« 変わらないためには変わり続けなければならない。 | Main | 札幌2歳Sを当てるために知っておくべき3つのこと »

非の打ちどころがない好馬体のペルソナリテ:5つ☆

★キーランドC
ティーハーフ →馬体を見る
前駆が勝っていて、その分、トモの肉付きに物足りなさを残している。
レース間隔は開いた影響はなさそうだが、前半ダッシュがつかない可能性がある。
Pad3star

スギノエンデバー →馬体を見る
前走よりも筋肉のメリハリがついてきて、体調はアップしていることは間違いない。
あばらが浮いているように、7歳馬にしては研ぎ澄まされた馬体で、力は出せる仕上がり。
Pad3star

エポワス →馬体を見る
凛々しい表情が伝わってくるように、気性の前向きさがあり、体調も良さそう。
胴部には長さがあり、血統的なイメージよりもスタミナは豊富にあるはず。
Pad4star

オメガヴェンデッタ →馬体を見る
前後躯に実の入った筋骨隆々のスプリンター体型で、十分なパワーが伝わってくる。
あとひと絞りできれば万全だが、表情からは気性の難しさがうかがえるのが心配材料。
Pad3star

レッドオーヴァル →馬体を見る
毛艶も素晴らしく、筋肉のメリハリも目立ち、全体のバランスも良い。
前走に比べて、仕上がりの面では雲泥の差があり、今回は力を出し切れる。
Pad4star

ローブティサージュ →馬体を見る
牝馬らしい線の細さが残っているが、大切な部分にはしっかりと実が入っている
精神的にどこまで回復したのか表情からは見えにくく、走ってみなければ分からない。
Pad3star

★新潟2歳S
ロードクエスト →馬体を見る
手脚が長く、スラリとした体型で、いかにも2歳馬らしく線の細さを残している。
顔つきからは素直な気性が伝わってくるように、レースでも安定して走ることができる。
Pad3star

ヒプノティスト →馬体を見る
手脚がやや短いことを除けば、馬体全体のバランスが良く、新潟のマイル戦は合うはず。
この馬も表情に素直さがあり、鞍上の指示にしっかりと従って走ることができそう。
Pad3star

キャプテンペリー →馬体を見る
キャリア1戦の2歳馬とは思えない好馬体で、力強さが前面に出ている。
もうひと絞りできるが、毛艶も筋肉の柔らかみも良く、馬体が実にフレッシュ。
Pad4star

ルグランフリソン →馬体を見る
重厚感はあるが、鈍さが残っているように、現時点での馬体の完成度が低い。
血統的にも馬体的にもパワーに溢れており、一瞬のスピード感はないが逃げてどこまで。
Pad3star

ウインミレーユ →馬体を見る
ステイゴールド産駒の牝馬にしてはふっくらとして、好感の持てる仕上がり。
気性の激しさは顔つきからも窺えるように、スムーズに走れるかどうか。
Pad3star

ペルソナリテ →馬体を見る
ステイゴールドと母父アドマイヤコジーンの良い面が出ている印象を受ける馬体。
2歳馬にしては完成度が高く、現時点では非の打ちどころがない好馬体。
Pad5star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment