« 追悼:後藤浩輝騎手 【再掲】あえて苦言を呈する  | Main | 牝馬クラシック路線を占う2015 »

きちんと仕上がったクラリティスカイ:5つ☆

ブライトエンブレム →馬体を見る
朝日杯FS時に比べると、筋肉のメリハリも戻ってきて、素晴らしい体つきに。
ただ、表情や耳の動きを見ると、気性の難しさが伝わってきて、そこがネック。
Pad4star

サトノクラウン →馬体を見る
重厚感がある中にも軽さを感じさせる、何とも表現しがたい奥深い馬体を誇る。
顔つきからは気性の素直さがあり、ジョッキーにとっても乗りやすいタイプだろう。
Pad4star

コメート →馬体を見る
馬体全体としては、筋肉のメリハリに乏しく、幼さが抜けきらない馬体。
手脚は長く、将来的には成長が期待できるが、トモの実の入りなど物足りない。
Pad3star

シャイニングレイ →馬体を見る
前後躯には豊富な筋肉がついており、特に肩周りの力強さは母系譲りのそれか。
その分、筋肉に硬さがあり、中山コースは合うが、将来性という点では疑問が残る。
Pad3star

グァンチャーレ →馬体を見る
これと言って特筆すべき点はないが、マイラーとしては馬体に薄さと緩さがある。
余分な筋肉がないからこそ、現時点ではスムーズに走れるので、この馬はこれでいい。
Pad3star

クラリティスカイ →馬体を見る
休み明けにしてはきちんと仕上がっていて、毛艶は良く、筋肉も柔らかくて張りがある。
賢そうな表情から力は出し切れるタイプで、腰高の馬体から距離は2000mがギリギリ。
Pad5star

ベルラップ →馬体を見る
この馬の性格かもしれないが、顔つきが冴えず、あまり調子自体が良くなさそう。
胴部には長さがあるが、脚がやや短く、この馬も2000mぐらいが適距離だろう。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment