« 強い馬たちと走ることで強くなる | Main | 先行力としぶとさ、そして経験 »

理想的なシルエットを誇るホッコータルマエ:5つ☆

ホッコータルマエ →馬体を見る
この時期にしては毛艶が良く、ドバイ遠征の疲れは全く感じられない。
筋肉が柔らかく、胴部や手足に長さがあって、理想的なシルエット。
Pad5star

ナムラビクター →馬体を見る
オープン馬としてはごく平均的な馬体をしており、特筆すべき点はあまりない。
あえて言えば、前後のバランスが良く、コンスタントに力を出し切れそう。
Pad3star

ワイルドバッハ →馬体を見る
顔つきからは気性の激しさが伺え、ハマれば爆発力として転換されそう。
トモの実の入りは素晴らしいが、詰まり気味の胴部を見ると、マイルがベストか。
Pad3star

ワンダーアキュート →馬体を見る
この馬の腰高は若駒のころからであり、それで距離をこなしているのだから問題ない。
8歳馬にしては若々しい馬体を維持しており、ひと叩きされて体調も良さそう。
Pad3star

ローマンレジェンド →馬体を見る
連勝をしていた頃の迫力こそ感じられないが、馬体だけを見ると全体的に長さがある。
やや腹回りに余裕はあるが、筋肉のメリハリは十分で、毛艶も良く、体調は文句なし。
Pad4star

二ホンピロアワーズ →馬体を見る
湾膝はこの馬の特徴であり、それで走ってきているのだから、全く問題なし。
むしろ最近の中では最も筋肉が柔らかくて、斑点が浮かんでいるように毛艶も良い。
Pad3star

インカンテーション →馬体を見る
胴部が詰まって映るように、馬体だけを見ると、距離適性はマイルがベストか。
実に利発そうな表情からは、レースで乗りやすそうで、この馬の力は出し切れるはず。
Pad4star

クリノスターオー →馬体を見る
体つきは前走の方が明らかに良く、悪く言えば、使ってきた疲れが表面化しつつある。
トモの肉付きにも物足りなさを感じるが、気持ちで走るタイプだけに、ハマるかどうか。
Pad3star

ベストウォーリアー →馬体を見る
全体的に筋肉量が多く、胴部が詰まっている馬体は明らかに短距離馬のそれ。
距離短縮は好材料だが、このメンバーの1800mではスタミナにやや不安がある。
Pad3star

コパノリッキー →馬体を見る
大型馬にもかかわらず、大きさを感じさせず、いかにもダート馬という馬体ではない。
レースに行ってリラックスして走れる気性の良さとスピードがこの馬の持ち味か。
Pad4star

クリソライト →馬体を見る
腹回りに若干の余裕を残しており、まだ幼さを感じさせる成長途上の馬体。
馬体はフックラとしており、調子落ちは感じられず、あとは相手関係だけ。
Pad3star


Championc2014wt

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment