« 中山芝2500m | Main | ラストランに相応しい仕上がりジャスタウェイ:5つ☆ »

最後まで待つことのできた者が

Jiromaru

思い出の有馬記念と聞かれれば、オグリキャップが奇跡的なラストランを飾った有馬記念、トウカイテイオーの背で田原成貴騎手が涙した有馬記念、ヒシアマゾンが負けて言葉を失った有馬記念、1レース10万円勝負をしていたのにどうしても賭けることができなかった、グラスワンダーがスペシャルウィークをハナ差抑えた有馬記念など、両手でも数えきれない思い出があります。そして、そのほとんどは、馬券は負けて、寒風吹きすさぶ中、人波に揉まれてオケラ街道をただ歩くという身体感覚と密接に結びついています。人生における、辛かったり苦しかったりする思い出ほどしっかりと身に刻まれているのは、私だけでしょうか。

さて、今回は数々の思い出の有馬記念の中でも、上には挙げなかった1997年のそれについて書きたいと思います。私が競馬を始めて7年目が終わろうとしている、ちょうど競馬の何たるかが少しずつ分かってきた頃のこと。その年の有馬記念には、日本競馬史上最強牝馬の1頭であるエアグルーヴ、宝塚記念を勝利してから半年の休み明けで臨んできたマーベラスサンデー、オークスと秋華賞を制した勢いをそのままぶつけてきたメジロドーベル、そして牡馬クラシックで人気になりながらも勝てなかったシルクジャスティスといった、年齢も性別も異なる実力馬たちが出走し、人気を分け合っていました。

実績的には最上位であるエアグルーヴは、天皇賞秋を勝ち、ジャパンカップでピルサドスキーに次ぐ2着し、秋3戦目を迎えていました。この馬が1番人気に推されなかったのは、誰しもが、エアグルーヴの疲れや調子落ちを心配していたからでした。牝馬の調整ノウハウが進化した今とは違い、当時は牝馬が牡馬を相手に秋の王道(天皇賞秋→ジャパンカップ→有馬記念)を走り抜くこと自体、にわかに信じられないことでした(そういった時代背景抜きに、最強牝馬はどの馬かを語るのはナンセンスだと思います)。実際に、さすがのエアグルーヴも天皇賞秋をピークにして、調子は下降線を辿っていました。

押し出される形で1番人気になったのは、マーベラスサンデーでした。しかし、この馬も宝塚記念以来であり、何とか間に合ったという状況で、決して本調子にはありませんでした。メジロドーベルも牝馬同士なら一枚も二枚も上の存在ですが、いきなり古馬の牡馬との対戦で通用するのか分かりません。そして、実はシルクジャスティスこそが、私は日本ダービーでも菊花賞でも本命に推したものの、末脚不発の競馬で期待に応えてくれることなく、今回ついに見限ってしまった馬でした。あれだけ長い府中や京都の直線でも届かなかったのに、中山の短い直線で届くはずがないと考えたからでした。

ゲートが開くと、エアグルーヴはペリエ騎手が自信満々に前を攻め、マーベラスサンデーは慎重に控えて後方から、シルクジャスティスは案の定、さらにその後ろから行くことに。レースが動いたのは最終の第4コーナー手前からでした。タイキブリザードが先頭に踊り出ると、エアグルーヴも力で押し切ろうとゴーサインを出し、さらにそれを見た武豊マーベラスサンデーも外をまくる形で動き始めました。この瞬間を狙っていたのが藤田伸二騎手でした。他の有力馬が動く中、ひとり仕掛けを遅らせて脚を溜め、最後の直線に向いてからの末脚に賭けたのでした。ゴール前で見事に2頭を差し切ることができたのは、力の差ではなく仕掛けのタイミングの差でした。背負うものが多い人馬ほど、仕掛けが早くなるという原理を藤田伸二騎手は応用したのです。そして私は、このレースにおいて、直線の長い短いではなく、各馬が一斉に仕掛けることで、届かないものが届くようになることを学んだのでした。

さて、今年の有馬記念には最高のメンバーが揃いました。平成を代表する女傑ジェンティルドンナとワールドランキング1位のジャスタウェイが引退レースとして、充実の4歳秋を迎えたエピファネイアはジャパンカップ圧勝の実力を証明するため、ゴールドシップはグランプリ4勝目の偉業を目指して、そして3歳馬ワンアンドオンリーは日本ダービー馬の威信を賭けて出走してきます。彼ら彼女らの背中には、日本競馬を代表する戸崎圭太騎手、福永祐一騎手、川田将雅騎手、岩田康誠騎手、横山典弘騎手が跨ります。どの馬が勝っても不思議ではありませんね。こういうときこそ、最後まで仕掛けを待つことのできた者が勝利を手にするのではないかと私は思います。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment