った勢いでジャパンカップに挑戦してきても、結局、状態は下降線を辿ることになるのだ。ブリーダーズカップを勝ったコタシャーン、凱旋門賞を勝ったエリシオ、モンジュー、デインドリーム、ソレミアなどがあっさりと敗れてしまったのは、明らかにピークを過ぎた状態で出走してきたからである。また、凱旋門賞を勝つ馬は、深い芝で走れるだけのパワーとスタミナが勝っている馬である(今年の凱旋門賞は別)。軽い芝でスピードと瞬発力を要求される日本の競馬には合わないことが多いだろう。また、ブリーダーズCを勝った馬はローテーション的に厳しい。死力を尽くして大レースを勝った後に、遠征を含めて、もうひとつG1レースで勝つことは難しい。

逆に言うと、凱旋門賞、ブリーダーズCで負けてしまった馬の巻き返しは期待できるということだ。

■3■迎え撃つのは4、5歳馬
過去10年の勝ち馬は、4歳馬が5勝、続いて5歳馬が3勝、3歳馬は2勝、6歳以上の馬は0勝となっている。ジャパンカップのレベルが上がったことにより、肉体的に最も充実する4、5歳馬が圧倒的に有利なレースとなった。百戦錬磨の外国馬を迎え撃つのは日本の4歳馬という図式が成り立つだろう。

また、ジャパンカップを勝ち切るためには高い壁があって、日本馬、外国馬に関わらず、連対率が50%を切るような馬では厳しい。高い競走能力と、どのような状況や環境にも対応できる資質の持ち主であることが問われるのだ。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

そろそろ負けを認めたほうがいい。


マイルCS2014-観戦記-
内枠を利してホウライアキコが先頭に立ち、外からミッキーアイルが追いかける形でレースは進んだ。ほとんどの馬が掛かり気味で追走し、馬群が固まって流れていたため、それほど速くは映らなかったが、前半マイルが45秒3、後半マイルが46秒2と、昨年とは打って変わってほぼハイペース。外回りコースの長い直線を含め、差し脚のあるマイラーにとっては、うってつけのレースとなった。

勝ったダノンシャークは差しに徹した作戦が吉と出た。スタートが良く、スピードがある馬だけに、どうしても気分良く走りすぎて、ゴール前で力尽きるというレースが続いていたが、今回はジョッキーも変わったことで、一か八か、道中は抑え込んで脚をためたことで、最後まで伸び切ることができた。馬体が小さく、パンチ力不足に悩まされてきたが、直線が平坦なコースそしてジョッキーの腕といったあらゆる要素が見事に絡み合った。これまで不思議と大舞台でアクシデントに巻き込まれ、大きく不利を受けてきただけに、今度こそようやく悲願のG1タイトルを手に入れた。

たしかにダノンシャークが勝ったのだが、それ以上に、岩田康誠騎手が勝たせたという印象が強い。ただ単に差しに回ったから勝てたのではなく、スタートしてから常に1頭分でも内を狙う姿勢を見せていたし、最終コーナーにかけて他馬が上がって行ったときも、岩田康誠騎手だけはまだ動くなという合図を送っていた。他馬をやり過ごしたあと、ひと呼吸置いて仕掛け、直線では内を突くことも狙っていたはず。そうしないと勝てないことを知っていたからであり、そしてその通りに乗って勝たせてしまったのだから凄い。岩田康誠騎手がハナ差の勝負に強いのは、騎手としての技術と経験の絶対値が違うからである。彼のことを、不格好だとか、馬の背中を傷めるとか、危険だとか、手綱が緩んでいるとか批判する人は、そろそろ己の負けを認めたほうがいい。

フィエロは好スタートからスムーズに流れに乗って、ゴールまでしっかりと伸び切った。差して届かないレースが多かったが、今回は横綱相撲をして勝ちに行った結果の2着と、決して悲観する内容ではない。馬体は大きくとも、この馬も全身に力が付き切っていない現状があり、もっと馬体がパンとしてくれば、パンチ力が増し、大きなレースでも勝ち切れるようになるだろう。福永祐一騎手はソツなく乗ったが、最後の最後はジョッキーの技量の差が出てしまった。相手にあって自分にないものは何か、そこを埋めるのは難しいが、今回の敗北を機に謙虚に見つめてみてほしい。ヒントはゴール板前の写真にある。

グランデッツァは力のあるところを見せ付けた。ディープインパクト産駒2頭の切れ味に屈してしまったが、それでも速いペースを追走し、最後まで粘り強く走り通した。ワールドエースやロゴタイプといった強い現5歳世代の馬たちが復調に苦しむ中、ほぼ完全復活の兆しを見せてくれた。昨年の覇者であるトーセンラーにとって、レースの流れは向いたが、末脚に昨年のような破壊力はなかった。力にやや陰りが見えてきている。1番人気に推された3歳馬ミッキーアイルは、これまでペースに恵まれてきたが、G1の今回はさすがに楽には走らせてもらえず惨敗。まだ幼いところを残しており、走る資質は極めて高いものがあるだけに、馬体が成長すれば来年以降が楽しみである。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (1)

筋肉のメリハリがアップしたグランプリボス:5つ☆

トーセンラー →馬体を見る
いつも良く見せる馬だが、今回は筋肉のメリハリに乏しく、毛艶も冴えない。
年齢的なものもあるのだろうが、全体のシルエットに力感がなく今ひとつ。
Pad3star

フィエロ →馬体を見る
黒光りする毛艶は体調の良さを物語っているが、全体的に線の細さが残っている。
顔つきを見ると、実に利発で素直そうであり、コンスタントに力を発揮できるはず。
Pad4star

サダムパテック →馬体を見る
年齢的なものか、冬毛が出てきて毛艶が冴えず、かつての勢いはない。
ただ、マイラーとしての姿かたちは保持しており、この馬の力は発揮できそう。
Pad3star

ミッキーアイル →馬体を見る
随所に幼さというか若さが見られる馬体で、これで走るのだから素質は高い。
父よりも母父ロックオブジブラルタルの力強さが前面に出ており、筋肉の塊。
Pad4star

グランプリボス →馬体を見る
冬場に強いタイプで、この時期にしては毛艶が素晴らしく、筋肉も柔らかい。
前走をひと叩きされて、筋肉のメリハリがアップし、文句なしの仕上がり。
Pad5star

ダイワマッジョーレ →馬体を見る
胴部がやや短く、コロンとした馬体で、マイルよりも下の距離がベストだろう。
前後のバランスは良く、表情からも気迫が伝わってきて、悪くはない状態で臨める。
Pad3star

サンライズメジャー →馬体を見る
同じダイワメジャー産駒でもダイワマッジョーレとは違い、マイル以上がベスト。
手脚が長く、スタミナのあるシルエットだが、ややトモの実の入りが物足りない。
Pad3star

ワールドエース →馬体を見る
血統的には長距離が向きそうだが、コロンとした馬体を見る限りはマイラーか。
前後に実がしっかりと入っており、見た目からはこの馬の力を出せる状態にある。
Pad4star

タガノグランパ →馬体を見る
胴部には十分な長さがあるが、手脚が短く重心が低いといったアンバランスさ。
それゆえに距離適性を計りかねるが、中間を取ってマイルはベストかも。
Pad3star

ロゴタイプ →馬体を見る
最も良かった皐月賞の頃の馬体には戻っていないが、ほぼ復調の兆しがある。
毛艶も良く、筋肉に柔らかみがあって、あとはメリハリがもう少し出てくれば。
Pad3star

クラレント →馬体を見る
夏場から使い込まれてきているが、毛艶も良く、意外にも調子落ちは感じない。
筋肉がやや硬いのはこの馬の特徴として、そろそろG1に手が届くところまできた。
Pad3star

ダノンシャーク →馬体を見る
課題であった馬体のパワーアップがついぞ成しえぬまま、6歳を迎えてしまった。
立ち写真を見る限りにおいても、どうしても線の細さがありパワー不足は否めない。
Pad2star


Milecs2014wt

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

未来に語り継ぎたい名馬たち

Jiromaru

Mirainikataritugitaimeiba_2

雑誌「優駿」の「未来に語り継ぎたい名馬」企画に投票しました。最初は思いつく限りの名馬を書き出して、そこから10頭をピックアップしてから順位づけをしていこうと考えていましたが、あまりにも語り継ぎたい名馬が多すぎて、すぐに無理だと気づきました。そこでひとまず頭を真っ白にし、思い浮かんだ順番に10頭を列挙していくことに。書き直しなしの一発勝負でしたが、書き終わったあとに見てみると、なかなかの出来栄えではないでしょうか。もちろん、今にも馬名が口から出てしまいそうなのに、ここには書けなかった名馬もたくさんいますけど。

ざっと眺めてもらうと、1頭だけ不思議な馬がいることに気づかれると思います。そう、ホゲットミーノットという名前の馬です。この名前を聞いてピンと来た人は、かなり昔から競馬を楽しまれている方でしょう。英語にすると、forget-me-not。忘れな草のことです。フォゲットミーノットとしたかったけれど、9文字という馬名制限のため、ちょっと寸詰まりの、それでいて可愛らしい響きの名前になったのだと思います。かつてもこの馬のことについては書いたことがありますが、なにせ私の中では7位に入っている名馬ですので、再び語り継がせていただきます。

ホゲットミーノットとの出会いは1990年。競馬を始めたばかりの私は、目の前で行われているレースの全てが新鮮で、朝10時前には後楽園ウインズに到着し、1レースからしっかりと競馬を楽しんでいました。そんな中、とあるレースで、全く予想だにしていなかった馬が、想像を絶する後方の位置取りから突っ込んできたのです。枠連しかなかった当時としては珍しい万馬券でした。

大穴を開けた馬の成績欄を新聞で確認すると、前走は11着、前々走は8着、その前は11着とありました。しかも、いずれも勝ち馬から10馬身以上離された大敗。専門家の誰一人として印を打っている者はいません。どこをどう見ても、この馬が好走する理由などなかったのです。私は途方に暮れて、その馬の名前をふと眺めてみました。「ホゲットミーノット(私を忘れないで)」。その瞬間、私は彼女のファンになったのでした。

それ以来、1ヶ月に2度のペースで出走を繰り返す彼女に私は賭け続けました。しかし、追い込んで届かずというよりは、後方そのままといったまるで見せ場のないレースばかり。いくら好きになった馬とはいえ、そんなレースを見せ続けられると、人間というもの少しずつ気持ちが薄らいでいきます。そうしたある日、ふとした都合で彼女のレースを見逃してしまいました。後日、ホゲットミーノットが10番人気で大穴を開けたということを聞いた時、私は自分の想いの弱さにがっかりしました。ちょうど私が忘れてしまった頃、忘れないでという名の彼女はやって来たのでした。

私の大好きな写真家であり、アラスカを旅する冒険家でもあった星野道夫さんの書いた「ワスレナグサ」というエッセイがあります。このエッセイを読んだのは、ホゲットミーノットと出会う前だったか後だったか忘れてしまいましたが、今となっては私の中では同時に連想されるほど密接につながっています。私の拙文の後に引用するには気が引けるほどの名文ですが、それでもホゲットミーノットと「ワスレナグサ」の想いを共有したいので、ぜひお読みください。

ワスレナグサは、英語でforget-me-not、このいじらしいほど可憐な花が、荒々しい自然を内包するアラスカの州花であることが嬉しかった。

「アラスカ州の花って知ってる?」

と幾分自慢げに、これまで何人の人に話してきただろう。一瞬の夏、その限られた持ち時間の中で一生懸命開花しようとする極北の花々は、ワスレナグサに限らず、どれだって美しいのだが…。

もう何年か前、北極海沿岸で過ごしたベースキャンプの近くでもワスレナグサは咲いていた。こんな地の果てで、誰に見られることもなく、淡いブルーの花びらをひっそりと開かせていた。

その時ぼくは、ある自然番組を作りに来たテレビ局のスタッフと一緒だった。が、さまざまな悪条件が重なり、撮影はうまくはかどらず、時間だけがどんどんと過ぎていった。番組を撮ってかえらなければならないという焦る気持ちは、わかり過ぎるぐらいわかっていたが、誰もがそのことで頭がいっぱいで、自然を本当に見てはいないような気がした。ギクシャクとした雰囲気の中で、ある時少し心配になり、ディレクターと2人だけで話すことにした。

これだけ一生懸命やったんだし、相手は自然なんだから、それはしょうがないんじゃないかと。たとえば、あと十年とか二十年たった時にふりかえってみて、その番組が少しうまく撮れたとか、撮れなかったなんて、きっとそれほど大した問題ではないと…それよりも1日のうち15分でも30分でもいいから、仕事のことをすべて忘れて、今ここに自分がいて、花が咲いていたり、風が吹いていたり、遥かな北極海のほとりでキャンプしていることをしっかり見ておかないと、こんな場所にはなかなか来れないんだし、すごくもったいない気がすると…風に揺れるワスレナグサもそんなことを語りかけているような気がした。私たちが生きることができるのは、過去でもなく未来でもなく、ただ今しかないのだと。

(中略)

結果が、最初の思惑通りにならなくても、そこで過ごした時間は確実に存在する。そして最後に意味をもつのは、結果ではなく、過ごしてしまった、かけがえのないその時間である。

頬を撫でる極北の風の感触、夏のツンドラの甘い匂い、白夜の淡い光、見過ごしそうな小さなワスレナグサのたたずまい…ふと立ち止まり、少し気持ちを込めて、五感の記憶の中にそんな風景を残してゆきたい。何も生み出すことのない、ただ流れてゆく時を、大切にしたい。あわただしい、人間の日々の営みと並行して、もうひとつの時間が流れていることを、いつも心のどこかで感じていたい。そんなことを、いつの日か、自分の子どもに伝えてゆけるだろうか。

(「旅をする木」より)

ホゲットミーノットは競馬の難しさ、そしてサラブレッドの不思議さを私に教えてくれました。来そうだと思えば全く見せ場なく惨敗し、どう考えても来ないと思えば後方から突っ込んで来る。芝・ダート、長距離・短距離問わず、好走し、凡走しました。馬券的な相性は全くと言ってよいほど良くなかったのですが、私は彼女を追っかけたことで、競馬の世界には私たちの手の及ばない神の力のようなものが働いていることを知りました。私たちが頭で考えるよりも、競馬はもっと複雑で豊かなのだと。それは諦めではなく、未知の世界に対する希望のようなものでした。

競馬を始めたばかりの当時の私は、条件戦とG1レースの間にある大きな溝を知りませんでしたから、ホゲットミーノットがG1レースの舞台で後方から一気に追い込んでくるシーンを想像したりしていましたが、ホゲットミーノットは結局、大きなレースを勝つことはありませんでしたし、G1レースに出走することもできませんでした。それでも、私は彼女のことを忘れまいと、しっかりと彼女の走りを見ました。重賞レースばかりが競馬ではありませんし、レースを勝つことだけが大切なわけではありません。そこに馬がいて、たくさんの人々のサポートや応援を受けて走ること。そうしたひとつひとつが競馬であり、本当は1頭1頭が名馬なのです。さあ、今年のマイルCSも、名馬たちの走りを楽しみましょう。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (2)

京都芝1600m

Kyoto1600t1

向こう正面の直線を2コーナー側に延長したポケットからのスタート。第1コーナーとなる3コーナーまでの距離は711mと長く、逃げ馬が気分よく行ってしまうとオーバーペースになりやすい。しかし、3コーナー過ぎてからは下り坂となるため、多少のハイペースで行ったとしても、前もなかなか止まらない。結果として、平均ペースのレースになりがちで、実力どおりの決着となることが多い。力さえあれば、展開にはあまり左右されることのないコースといえる。

京都の1600mコースには内回りと外回りがあり、G1であるマイルチャンピオンシップは外回りを使って行われる。外回りコースは、4コーナーで内回りコースと合流するため、内にポッカリとスペースが開きやすい。そのため、直線で前が詰まる心配がほとんどなく、差し馬にとっては安心して乗れるコースである。

第1コーナーまでの距離が長いため、枠順による有利・不利はほとんどない。あるとすれば、最初の直線において、ポケットの直線から本線に入る際、わずかに内の馬が窮屈になることぐらいか。とはいえ、1番枠でない限り、ほとんど気にする必要はないだろう。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

マイルCSを当てるために知っておくべき3つのこと

Milecs

■1■マイルの連対率は重要な目安
マイルのチャンピオン決定戦である以上、1600mのレースにおける連対率が50%を割っているような馬はチャンピオンとして相応しくない。1600m戦での連対率は、その馬のマイル戦に対する適性を顕著に表すからだ。

大荒れとなった平成7年は、出走馬18頭中、1600mのレースにおける連対率が50%を超えている馬がわずか2頭しかいないというレベルの低いレースであった。その2頭が、安田記念も勝ったトロットサンダーと、なんと大穴のメイショウテゾロである。このことからも、マイルチャンピオンシップにおいて、マイルの連対率がどれだけ重要なデータとなるかが分かる。マイルの連対率が50%を切っている馬は軽視すべきである。

■2■勝つためにはスタミナが必要
京都1600m外回りコースで行われるため、スピードだけでは押し切れないレースである。前4走ともに1600m未満の距離を使っていたスプリンタータイプの馬では、最後の直線でスタミナ切れすることになる。スプリンタータイプの馬では勝ち切ることは難しい。勝つためには、中距離を走り切れるだけのスタミナが必要とされる。1600m以上の中距離レースでの実績は必要。 

■3■サンデーサイレンスの血を引く馬?
過去10年のレースラップ(下参照)を見ても、昔は前半から飛ばす馬がいてハイペースになることが多かったが、ここ最近は、さすがにスローにはならなくても、全体的にフラットな落ち着いた流れになる傾向が強い。1分32秒台後半から33秒前半という全体時計は変わらないということは、前半が厳しい流れになる昔のレースの方がレベルは高かったということになる。

そのため、ズブズブのスタミナ勝負になることは少なく、スッと先行して4コーナーを持ったまま先頭で押し切れるぐらいスピードに富んだ馬、もしくは瞬発力勝負に長けた馬にとっては競馬がしやすいレースになる。デュランダル、ハットトリック、ダイワメジャーと、サンデーサイレンス産駒が5年連続でこのレースを勝ったのも、そういう特性(軽さと瞬発力)こそが問われるからである。もし血統的に狙いを絞るとすれば、ありきたりではあるが、サンデーサイレンスの血を引く馬ということになる。

12.1-11.2-11.6-11.7-11.8-11.7-11.5-11.4(46.6-46.4)M
1:33.0 デュランダル
12.2-10.6-11.4-11.5-11.4-11.5-11.3-12.2(45.7-46.4)M
1:32.1 ハットトリック
12.3-10.6-11.1-12.0-11.5-11.6-11.2-12.4(46.0-46.7)M
1:32.7 ダイワメジャー
12.6-10.6-11.2-12.0-11.6-11.5-11.3-11.9(46.4-46.3)M
1:32.7 ダイワメジャー
12.5-10.6-11.3-11.9-11.6-11.4-11.6-11.7(46.3-46.3)M
1.32.6 ブルーメンブラッド
12.1-10.9-11.8-12.4-11.5-11.4-11.2-11.9(47.2-46.0)S
1.33.2 カンパニー
12.1-10.7-10.9-11.6-11.4-11.1-11.9-12.1(45.3-46.5)H
1.31.8 エーシンフォワード
12.4-10.8-11.2-12.3-11.9-11.8-11.6-11.9(46.7-47.2)M
1.33.9 エイシンアポロン
12.5-11.1-11.4-11.9-11.3-11.3-11.5-11.9(46.9-46.0)M
1.32.9 サダムパテック
12.5-11.1-11.5-11.7-11.5-11.2-11.4-11.5(46.8-45.6)S
1.32.4 トーセンラー

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

黄金配合のひとつとして


エリザベス女王杯2014-観戦記-
先手を奪いたいヴィルシーナを制してサンシャインが逃げ、前半の1000mが60秒3、後半が59秒2というスローペースで道中は流れた。特にラスト3ハロンは全て11秒台であり、究極の瞬発力勝負となった。できるだけ先行しつつ、馬群の内で脚を溜められた馬たちにとって有利なレース、逆に後ろから行った馬や馬群の外々を回された馬たちにとっては苦しいレースであった。1~4着までは内ラチ沿いを進んだ馬たちであり、枠順が大きく着順を左右したともいえる。

勝ったラキシスは終始、先団の内々を走り、ディープインパクト産駒らしい、極限の鋭い脚を使い、ゴール前でヌ―ヴォレコルトを競り落とした。休み明けを叩かれて体調は上向き、それに加えて長距離輸送がないことで、馬体は鍛えられながらもふっくらと維持されていた。ディープインパクト×母父ストームキャットという血統構成の一流馬が目立つのは、ただ単純にストームキャットがついている母系は一流であるからということに加え、ディープインパクトのアメリカ血統との相性の良さがある。なぜ相性が良いかというと、ヨーロッパの母系だと重厚になりすぎるからであり、もうひとつは馬体が大きく出やすいからである。種牡馬としてのディープインパクトの弱点である体の小ささを補って、450kg以上で走る産駒を出してくれるのである。現にラキシスは輸送を含めて450kgを切らんとしているときには、持ち前のパワーを生かせていない。

3歳馬のヌ―ヴォレコルトは、秋華賞とは違って、スタートからゴールまで完璧なレース運びであったが、あと一歩前に出ることができなかった。それを古馬の壁と言うこともできるし、ハーツクライとディープインパクト産駒の一瞬の切れ味の違いと解釈することもできる。が、それ以上に、オークスを勝ったことによる疲労が、府中の2400mを走り切ったことによる反動が、少なからずあると私は考える。ヌ―ヴォレコルトは堅実に走る馬だけに疲れが目に見えにくいが、最後のひと踏ん張りが利かないのはそこに理由がある。今年は無理をせず、ゆっくりと休ませて、成長を促せば、来年はハープスターと互角に渡り合える馬になるだろう。

ディアデラマドレはもっとも惜しい競馬、そして強い競馬をしたと言っても過言ではない。外枠からの発走であり、脚質的にも後方の外を回らされる形となってしまった。最後の長い直線を生かして、鋭い末脚で追い込んできたが、道中のポジションが響いて3着に敗れた。内ラチ沿いを走ることができていれば、勝ち負けまであったはず。藤岡康太騎手にとっては非常に悔しく、もどかしい3着であったに違いない。同厩舎のキャトルフィーユは5着と、角居厩舎の管理馬が3頭出しで1、3、5着と上位を占めた。今年はリーディングトレーナー(最多勝利調教師)には手が届きそうにないが、それでも大レースでの勝負強さは群を抜いている。

秋華賞馬であるショウナンパンドラは、前走ほどの行きっぷりがなく、ポジション取りに苦労していた。秋華賞で激走した目に見えない疲れがあったのかもしれない。馬体は増えてパワーアップしていたように、夏を越しての成長が著しい。来年が楽しみな1頭である。昨年の覇者メイショウマンボは積極的に好位を取りに行ったが、全く伸びることなく惨敗を喫してしまった。昨年、オークスを勝ち、秋のG1レースを2勝した疲れが尾を引いているのだろう。馬体は回復しても、気持ちが戻ってこなければ、牝馬は特に走らない。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

今回のほうが力強いショウナンパンドラ:5つ☆

ラキシス →馬体を見る
昨年に比べても前駆に特に力強さが出て、トモの実の入りもなかなかのもの。
顔つきから気性の激しさがうかがえるので、スムーズに流れに乗り、闘争心を発揮できるか。
Pad4star

キャトルフィーユ →馬体を見る
同厩舎のラキシスに比べると、手脚が短く重心が低く、地脚の強さで勝負するタイプ。
晩成の血統らしく、馬体にも衰えは全くなく、むしろ少しずつ成長してきている。
Pad4star

ディアデラマドレ →馬体を見る
前駆の力強さと完成度はピカイチで、毛艶も素晴らしく、最高に仕上がった。
あえて言えば、後躯に物足りなさを感じさせ、良い脚が長く続かないかも。
Pad4star

スマートレイヤー →馬体を見る
芦毛で膨張して見えるため、どうしても筋肉にメリハリが乏しく映るのは仕方ない。
表情も素直そうで、リラックスして立てているように、堅実にこの馬の脚は使えそう。
Pad3star

ヴィルシーナ →馬体を見る
毛艶から、首の長さや細さ、そして肩周りに至るまで、前駆部分の造りは素晴らしい。
それに比べて、後躯には物足りなさが残っており、好調時よりも力強さに欠ける。
Pad3star

アロマティコ →馬体を見る
いかにもキングカメハメハ産駒らしく、胸前からキ甲にかけて盛り上がり、力強い。
顔つきからは非常に大人しそうな気性であり、そこが堅実に駆けるこの馬の強みか。
Pad3star

ホエールキャプチャ →馬体を見る
3歳時からほとんど変わらない馬体を維持しているが、全体的なバランスは良くなった。
全盛期ほどのバネを感じさせないが、トータルとしては成長しており、力は発揮できる。
Pad3star

メイショウマンボ →馬体を見る
パッと目につくのは、利発そうな表情で、馬に走る気持ちが戻ってきているのが分かる。
ややトモに物足りなさはあるが、昨年に比べて、馬体全体がしっかりとしてパワーアップ。
Pad4star

レッドリヴェール →馬体を見る
血統的にはステイヤーであり、ここに来て、胴部が少し長さを帯びてきている。
毛艶も良く、体調自体は悪くないので、あとは激しい気性でスタミナを消耗しないように。
Pad3star

ショウナンパンドラ →馬体を見る
勝った前走は平凡な馬体に映ったが、疲れを見せるどころか、今回の方が力強い。
母系のパワーが出てきているようで、古馬との対戦も苦にしないだろう。
Pad5star

ヌ―ヴォレコルト →馬体を見る
ハーツクライ産駒にしては手脚がやや短く、距離延長がプラスに働く馬体ではない。
表情からも気性の素直さが伝わってくるように、乗りやすく、安定して走るはず。
Pad3star

| | Comments (0)

美しく儚い動物を守っていきたい

Jiromaru

エリザベス女王杯にはたくさんの思い出がありますが、ふとした瞬間に記憶が蘇り、私の心を鷲掴みにし、そのこと以外は考えられなくなってしまうレースがあります。1992年のエリザベス女王杯です。もう今となっては風化してしまい、知る人ぞ知る出来事となり、ピンと来た方の方が少ないと思います。日本の競馬における暗黒の歴史であるため、マスコミはあえて触れることはありませんし、忘れたい人も多いのかもしれません。私も蒸し返すつもりは毛頭ありませんが、トラウマのようなもので、どうしてもあのレースのことが鮮明に蘇ってくる時期があるのです。

この年のエリザベス女王杯は、レース前から異常な盛り上がりを見せていました。本番でも人気を集めそうなサンエイサンキューに騎乗する田原成貴騎手が、最終追い切りに跨ったのち、報道陣に対し、調子が下降線を辿っていることを告げたことから始まります。

「ふだんは抑えきれないほど引っ掛かって行く馬が、今日は全く掛かって行かない。ショックだねぇ。元気がないよ。状態は一番悪いんじゃないかな。こんなんで勝てるほどG1は甘くないよ」

今の日本の騎手からは想像もできないようなコメントですが、良くも悪くも田原成貴騎手はそういう歯に衣を着せない発言をするジョッキーでした。本人としては、期待していたサンエイサンキューの体調があまりにも悪く感じ、そのことをストレートにマスコミの前で話してしまったに過ぎなかったのですが、マスコミは当然のことながらこれを大きく報道しました。それを聞いた調教師や調教助手、厩務員は揃って異を唱えました。

「きょうは予定通り軽めの調整に抑えた。使い込んでいるから速い時計はいらないよ。走りっぷりを見ても疲れはまったく感じられない。カイバ食いが落ちないから順調に調整を行うことができる。今回もいい状態で出走させることが出来そうだ」

さらにサンエイサンキューの馬主も加わって内輪もめとなり、またもやマスコミがそれを報じたため、大きな波紋を呼びました。サンエイサンキューが力を出し切れる状態にあるのかどうか、私たち競馬ファンにとっても知りたくて仕方がないことでした。これが単なる好調不調の問題ではなかったのは、サンエイサンキューのローテーションゆえ。サンエイサンキューはオークスを2着したのち、休養をはさむことなく、札幌記念を勝利し、函館記念(8着)を走り、トライアルであったサファイアS(1着)、そしてローズS(2着)を走って、本番のエリザベス女王杯に臨むことになったのでした。

どう見ても、オークス2着馬のローテーションではありません。たとえ使い減りしないタフなタイプであったとしても、G1レースのような消耗の激しい戦い(特に3歳牝馬にとって、府中の2400mはこたえる)を繰り広げ、さらに古馬を相手に激走したら、心身ともにクタクタになってしまいます。それは馬が生き物であるから。このローテーションを見て、酷使だと思わない競馬関係者はひとりもいないはずです。田原成貴騎手は早くから訴えを起こしていて、ローズSを使うと決まったときには「使わない方が…」と終始言い続けました。そういう経緯があってからのエリザベス女王杯前の先のコメントだったということです。その後、「2着以上なら坊主頭になる」という田原成貴騎手の発言がマスコミによって誇張されて報じられ、事態は収拾のつかないまま、騎手交代もないまま、レース本番へと突入したのでした。

結果としては、サンエイサンキューは直線で伸びを欠いて5着に敗れました。相手関係もありますので、サンエイサンキューが負けたから、やはり田原成貴騎手が正しかったということではありませんが、たしかに札幌記念で古馬を圧倒したときの状態になかったことは明らかでした。

今ならば分かるのですが、この問題の本質は、言葉を話すことができないサンエイサンキューの心の声を聞き、理解者であるべき人間たちがサンエイサンキューのことを考え、言葉の粋を尽くして話し合うべきだったにもかかわらず、マスコミが対立を煽ったことで肝心のサンエイサンキューが不在であったということです。そのことがサンエイサンキューの有馬記念出走につながり、悲劇として幕を閉じてしまうことになったのでした。

サンエイサンキューも田原成貴騎手も私たちの前から姿を消しましたが、この事件を祭り上げたマスコミとその関係者たちは、何もなかったかのように、今でも大手を振ってトレセンを闊歩しているのが現実です。あれから20年以上が経っても、日本のマスメディアや競馬ジャーナリズムは相変わらずですね。それでも、「この美しく儚い動物を守っていきたい」と著書に書いた角居勝彦調教師が、リーディングトレーナーのひとりとして、ラキシス、キャトルフィーユ、ディアデラマドレの3頭を出走させているように、時代は少しずつ良い方に変わってきていると私は信じています。

関連エントリ
ガラスの競馬場:「勝利の競馬、仕事の極意」

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

京都芝2200m(外回り)

Kyoto2200t1

スタンド前からの発走となり、最初のコーナーまでの距離は397mと短くも長くもない。1コーナーまでには各馬の位置取りがスムーズに決まることが多く、コーナーを2つ回って、向こう正面にかけて比較的穏やかにレースが進む。かと思えば、前半から飛ばす馬がいて意外に前半のペースが速くなったりするため、折り合いの難しい馬や器用に立ち回ることの出来ない馬にとっては、勝ち切ることが難しいコースである。

道中がスローの団子状態で流れた場合、外々を回されてしまうと、かなりの距離ロスになってしまう。外を回されやすい外枠よりも、経済コースを進むことができる内枠を引いた馬の方が有利になる。

外回りコースでは、4コーナーの出口で内回りコースと合流するため内柵がなくなり、内にポッカリとスペースができる。そのため、内埒沿いを走っていても前が詰まることが少なく、脚さえ残っていれば確実に馬群を割ることができる。よって、脚を余して負けるということが極めて少ない、実力が正直に反映されるコース設定となっている。

| | Comments (0)

盛岡競馬場に行ってきた(後編)

Jcb011

ドリームバレンチノの勝利に気を良くした私は、食べられなかった昼食を求めて、場内を歩き回ってみた。盛岡の三大麺というものがあることを知り、チャグチャグ馬コを見て、焼いたホタテをつまんだ。そうしていると、岩田康誠騎手のインタビューが聞こえてきた。相変わらず単調で抑揚のない、良く言えば朴訥で、悪く言えば空気の読めない受け答え。岩田騎手はもっと自分をさらけ出していい。こうあるべきという騎手像に自らを収めようとしなくていいし、周りも枠をはめないであげてほしい。こんなことを考えていると、無性に武豊騎手だったら何と言うのだろう、武豊騎手の勝利ジョッキーインタビューを聞いてみたいと思うようになった。

Jcb09

Jcb06

だからなのか、JBCクラシックのパドックではワンダーアキュートがバカに良く見えた。帝王賞以来の休み明けにもかかわらず、馬体は黒光りしていて、手脚がスラリと伸びている。この馬を直にパドックで観るのは、およそ2年ぶりになるが、全く衰えを感じさせない、老いてますます盛んという感触を得た。4歳馬のクリソライトはやや入れ込んでいたし、コパノリチャードもこれと言って訴えてくるものはなかった。4歳馬を買うつもりでやってきたが、急きょ8歳馬を買うことに決めた。外を回される心配のない内枠も良いと考えた。

私が思っていた以上にコパノリチャードは力をつけており、スタートから第1コーナーに向かうまでの直線ですでに耳を立ててリラックスして走れていたし、ゴール前ではさらに伸びて他馬を突き放してみせた。休み明けでびっしり仕上がっていたわけではなく、これだけのレースができるのだから、チャンピオンズカップや年末の東京大賞典に向けて楽しみが広がった。クリソライトは、負けはしたものの、前走のレコードによる反動を少し引きずっていたようにも思えるので、今後もコパノリチャードを脅かすライバルになるはずである。ワンダーアキューとは自身の力を出し切っている。私の期待が上回ってしまっただけの話だ。

競馬場からのバスに乗り、盛岡駅へ向かう中で、私は競馬に対する物足りなさを感じた。誤解しないでもらいたいのは、競馬が物足りないのではなく、私にとって競馬が物足りなくなってきているということだ。少し前から感じていたものであり、もしかすると、だいぶ昔から心のどこかにあったものかもしれない。

夕食は盛岡でも有名な老舗「肉の米内」に食べに行った。ロース焼肉定食と冷麺を食べた。そこには競馬関係者らしき人々も来ていて、自分の生産馬が4着に入ったといった話をしていた。食事が終わり、会計をしているその生産者の背中がとても大きく見えた。私はもっと近いところで競馬を楽しみたいと思った。それは生産に近いところという意味でもあり、育成や調教に近いところという意味でもあり、競馬場に近いところという意味でもある。ブリーダーズカップという名のレースで私がそう強く感じたのは、決して偶然ではないだろう。

Jcb010

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

エリザベス女王杯を当てるために知っておくべき3つのこと

Syuka

■1■秋華賞→エリザベス女王杯の連勝は難しい
秋華賞→エリザベス女王杯という路線が3歳の有力馬にとって自然な選択となってきているが、秋華賞→エリザベス女王杯という連勝は難しい。秋華賞馬はエリザベス女王杯でもほぼ1番人気になるが、人気に応えられているとは言い難い。

平成13年 テイエムオーシャン(1番人気)→5着
平成14年 ファインモーション(1番人気)→1着
平成15年 スティルインラブ(1番人気)→2着
平成16年 スイープトウショウ(1番人気)→5着
平成17年 エアメサイア(1番人気)→5着
平成18年 カワカミプリンセス(1番人気)→12着(1位降着)
平成19年 ダイワスカーレット(1番人気)→1着
平成20年 ブラックエンブレム(不出走)
平成21年 レッドディザイア(不出走)
平成22年 アパパネ(1番人気)→3着
平成23年 アヴェンチュラ(2番人気)→2着
平成24年 ジェンティルドンナ(不出走)
平成25年 メイショウマンボ(2番人気)→1着

秋華賞とエリザベス女王杯の連勝が難しい理由としては、やはり秋華賞とエリザベス女王杯が違った性格のレースになるからだろう。秋華賞は京都2000m小回りコースで行われ、スピードの持続が求められるレースになりやすい。それに対し、エリザベス女王杯は京都2200m外回りコースで行われるため、折り合いとスタミナが要求される緩急のついたレースになりやすい。

また、小回りコースの高低差が3.1mに対し、外回りコースは4.3mと、外回りコースは丘をひとつ越えていかなければならない。そのため、秋華賞とエリザベス女王杯では、200mの距離以上に要求されるスタミナの量が異なってくるのである。

■2■世代交代について
エリザベス女王杯において、世代交代の問題は避けて通れない。一般的に、牝馬は牡馬に比べ、現役の競走馬として活躍できる期間が短いとされる。それは牝馬には血を繋ぐという役割があるからであって、肉体的そして精神的にも競走馬から繁殖牝馬へと変遷していく時期が自然とあるからだ。

ダイイチルビーは4歳時にスプリンターズステークスを制したが、5歳となった翌年は目を覆いたくなるような惨敗を繰り返しそのまま引退していった。その時に、伊藤雄二調教師が言った、「ルビーはもうお母さんの目になっているね」というセリフが印象的であった。肉体的には走れる状態にあったが、精神的にはレースを走り抜くだけの闘争心がすでに失われていたのであろう。

もちろん、馬それぞれにおいてピークは異なってくるので、この年齢以上では走れないというような線引きはできない。ただし、あと2ヶ月も経てばもう6歳馬となってしまう5歳の秋は、牝馬にとって非常に微妙な時期なのではないだろうか。明日にでも、まるで坂を転げ落ちるように競走馬としての能力が衰えてしまう、ギリギリのラインに立っているのである。

衰えゆく5歳馬から、充実の4歳馬、そして更なる上昇が期待される3歳馬への世代交代というクロスオーバーが行われるのがこのエリザベス女王杯である。平成12年から秋華賞が1週間繰り上げられ、エリザベス女王杯までが中3週となった。これにより勢いのある3歳馬の挑戦も増えることからも、5歳馬にとってはさらなる苦戦を強いられることになるであろう。

■3■牡馬と勝負になっていた馬でないと×
牝馬の中でチャンピオンを決める戦いではあるが、牝馬限定戦でずっと戦ってきたような馬では、このレースは勝てない。牡馬との厳しいレースで揉まれ、牡馬を相手に好勝負になっていた馬を狙うべきである。もちろん3歳馬については、牡馬混合戦に出る機会もなかっただろうから、この条件は当てはまらない。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

スタミナも十分にあるクリノスターオー:5つ☆

★アルゼンチン共和国杯
フェイムゲーム →馬体を見る
この時期にしては毛艶が良いが、筋肉のメリハリという点で物足りない。
4歳馬にしては、全体的に幼さを残している馬体で、勝ち切れるかどうか疑問。
Pad3star

クリールカイザー →馬体を見る
背中が下がって見えるように、後躯が流れてしまっており、パワー不足を感じる。
スピードに乗るのに時間が掛かるタイプだが、距離が長い分カバーできるか。
Pad3star

ホッコーブレーヴ →馬体を見る
天皇賞春と宝塚記念は見事な馬体を誇示していた分、今回は大分落ちる印象。
毛艶も良いとは言えず、筋肉のメリハリも物足りず、馬の表情も冴えない。
Pad3star

ラブリーデイ →馬体を見る
池江厩舎の管理馬らしく、全体に筋肉量が豊富で、力強さを前面に出している。
もう一皮むければかなり走りそうだが、現時点ではまだ皮膚に厚さが残る。
Pad4star

デスペラード →馬体を見る
前駆に筋肉が豊富に付いて、長距離馬というより、いかにもパワータイプとい印象。
その分、トモの肉付きが物足りないが、パワーを生かしてどこまで。
Pad3star

マイネルメダリスト →馬体を見る
冬毛が出てきて毛艶が冴えず、全体的なメリハリに欠けるため、もっさりと映る。
表情には凛々しさがあり、もうひと絞りできれば好走も期待できる。
Pad3star

★みやこS
クリノスターオー →馬体を見る
前走を快勝後も、体調を落とすことなく、毛艶と全体的なシルエットを保っている。
前後のバランスも素晴らしく、スピードだけではなくスタミナも十分にある。
Pad5star

二ホンピロアワーズ →馬体を見る
どうにも見栄えがしないのはこの馬の特徴であり、馬体だけでは判断するのは難しい。
とはいえ、いつもに比べて線が細く映るだけではなく、毛艶も目に見えて悪い。
Pad2star

ブライトライン →馬体を見る
休み明けではあるが、毛艶は素晴らしく、ドバイの疲れが癒えたことが伝わってくる。
重心が低い体型だけに、距離は1800mぐらいが上限で、クラスが上がると苦しい。
Pad4star

ナムラビクター →馬体を見る
手脚がスラっと長く、筋肉も硬くて、いかにもダートを走りそうな馬体。
腹回りに少し余裕があるので、もうひと絞りできれば勝ち負けになるだろう。
Pad3star

インカンテーション →馬体を見る
この馬もいつも良く見せないように、馬体が薄くて、腰高で、見栄えがしない。
胴部には長さがあるので、距離が延びても不安はなく、スタミナ勝負にも十分対応できる。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

盛岡競馬場に行ってきた(前編)

Jcb04

JBCを観戦するために盛岡競馬場に行ってきた。何を隠そう、私にとって初めての競馬場である。20年以上も競馬をやってきて、恥ずかしい話ではあるのだが、世界には、もちろん日本にも、私の知らない競馬場がまだたくさんあるのだ。私の盛岡競馬場のイメージは、高校生の頃に読んだ漫画「パッパカパー」の主人公・杉ちゃんが、借金取りから逃れた末にたどり着く競馬場である。そこに登場する菅原勲という騎手の名前や鉄火場、場末のバーなどのイメージが入り混じって、あらゆる意味において極北の競馬場だと思っていた。実際はそうではないことぐらい分かっていたが、そうではないことを確認するためにも、今回は盛岡まで足を運ぼうと思った。

朝ふと思い立って、東京から新幹線に乗ったため、3つのメインレースにはギリギリ間に合う時刻に競馬場に到着予定であった。ところが、特急券を捨ててしまうという愚行を犯してしまったのである。駅員さんと交渉の末、なんとか無事に改札を出ることができ、競馬場行きのバスに飛び乗るも、盛岡駅から競馬場までは30分近くかかるということで、おそらくJBCレディースクラシックには間に合わないことは確実となった。

半ばあきらめつつ、バスの座席に座りながら、村上春樹の訳した「セロニアスモンクのいた風景」を読み耽っていると、いつのまにか競馬場が近づいてきたのか、乗客の競馬ファンたちがザワザワと落ち着きがなくなってきた。ふと窓の外を見ると、山一面に色とりどりの紅葉が映えている。思いがけず、盛岡の紅葉を堪能することができた。

Jcb01

いよいよ競馬場に到着すると、場内の放送からサンビスタが優勝したアナウンスが聞こえた。それは私が本命にしようと考えていたワイルドフラッパーが負けたことを告げ、松田国調教師との師弟対決を制した角居勝彦調教師の勝負強さを物語る声でもあった。

Jcb05

入場チケットを買って場内に入るとすぐに、私の真正面に、競走馬の石像が立ちはだかった。これまで行った競馬場の中でも出会ったことのないほど巨大な石像。それは盛岡競馬場に対して卑小なイメージを持っていた私を見下ろしているようであり、私は深く懺悔した。

Jcb02

パドックにはすでにJBCスプリントのメンバーが登場しており、私は2頭の馬に目を移した。どちらに賭けようかと迷っていたノーザンリバーとドリームバレンチノである。じっくりと観るまでもなく、私はドリームバレンチノに決めた。ノーザンリバーが良く見えなかったからである。この馬の体型だろうが、どう見ても腹構えが太すぎる。短距離馬特有のものと割り切ったとしても、腹回りに余裕がありすぎる。同馬が道中で手応えが悪く見えたり、行きっぷりが悪くなったりするのは、このあたりにも理由がある気がする。

Jcb03

馬券を買って、コースに出てみると、スタンドは小さく、いかにも地方の競馬場という趣である。それは悪い意味ではなく、競馬場として過不足なく、競馬を楽しむ分には十分な設計ということだ。パドックから本馬場へ、またレースを走った馬たちがクールダウンして厩舎に帰っていく導線からは、ファンを意識していることが伝わってくる。欲を言えば、もっと競馬ファンと馬は近くていい。そして、驚きはスタンドの内観である。当然のことながら、馬券売り場も払い戻しも数は少ないが、その風景は中央の競馬場やウインズのそれと全く変わらない。うっかりしていると、盛岡競馬場にいるのかウインズ新橋にいるのかさえ分からなくなるほどだ。自動化や効率化を進めていくとどこも同じような馬券売り場になるのは残念だが、それはそれで仕方がない。

Jcb07

Jcb08

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

ファンタジーSを当てるために知っておくべき3つのこと

Fantasys

■1■キャリアは2、3戦が理想的
キャリア別の成績は以下のとおり。
1~3戦 【8・8・7・89】 連対率14%
3戦以上【2・2・3・33】 連対率10%

キャリアが豊富な馬よりも少ない馬の方が、僅かながらも連対率が高い。ファンタジーSの時点で3戦以上のキャリアがあるということは、素質がないため出走したレースで順当に勝ち上がれなかった、もしくは将来を見据えて大事に使われていないことの証明でもある。キャリア3戦以内の素質馬を出来れば狙いたい。

とはいえ、キャリアがあまり少なすぎる(1戦)のも怖い。キャリア1戦でこのレースを勝った馬は、プリモディーネ、スイープトウショウ、ラインクラフトと、後にG1レースを制した名牝たちのみである。逆に言えば、このレースをキャリア1戦で勝つような馬は、かなりの素質と将来性を秘めていると考えて間違いない。

■2■スプリント的な要素が求められる
この時期の京都は、成長は止まっても野芝の状態が良いため、軽さが維持される馬場である。そのため、1400mの距離ではあっても、短い距離を一気に走り抜けることの出来るスプリント能力がまず問われる。過去10年間で、前走から距離を短縮して臨んできた馬の成績は【0・1・1・19】と意外に振るわないのはここに理由があって、前走ゆったりとしたマイル戦で好走した馬は人気になるが、このレースに関しては疑ってかかるべき。

■3■先行馬有利
京都1400m外回りコースは、最初のコーナーまでの距離が512mと長く、緩やかな登り坂になっていることもあり、先行争いが激化することはほとんどない。そのため、前半3ハロンの平均タイムは34秒8、後半のそれが35秒2と、ほぼ平均ペースに近い流れになる。軽さが維持されているオーバーシード芝であることも加わって、前が止まりにくく、先行した馬にとっては有利になる。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

こんなときばかりはさすがに競馬が嫌になる

アドマイヤラクティがメルボルンCのレース後に馬房で倒れ、そのまま亡くなってしまった。最下位で入線してからわずか5分後のことで、あっと言う間の出来事であった。詳しい症名は分かっていないが、心臓発作か心臓内出血らしい。最後の直線に向いてこれからというとき、バートン騎手のゴーサインに応えるどころか、ズルズルと後退して行ったレースぶりを見て、故障でないことを願ったが、まさかこのような結末が待っていようとは。コ―フィールドCを勝ち、1番人気に推されていたこともあって、その死は地元のメディアでも衝撃をもって伝えられた。

今回のアドマイヤラクティの死に関しては、不慮の事態だと考えるべきであろう。誰が悪いとかいうことではなく、何かこれといった原因があるわけでもない。中1週のローテーションは向こうでは普通だし、斤量の問題でもない。後方から脚を伸ばすいつものレースではなく、番手を追走したのは、多頭数で1番人気を背負っているがゆえの積極策である。勝ちに行ったことが裏目に出たかどうかは、アドマイヤラクティが最後まで走ってみなければ分からなかったことだ。馬を止めるタイミングとしても、決して遅かったわけではない。むしろよくぞあの重要な場面で異変に気づいて、追うのを止められたと思う。いや、そう思いたい。誰も責められないことを一番良く知っているのは、アドマイヤラクティの関係者たちだろう。

私はふと、二ノ宮敬宇調教師から聞いたダイワカーリアンの話を思い出した。

「ダイワカーリアンには、いまだに10月11日になると、ファンの人が花を贈ってきてくれるんですよ。あれは引退レースでした。東京競馬場のアルゼンチン共和国杯。レースが終わって、地下馬道で柴田善臣騎手が降りて、鞍を下した矢先のことでした。地下馬道を歩いていると、厩務員の大きな声がしました。慌てて向かうと、厩務員が座りこんで泣きそうな顔していました。そこにはダイワカーリアンが倒れていました。

それが最後のレースで、これが終わったら種牡馬になろうっていうことだったんですよ。本当に最後の最後のレースで、あんなことに。レースのときは騎手を怪我させないで、鞍を下してから100メートルくらい歩いて、バッタリ倒れたそうです。今は自宅に持ってきましたが、ダイワカーリアンのお墓には「友」と書いてあります。友だちのような存在だったんでね。どうせ馬に携わる仕事をしているんだったら、それぐらいの気持ちでやりたいと思っています」

ほとんどの人々にとって、サラブレッドは経済動物である。メルボルンカップの華やかさやお祭り騒ぎ、喧噪、レースが終わったあとのゴミが散らかった競馬場の風景を見るにつけ、そう強く思うし、今さらそれを否定するつもりなどない。彼ら彼女らは、明日はもう競馬や馬のことなんか忘れてしまって日常に戻る人々である。それはそれでいい。しかし、馬に携わっている者たちにとって、サラブレッドは経済動物ではない。ひとりの家族であり、ひとりの友である。ここに競馬ファンと関係者との間にはどうやっても埋められない大きな溝がある。異国の地で突然に倒れた家族であり友の死を、彼らはどうやって受け止めるのだろうか。私には想像することしかできない。こんなときばかりはさすがに競馬が嫌になる。

関連エントリ
「Melbourne Cup 2014: Last-placed Admire Rakti dies」
「天国のどこか」
「馬を止めるのも騎手の仕事」

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

名門復活の兆し

Tennosyoaki2014 by 三浦晃一
天皇賞秋2014-観戦記-
カレンブラックヒルが悠々とハナを切り、前半60秒7、後半が59秒0という極端なスローペースに落ち着いた。先行馬たちが外枠から切れ込むようにして第1コーナーに進入したことで、馬群が密集して窮屈な格好になり、ほしい位置を取れなかった馬たちもいた。改修前の魔の府中2000mと呼ばれた頃に似た序盤であり、そこを上手く乗り切れたかどうかが着順を大きく左右した。基本的には前、そして馬群の内にポジションできた馬にとっては有利なレースであった。

勝ったスピルバーグは、メンバー中随一ラスト3ハロン33秒台の、桁違いの末脚を繰り出した。脚質的に前につけることができず、前半は馬群の内に入れて脚をため、最後の直線に全てを賭けた。前走は完全に脚を余して負けただけに、今回はスピルバーグの能力を十全に発揮することができ、関係者の鬱憤も晴れたことだろう。決して楽な競馬ではなく、直線の坂を駆け上がって、勝敗が決したと思われたところから差し切った脚は、いかにもディープインパクト産駒しい見事なものであった。こういう極端な競馬をすると肉体的に負荷が掛かり、次走では凡走することが多々あるので、ジャパンカップに関しては半信半疑というところ。

これだけの脚を使ったスピルバーグも凄いが、天皇賞秋に照準を絞ってキッチリと仕上げ切った陣営も素晴らしい。藤沢和雄調教師にとっては久しぶりのG1制覇となった。今年は厩舎も絶好調であり、いよいよ名門復活の兆しが見えた。北村宏司騎手もダンスインザムードのヴィクトリアマイル以来、8年ぶりにG1レースを勝ったことになる。肉体の強靭さと馬を折り合わせる技術は折り紙つきなだけに、岡部幸雄元騎手が去った後の藤沢和雄厩舎の主戦として、数々の名馬に跨ってきた経験が合わさって、熟成されつつある。

ジェンティルドンナは最後の最後でイスラボニータを競り落とした。ドバイ遠征を経て宝塚記念からのぶっつけで完璧な状態ではなかったが、並んでからスッと前に出る瞬間的な脚と勝負強さは健在である。スタートから絶好のポジションを取ってレースを進めていた戸崎圭太騎手もさすが。休み明けのジェンティルドンナにできるだけ負担を掛けずに、勝たせることに専念していた。勝ち馬の強烈な末脚に屈してしまったが、ひと叩きされた次走のジャパンカップにおける史上初の3連覇の偉業も夢物語ではない。

3歳馬のイスラボニータはスピードを生かして積極的な競馬を試みたが、ゴール前で力尽きてしまった。ペースと枠順を考えると、スタートしてからのポジショニングは申し分なく、ゴチャつく内の馬たちを横目にむしろスムーズなレース運びができたと言って良い。スピードがあり余っているために、手応え抜群の持ったままで最後の直線に向き、ルメール騎手も追い出しを待ってから仕掛けたが、それでもゴールまでは持たなかったのは、現時点での完成度の違いということだ。これはロードカナロアが2012年の高松宮記念で3着に敗れたときにも感じたことで、つまりそれだけの素質をイスラボニータにも感じるし、遅生まれだけに焦ることはない。来年は凄い馬になっているはずだ。

天皇賞春を2連覇して臨んできたフェノーメノは、見せ場なく惨敗を喫してしまった。スタートから第1コーナーまでの間にポジションが取れず、スローペースの外を回すことになり、この馬の良さをひとつも発揮できなかったように、蛯名正義騎手としては最悪とも思える騎乗であった。もちろん、中間の乗り込みは豊富で外見上も素晴らしかったが、馬の中身ができていなかったことが最大の敗因であろう。それほど天皇賞春を勝つことは負担が大きいということでもある。とはいえ、馬体は完成期を迎えているので、きっかけひとつでジャパンカップや有馬記念ではチャンスはある。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

いざ盛岡競馬場へ

Jbc

今年の第14回JBCは盛岡競馬場で行われる。2002年以来、なんと12年ぶりの盛岡競馬場での開催となり、この間には不況による生産界の縮小や競馬場の存廃問題、そして東日本大震災があり、それら数々の試練を乗り越えてきて(もちろん問題が解決したわけではないのだが)、ようやく今日に至ったのだ。地元の競馬関係者や競馬ファンは否が応でも盛り上がらないわけにはいかないだろうし、私も競馬場に足を運んで応援し、何よりも馬券を買うことで支援したいと今朝ふと思い立って、盛岡競馬場に行くことにした。

JBCはアメリカのブリーダーズカップにならって2001年に創設された。ダート競馬における各カテゴリーのチャンピオン決定戦として、1日に複数の最高峰のレースを行う、競馬の祭典という意味がひとつ。そして名前のとおり、生産者の主導による実施という視点で、地方の競馬場を持ち回りで行うということがひとつ。つまり、生産者としての競馬の現状に対する危機感と、ひとりでも多くの人々に競馬の素晴らしさを伝えていこうという想いからレースが生まれた。そういった意味でも、盛岡競馬場はまさにJBCに相応しい舞台だ。

現地に行くと、予想を書いている暇もないだろうから、先に展望しておきたい。まずはJBCクラシックから。今年のJBCクラシックに出走するメンバーは、実に多彩であり、抜けた力を持った馬がいないだけに激戦となりそうだ。例年は歴戦の猛者が中心になることが多いが、今年は珍しく4歳馬に実力馬が揃っている。その中でも、前走の日本テレビ盃をレコードで圧勝したクリソライトに勢いがある。JDDを制してから長期の低迷に陥ったが、時間をかけて立ち直ってきた。脚質的にも枠順的にもがっちりと番手を確保できそうであり、好勝負は間違いない。父がゴールドアリュール、母父がエルコンドルパサーという血統構成は、まさにダートの鬼と呼ばれるに相応しい。

同じゴールドアリュール産駒であり4歳馬のコパノリッキーは、今年フェブラリーSを勝ち、帝王賞を2着したように、これからのダート戦線を引っ張っていく存在となった。地脚の強さで勝負するタイプなので距離自体はそれほど心配ないが、この馬に関してはぶっつけ本番がどう出るかだろう。ベストウォーリアーは前走を叩いて、中2週で完璧な状態で臨んでくるが、この馬は距離にやや不安がある。前走はコーナー2つの競馬だったが、今回は馬場を1周する形になり、レースの緩急も体感ペースも異なるだけに、どこまで対応できるか。実績のあるワンダーアキュートとホッコータルマエはどちらも休み明けであり、強さと巧さは認めつつも、どこまで勢いのある4歳馬に対する壁となれるのかが見どころ。

JBCスプリントは大井の東京盃組が主力となりそう。その中でも、3着以下を離したノーザンリバーとドリームバレンチノが中心となる。どちらも休み明けを叩かれて、さらに上昇して出走してくる以上、甲乙つけがたい。前走のレースぶりを見ると、ドリームバレンチノの逆転があると考えていたが、枠順を見ると、隣のコパノリチャードが行って内にできるスペースを追走できるノーザンリバーに分があるようにも思えてくる。そもそもそのコパのリチャードもダートにどれだけ適性があるのか未知数であり、高松宮記念を勝ったときの芝の不良馬場とダートはまた別物だとは分かっていても、まさかの圧勝劇もあり得ない話ではない。

JBCレディースクラシックはワイルドフラッパーとサンビスタとアスクビューティの争いだが、最もポジションを楽に取れる枠を引いたワイルドフラッパーが有利である。1800mはスタートから第1コーナーまでの距離が短いため、他の2つのレースよりも枠順が結果に与える影響が大きい。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

完成の域に入ったフェノーメノ:5つ☆

マーティンボロ →馬体を見る
夏場を使ってきており、毛艶は黒光りして、体調はすこぶる良い。
トモの肉付きに物足りなさを感じるように、パワーという点ではあと一歩。
Pad3star

エピファネイア →馬体を見る
どの休み明けよりも腹回りには余裕があり、良い意味でリフレッシュされた。
前駆は力強く、筋肉のメリハリもあって、初戦から力を出し切れる仕上がり。
Pad4star

デニムアンドルビー →馬体を見る
夏を越してさらにどっしり感が増し、筋肉量もアップして力強い。
とはいえ、やや腰高の馬体であり、トモにもっと実が入ってくるとベストか。
Pad3star

ジェンティルドンナ →馬体を見る
今回の写真はあまり好感が持てないが、いつもは牝馬らしからぬ堂々とした姿を誇る。
尾離れが良く、トモに実がしっかりと入ってきているが、顔つきがどこか自信なさげ。
Pad3star

ヒットザターゲット →馬体を見る
キングカメハメハ産駒らしく、6歳馬にしてなお前駆の筋肉の付き方は素晴らしい。
その分、後躯の肉付きが物足りなく、前半部分でどこまで遅れずに追走できるか。
Pad3star

ラブイズブーシェ →馬体を見る
夏に使い込んできた割にはすっきりとして、筋肉が柔らかく、疲れは感じられない。
後躯の筋肉が盛り上がればもっと良くなるが、現時点では文句なしの仕上がり。
Pad4star

イスラボニータ →馬体を見る
とてもフジキセキの産駒とは思えないほど、馬体全体に長さと伸びがある。
ふっくらとして筋肉の質が良く、前後のバランスも素晴らしく、好走間違いなし。
Pad4star

スピルバーグ →馬体を見る
毛艶は素晴らしいが、背中が反って映るように、やや腹回りには余裕がある。
筋肉のメリハリは十分なだけに、もうひと絞りできれば、仕上がりは万全に。
Pad3star

ディサイファ →馬体を見る
大人しいタイプの馬だが、今回は目つきが鋭く、気持ちの激しさが出てきている。
このメンバーに入ると、馬体には強調材料はなく、可もなく不可もない。
Pad3star

フェノーメノ →馬体を見る
古馬になってから迫力を増し続けて、馬体に関しては今回が最高の部類に入る。
バランスの良いシルエットから筋肉のメリハリまで、完成の域に達した。
Pad5star

マイネルラクリマ →馬体を見る
やや筋肉が硬いタイプで、見た目には分からないが、前走の反動があるかも。
6歳になってもパワー十分の馬体は迫力満点で、疲れさえなければ好勝負になる。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

ジェニュインの涙

Jiromaru

勝負の世界には、勝ちと負けが必ず存在します。今年の日本シリーズにおけるソフトバンクのような圧勝劇もあり、ほんの僅かな差で勝ち負けが決してしまうことも。大差の場合でも、実は見た目ほど実力差はないとうことが多いのですが、競馬でいうとハナ差のような僅かな差による決着にこそ、勝負の世界の厳しさや悲しさが凝縮され、大きなドラマが生まれるのです。そして、その僅かな違いに気づくことが、その世界の奥深さを知ることでもあり、勝負の世界をより魅力的なものにしてくれることは間違いありません。

天皇賞秋に3歳馬が出走し、古馬に立ち向かうようになったのは、つい最近のことであり、サンデーサイレンスという種牡馬の登場と軌を一にします。あり余るスピードと強烈な瞬発力をもつサンデーサイレンス産駒にとって、皐月賞と日本ダービーまでは守備範囲でも、菊花賞の3000mは距離が長いため、たとえ歴戦の古馬を敵に回しても、天皇賞秋に照準を絞ることの方が正しい選択となる場合が多いからです。その先陣を切ったのは、サンデーサイレンスの初年度産駒であるジェニュインでした。

この世代のクラシックは、フジキセキが戦線を離脱したことにより、皐月賞をジェニュインが制し、タヤスツヨシが日本ダービー馬となりました。いずれの馬もサンデーサイレンスの初年度産駒だけに、競馬関係者たちは驚きを隠せませんでした。そのうちの1頭であるジェニュインは、日本ダービーでも2着したのですが、母系は短距離血統であり、スピードとパワーで押し切るレースを身上とすることから、明確な意思によって天皇賞秋へと出走してきたのでした。夏を越し、春シーズンの勘を取り戻すかのように2戦を叩き、絶好調で天皇賞秋を迎えました。

結果的には、古馬のサクラチトセオーにハナ差で差し切られてしまい惜敗。しかし、スタートから先頭に立とうとする勢いで飛び出し、スッと控えてからも行き脚十分に先行し、最後の直線に向くと、あの岡部幸雄騎手のスタイルでもあった1頭だけ持ったまま状態で、いつでも抜け出せる手応え。古馬陣を引き連れて、横綱相撲をしてみせたのでした。さすがにあとひと押し足りず、3歳馬と古馬のパワーの違いをハナ差で教えられた格好にはなりましたが、それ以上に、3歳馬でもこの時期であれば勝てるチャンスはあるということを示してくれたのでした。

私はふと、ジェニュインは泣いたのかなと思いました。というのも、ジェニュインについて社台ファームの吉田照哉氏が書いた一節が思い浮かんだからです。

2歳時には、放牧地で仲間に頬の部分を蹴られるアクシデントに見舞われており、いまでも鼻ヅラの少し上の中央部分にくっきりとした陥没のあとが見られる。おそらくそのときの影響だと思うが、顔の右部分の神経の一部が麻痺しているのか、右目はいつも潤んでおり、ときには涙となってポロポロと落ちるときもある。 (「馬づくり馬そだての戦略」吉田照哉)

シンボリルドルフが天皇賞秋でギャロップダイナにまさかの敗北を喫したとき、レース後に泣いたという有名なエピソードがあります。写真家の今井壽惠氏がその涙に気づき、「ルドルフ、泣いている」と言ったそうです。目にゴミが入ったんじゃないと言う人もいるでしょう。ただ、日々馬と接している関係者たちが、自分が負けたことが分かっている馬は確かにいると言うのですから、負けた悔しさで涙することがあっても不思議はありませんね。そこに何を見るのか、どう解釈するかはその人次第です。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

« October 2014 | Main | December 2014 »