« マイヒーロー、マンハッタンカフェ | Main | 新潟2歳Sを当てるために知っておくべき3つのこと »

ダービーフィズとビッグアーサーが文句なしの5つ☆

★札幌記念
トーホウジャッカル →馬体を見る
あまり贅肉がつかないタイプなのだろう、アバラが浮いたように見えて仕上がり良好。
線の細さは少し残してはいるが、全体的な筋肉のメリハリは実に素晴らしい。
Pad4star

ラストインパクト →馬体を見る
全体的に余裕残しの仕上がりには映るが、天皇賞春を激走した疲れは癒えている。
筋骨隆々の力強さに溢れる馬体には、距離短縮が必ずやプラスに働くはず。
Pad3star

ダービーフィズ →馬体を見る
前走とほとんど変わらないメリハリの利いた馬体で、全体のバランスも素晴らしい。
胴部が拳ひとつ分ほど伸びたように映るのは、きっちりと絞れたからだろうか。
Pad5star

ラキシス →馬体を見る
滞在競馬が合っているからか、腹回りにはまだ余裕があり、仕上がりは物足りない。
前走の宝塚記念が太かっただけに、今回は仕上げてくるだろうが心配は残る。
Pad3star

ヒットザターゲット →馬体を見る
華奢なイメージは相変わらずで、このメンバーに入るとパワーという点で見劣りする。
前走は走ったポジションが良かったが、さすがに今回勝ち切るだけの力は疑問。
Pad3star

ディサイファ →馬体を見る
昨年に比べてパワーアップはしているが、その分、馬体から軽快さが消えている。
まだ腹回りに余裕があり、もうひと絞りほしい馬体だけに本番までにどこまで。
Pad3star

ハギノハイブリッド →馬体を見る
前駆の盛り上がりは凄いものがあり、力の要る洋芝のコースは合っているのかも。
前に比べるとトモの実の入りも物足りないが、力は出し切れる仕上がりにある。
Pad3star

★北九州記念
ビッグアーサー →馬体を見る
どこからどう見ても典型的な短距離馬であり、全身から伝わるパワーがすごい。
顔つきを見ても闘争心にあふれて、さらに上を目指せる器であること間違いなし。
Pad5star

ベルカント →馬体を見る
若駒のころから馬体は細く、重賞クラスのメンバーに入ると線が細く感じてしまう。
それでもこれだけの成績を残せているということは、持って生まれたバネだろう。
Pad3star

ベルルミエール →馬体を見る
スプリンターらしい体型ではあるが、どこかに牝馬らしい線の細さも感じさせる。
表情を見ると、気性的に繊細な部分があるようで、スムーズに走られるかどうか。
Pad3star

サドンストーム →馬体を見る
年齢を重ねて、さらに馬体に逞しさをまし、つくべきところに筋肉が付いて来た。
闘争心満々な表情からも、体調は優れていて、勝ち負けになる仕上がりの良さ。
Pad4star

マヤノリュウジン →馬体を見る
筋肉のメリハリという点では物足りないが、レースを重ねてきた経験はある。
腹回りに少し余裕があるので、本番までにあとひと絞りできれば。
Pad3star

バーバラ →馬体を見る
以前にも増して実が入ってきて、短距離馬としての筋肉がついてきた。
筋肉の柔らかみと毛艶の良さが示すように、夏場に入って体調がピークを迎える。
Pad3star

|

Comments

Post a comment