« 京都牝馬Sを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 集中連載:血統について語るとき、私の語ること(最終回) »

生涯最高の仕上がりで挑むエアソミュール:5つ☆

★AJCC
フェイムゲーム →馬体を見る
ふっくらとしており、毛艶も素晴らしく、馬体全体のシルエットも美しい。
あえて言うならば、筋肉のメリハリがもう少し出てくれば完成に近づくだろう。
Pad4star

ディサイファ →馬体を見る
昨年時に比べると、特に胴部に長さが出てきて、今ならばこの距離ももちそう。
前後のバランスも取れて、メリハリも増し、馬体が成長してきたのが見て取れる。
Pad4star

ミトラ →馬体を見る
線が細いため、力強さという点でこのメンバーに入ると見劣りする。
手脚と胴部には長さがあるため、2000mを超える距離自体は問題ない。
Pad3star

ゴールドシップ →馬体を見る
芦毛の馬体は毛艶が掴みづらく、馬体の出来も安定している馬だけに評価は難しい。
とはいえ、弾力のある筋肉がついて、凱旋門賞遠征の疲れは全く感じられない。
Pad45star

エアソミュール →馬体を見る
この時期のものとは思えない毛艶の良さで、内臓面での調子の良さが伝わってくる。
前後躯にきっちりと実が入って、この馬としては生涯最高の仕上がりで挑む。
Pad5star

ダークシャドウ →馬体を見る
良く見せるタイプの馬ではあるが、さすがに8歳にもなると勢いという点では劣る。
腹回りにやや余裕があるが、この馬としては力を出し切れる仕上がり。
Pad3star

★東海S
コパノリッキー →馬体を見る
圧勝したJBCクラシックを含めても、ここ最近では最も良いシルエットを誇る。
線の細さがあった馬だが、ようやく馬体に芯が入ってきて、今年の活躍が期待できる。
Pad45star

二ホンピロアワーズ →馬体を見る
年齢的にも時期的にも、さすがに毛艶は冴えず、体調が良くは見えない。
いつものことながら、馬体のシルエットにも問題があるが、それでも力は出せる。
Pad3star

ソロル→馬体を見る
血統的にはダートの申し子であり、馬体も筋肉量が多く、いかにもパワータイプ。
顔つきからも、砂を被ってもひるまない闘争心が伝わってくる。
Pad3star

インカンテーション →馬体を見る
チャンピオンCは凡走してしまったが、相変わらず筋肉が盛り上がり、力強い。
表情を見ると、気持ちの強さがあって、巻き返しは十分に考えられる。
Pad3star

ナムラビクター →馬体を見る
好走した前走の反動も見られず、毛艶と筋肉のメリハリは維持している。
胴部が詰まっている馬体だけに、距離は1800mぐらいまでがベストか。
Pad3star

マイネルクロップ →馬体を見る
手脚が長く、馬体に軽さがあるシルエットだけに、芝の方が走りそうな印象。
馬体はふっくらとしており、立ち姿にも自信がみなぎって絶好調。
Pad4star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment