« オルフェ―ヴルの種牡馬としての挑戦 | Main | 宝塚記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

バランスも良くなってきたティーハーフ:5つ☆

★ユニコーンS
ゴールデンバローズ →馬体を見る
いかにも堀厩舎の管理馬といった、メリハリの利いた理想的な馬体を誇る。
ドバイ遠征明けを感じさせない毛艶と筋肉の柔らかさで、走れる態勢にある。
Pad4star

タップザット →馬体を見る
ゴールデンバローズと同じ父だが、こちらは胴部が詰まって距離はベストか。
前駆は力強く、ダート適性は高いが、トモの実の入りには物足りなさを感じる。
Pad3star

アキトクレッセント →馬体を見る
前後躯にきっちりと実が入った力強い馬体だが、背中が短く、距離はギリギリか。
顔つきを見る限りにおいては、気性の激しさがあり、スムーズなレースが希望。
Pad3star

ノンコノユメ →馬体を見る
前駆の筋肉が盛り上がって力強い分、トモの小ささが目についてアンバランス。
成長の余地を残した馬体でこれだけ走るのだから、ダート適性は抜群なのだろう。
Pad3star

アルタイル →馬体を見る
父カネヒキリを彷彿させる毛色だが、馬体はトモに薄さがあり父には及ばない。
全体のシルエットには長さがあるので、もう少し筋肉がついてくれば走るだろう。
Pad3star

タンジブル →馬体を見る
父ディープスカイがそのまま出たような馬体で、芝でこそ良さが出そうな馬。
それでもダートを走るのは、母系から脈々と流れるアメリカ血統の影響だろうか。
Pad3star

★函館スプリントS
コパノリチャード →馬体を見る
いかにも短距離馬といった筋肉量の多さで、パワー勝負ならどの馬にも負けない。
前走に比べると、全体的に余裕のある馬体であり、もうひと絞りできれば。
Pad4star

ローヴティサージュ →馬体を見る
薄く見えるのは撮影している角度のせいで、馬体全体のシルエットは素晴らしい。
耳を後ろに絞り気味であることから、この馬の繊細さが伝わってくる。
Pad3star

セイコーライコウ →馬体を見る
胴部には長さがある割には、手脚が短く重心が低く、アンバランスさを感じる。
胴部にはアバラが浮いているように、仕上がりは万全で、距離はギリギリ持つ。
Pad3star

スギノエンデバー →馬体を見る
7歳とは思えない筋肉の張りと柔らかさで、夏場になると調子を上げるのだろう。
随所に余裕があるのは高齢馬ゆえに仕方なく、それを差し引くと良い状態で臨める。
Pad3star

アンバルブライベン →馬体を見る
高松宮記念のときはさすがにピークが過ぎていたが、ここに来て回復気配にある。
前駆が力強く、馬体がふっくらとしてきた今ならば、そう簡単には止まらない。
Pad3star

ティーハーフ →馬体を見る
5歳を迎えて馬体がさらにたくましくなり、全体のバランスも良くなってきた。
筋肉のメリハリもあり、胴部に長さがあるため、距離はもう少し長くても良い。
Pad5star

マジンプロスパー →馬体を見る
とても良く見せる馬であるが、さすがに8歳を迎えて、馬体に衰えは見られる。
それでも前駆の盛り上がりは素晴らしく、展開に恵まれれば好走のチャンスもある。
Pad3star

|

Comments

Post a comment