« 中山金杯を当てるために知っておくべきこと | Main | 「世界一の馬をつくる」 »

馬体全体のバランスが良化したウインフルブルーム:5つ☆

★京都金杯
シェルビー →馬体を見る
この時期としては抜群の毛艶で、体調の良さが全身から伝わってくる。
筋肉のメリハリという点ではあと一歩だが、今年は活躍が見込めそうな好馬体。
Pad4star

フルーキー →馬体を見る
父の力強さが前面に出ており、特に前駆の筋肉の盛り上がりが素晴らしい。
もうひと絞りできる体つきだが、毛艶は良く、力は発揮できる仕上がり。
Pad3star

グランデッツァ →馬体を見る
3歳時に比べると、筋肉の柔らかみが物足りず、トモの肉付きもあと一歩か。
それでも馬体のシルエットには長さが出て、スタミナ豊富な馬体へ成長した。
Pad3star

エキストラエンド →馬体を見る
腰角が垂直近くまで立っているように映るように、トモの実の入りが素晴らしい。
前駆にも力が漲っていて、ディープインパクト産駒にしてはパワータイプ。
Pad4star

ウインフルブルーム →馬体を見る
脚が短く、重心が低いように、母系のサクラユタカオーの血が濃く出ている。
3歳時に比べると、馬体全体のバランスが良くなってきて、安定して力を出せる。
Pad5star

マイネルメリエンダ →馬体を見る
全体的にスッキリとしており、いかにもスタミナがありそうな馬体を誇る。
冬場にしては毛艶も良く、柔らかい筋肉を保っており、この馬の力は発揮できる。
Pad4star

★中山金杯
ロゴタイプ →馬体を見る
絶好調時の迫力はないが、昨年からの数戦は馬体的にはほぼ復調している。
あとは気持ちの問題であり、外見上からは、闘争心は伝わってこない。
Pad3star

マイネルミラノ →馬体を見る
腹回りには余裕はあるが、この時期だけに絞り切れないのだろう。
毛艶は良いが、馬体全体からはパワーが伝わってこず、力感に乏しい仕上がり。
Pad3star

マイネルフロスト →馬体を見る
いかにも4歳頭の馬らしい、筋肉の柔らかい、みずみずしさを残した馬体。
母父グラスワンダーの影響か、前駆のパワーは素晴らしく、中山コースは合う。
Pad3star

ラブイズブーシェ →馬体を見る
腹袋はあるが、全身のシルエットはすっきりしており、仕上がりは良い。
重心が低い馬体で、長い距離よりも、ミドルディスタンスがベストか。
Pad4star

メイショウナルト →馬体を見る
夏場に強い馬らしく、寒い時期には毛艶が冴えず、トモの肉付きも薄い。
展開に恵まれてどこまで粘れるかだが、この馬の力を出し切れる出来にはない。
Pad3star

ラブリーデイ →馬体を見る
時期的に絞り切れないこともあって、やや重厚感を残した仕上がりにある。
パワーは十分な馬なので、あとはどこで一瞬の脚を生かせるかどうかが鍵となる。
Pad4star

デウスウルト →馬体を見る
胴部や手足には十分な長さがあって、馬体的には距離は長い方が良さが出そう。
母系は気難しいタイプが多いだけに、顔つきをみるとこの馬も繊細そうな表情。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment