« 僕たちは生きてゆく | Main | チューリップ賞を当てるために知っておくべき3つのこと »

1400がベストの体型ダイワマッジョーレ:5つ☆

★中山記念
イスラボニータ →馬体を見る
各所に緩さが残っている馬体は相変わらずだが、ひと回り成長している。
毛艶は良く、ふっくらとして体調は素晴らしいので、前哨戦としてはベスト。
Pad4star

ヌ―ヴォレコルト →馬体を見る
牝馬らしく線の細さは残っているが、筋肉は柔らかくて馬体はリフレッシュ。
筋肉のメリハリに欠けるように、レースを使いつつ良くなっていくはず。
Pad3star

マイネルフロスト →馬体を見る
胴部がやや詰まっていて、中山の1800mは若干長く、スタミナが心配。
前駆が勝っている馬体は母の父グラスワンダー譲りで、いかにもパワータイプ。
Pad3star

ロゴタイプ →馬体を見る
使われつつも筋肉の柔らかみは失われておらず、体調の良さは文句なしだろう。
あとは筋肉のメリハリが出てくれば最高だが、あくまでもここは叩き台か。
Pad4star

ステファノス →馬体を見る
気の強そうな表情が印象的で、気性的には休み明けでも力を出し切れそう。
馬体もしっかりと鍛えられており、もう1皮むけたら、最高の仕上がりになる。
Pad4star

タガノグランパ →馬体を見る
陣営がどう育てて良いのか迷っているのが伝わってくる、馬体のアンバランスさ。
中山1800mはスタミナが必要なので、意外と条件がマッチするかもしれない。
Pad3star

★阪急杯
ダノンシャーク →馬体を見る
勝ってすぐに休ませたのが良かったのか、馬体はふっくらとして疲れは癒えている。
馬体全体のバランスも良く、もう少しパワーアップしてくれば短距離でも力を出せる。
Pad4star

コパノリチャード →馬体を見る
前後躯ともにしっかりと実が入って、馬体全体のバランスがさらに良くなってきている。
筋肉のメリハリもあり、表情から闘争心が伝わってくるように、鉄砲がけもOK.
Pad4star

レッドオーヴァル →馬体を見る
馬体はふっくらとして休み明けとしてはちょうど良いが、あとはトモの実の入りだけ。
顔つきからは気の強さがうかがえるように、いきなりでも力は出し切れる。
Pad3star

ミッキーアイル →馬体を見る
3歳時に比べると、腰高の馬体がやや解消されつつあるが、あと一歩か。
胴部は詰まって映るように、母父ロックオブジブラルタル譲りのパワー優先の馬体。
Pad3star

ダイワマッジョーレ →馬体を見る
こちらはさらに胴部が詰まっており、1600mは長く思える体型で1400がベスト。
前後躯にしっかりと実が入っており、筋肉のメリハリも良く、明らかに体調は上向き。
Pad5star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

久々に同じ狙いですね
牝馬も抑えます。

Posted by: 鬼太郎 | March 01, 2015 at 01:37 PM

鬼太郎さん

おめでとうございます。

M・デムーロ騎手さすがでした。

重馬場での騎乗はさらに技術差が出ますね。

Posted by: 治郎丸敬之 | March 01, 2015 at 10:52 PM

Post a comment