« けもの道を行こう | Main | アイビスサマーダッシュを当てるために知っておくべき3つのこと »

柔軟性のある馬体のブランボヌール:5つ☆

★函館2歳S
アルマククナ →馬体を見る
小柄な牝馬らしくコンパクトにまとまった馬体だが、スピードはありそう。
やや腰高に映るが、トモにも実が入って、完成度は高く、好走が期待できる。
Pad3star

オデュッセウス →馬体を見る
胴部には長さがあって、このあたりは母父スペシャルウィークの血が出ているか。
前後躯のバランスも良く、スタミナもあるため、簡単にはバテそうにない。
Pad45star

シャドウアプローチ →馬体を見る
馬体重の割には全体的に線が細く映るように、実が付き切っていないのが現状。
全体的に筋肉のメリハリがもう少し増してくれば、素晴らしい馬体になりそう。
Pad3star

ブランボヌール →馬体を見る
筋肉の柔らかさが伝わってくるように、柔軟性があって、体調も万全で臨んでくる。
胴部には長さがないため、ディープインパクト産駒ではあっても短距離が合っている。
Pad5star

メジャータイフーン →馬体を見る
手脚や胴部に長さがあるように、枝葉が長い馬体だが、全体的には力がついていない。
前駆は力強いが、後躯の肉付きが物足りなく、最後の詰めが甘くなるのでは。
Pad3star

ラッキーボックス →馬体を見る
全体的にメリハリに欠ける馬体で、いかにも若駒らしい幼さを残している。
手脚が長く、馬体が成長していけば、距離はもっと長い方が合っているのではないか。
Pad3star

★中京記念
オリービン →馬体を見る
いかにも短距離馬らしく、前後にがっちりと筋肉がついて、パワーとスピードがありそう。
その分、腹回りにも余裕があり、スタミナを要求されるような展開になれば苦しいか。
Pad4star

スマートオリオン →馬体を見る
この馬も手脚が短く、筋肉がしっかりとついていて、距離はマイルよりも短い方がいい。
馬体全体に余裕を残している仕上げであり、体調としてはあと一歩という出来だろう。
Pad3star

ダローネガ →馬体を見る
古馬になるとダイワメジャー産駒は、さらにガッチリとして、胴部が詰まって見える。
この馬も腹回りに余裕があって、距離の壁がありそうだが、乗り方次第で克服できる。
Pad3star

トーセンレーヴ →馬体を見る
他のメンバーと比べると、胴部に伸びがあって、さすがビワハイジの仔だけある。
筋肉がしっかりとついて、メリハリもあるだけに、マイル戦がこの馬にはベストだろう。
Pad4star

レッドアリオン →馬体を見る
一息入れて、馬体全体にはまだ余裕がある仕上がりであり、完調とは言い難い。
とはいえ、パワー全開の馬体に磨きがかかっているだけに、先行力はあなどれない。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment