« デムーロ騎手とルメール騎手の騎手試験合格に思う | Main | 共同通信杯を当てるために知っておくべき3つのこと »

バランスの良い馬体を誇るマイネルメリエンダ:5つ☆

★きさらぎ賞
レガッタ →馬体を見る
良血に違わず、馬体全体に伸びがあって、将来性の高いシルエット。
ただ現時点では、トモの肉付きに物足りなさを残し、さらなる成長を期待。
Pad4star

アッシュゴールド →馬体を見る
寒い時期にもかかわらず、筋肉は柔らかみがあり、実が詰まっている。
馬体は素晴らしいが、表情や耳の向きからは、気難しさが伝わってくる。
Pad3star

ネオスターダム →馬体を見る
3歳春のこの時点にしては力強い馬体を誇り、パワー勝負は望むところ。
顔つきから気持ちの強さも伺えて、馬体が併されば簡単にはバテないだろう。
Pad4star

ルージュバック →馬体を見る
コンパクトにまとまった馬体だが、牝馬のこの時期だけに毛艶は冴えない。
肉体的には未完成だが、この馬は走るフォームが素晴らしく、動かしてこそ。
Pad3star

ポルトドートウィユ →馬体を見る
母の面影を感じさせるフックラとした馬体だが、もっと筋肉がついてきても良い。
繊細なところがありそうな表情だけに、負荷を掛け過ぎずに育てていくことが大切か。
Pad4star

ダノンリバティ →馬体を見る
胴部には長さがあって一見中距離タイプだが、脚が短く、やや重心が低い。
馬体は力強さがあって、気持ちの強さもあるので、スムーズに走ることができれば。
Pad3star

★東京新聞杯
マイネルメリエンダ →馬体を見る
非常にバランスの良い馬体で、前走時もそうだったが、今回も文句なしのシルエット。
この時期にしては毛艶も良く、筋肉のメリハリも十分で、仕上がりは万全。
Pad5star

シャイニープリンス →馬体を見る
黒光りしているように毛艶は素晴らしく、体調は万全で、この馬の力を出し切れるはず。
やや首から頭にかけてのパーツに重さがあり、一瞬の脚しか使えないのはそれゆえか。
Pad4star

サトノギャラント →馬体を見る
いつも良く見せる馬ではあるが、今回は時期的なこともあって、完成手前の仕上がり。
筋肉のメリハリがもう少しで、トモの肉付きが戻ってくると、この馬の切れが生きる。
Pad3star

フルーキー →馬体を見る
胴部が詰まっていて、筋肉量の多いパワータイプで、距離的にはマイルまでがベスト。
どっしりとした立ち姿からは、安定した走りが期待できるが、勝ち切るまではどうか。
Pad4star

エキストラエンド →馬体を見る
前走時は素晴らしい仕上がりだっただけに、今回は馬体のボリュームという点で劣る。
それでもこの馬の力を出し切れるだけの仕上がりにあり、瞬発力が生きる流れになれば。
Pad4star

タガノグランパ →馬体を見る
胴部の長さと手脚の短さのアンバランスが特徴で、それゆえ距離適性を計りかねる。
毛艶が冴え、力強さも備えていて、この馬の走りはできる仕上がりにある。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment