« 調教、馬具、不慣れなレース出走で刺激を受け覚醒した馬を狙え | Main | マイルあたりがベストかもしれないマジェスティハーツ:5つ☆ »

海外競馬の馬券が買えるようになることで

Gooversea

早ければ来年度から、日本馬が出走する海外の大レースの馬券が買えるようになるらしい。年間20レース程度ということであり、凱旋門賞やドバイワールドカップ、メルボルンC、キングジョージ6世&クイーンエリザベスステークス、香港Cなどがパッと思い浮かぶが、他にはどのようなレースが選ばれるのだろう。そもそも日本馬が出走しなければ馬券は売られないのか、オッズや発売する馬券式別は独自に設定されるとはどういう形になるのか、など雲を掴むような話ではあるが、日本の競馬ファンにとっては世界の競馬へと目を向ける良いきっかけとなることは間違いない。

私たち日本の競馬ファンは、歯に衣を着せずに言うと、海外競馬のことにほとんど興味がない。これは競馬のブログを曲がりなりにも15年間運営してきた私の実感である。ひと頃、海外の競馬場に足を運び、レポートを書くという企画をしたことがあり、その足掛かりとしてシンガポールに渡ったことがある。かなりの時間やお金をかけてシンガポールの競馬について書いたつもりであったが、実際にはあまり読まれていなかった。その他、海外の競馬に関するエントリーを書いたこともあったが、その時も反応はイマイチであった。日本馬が出走しない海外の競馬やレースには日本の競馬ファンは興味を示さない、というのが私の結論である。

なぜかというと、馬券が買えないからである。日本の競馬は文化的にも興行的にも成功を収めているが、それは馬券というシステムに支えられている。ミスター競馬と称された故野平祐二氏は、「競馬は文化であり、スポーツである。単なるギャンブルではない。『競馬とばく』と呼ばれていた時代から『ギャンブル一辺倒からの脱却』、その実現のために苦しんできた。ギャンブルだけでは競馬は滅びてしまう。そういう恐怖におびえていたからだった」と語り、彼を筆頭とした多くのホースマンたちの多大な貢献によって、日本の競馬はギャンブル一辺倒から脱却し、ここまでの発展を遂げたのだ。日本の競馬の素晴らしさは、あやうく絶妙なバランスの上の、ギャンブルと文化、スポーツの見事な融合にある。

馬券が買えるようになることで、私たち日本の競馬ファンは世界の競馬も大いに楽しむことができるようになるだろう。文字通り世界に目を向けて、世界の競馬やレースを語り、それがきっかけとなって、実際に世界の競馬場に足を運んでみるという人も増えるはず。それは本当に幸せなことだ。世界の競馬の奥深さを知ることができ、競馬を通して私たちの地図が広がるだけではなく、競馬にもいろいろあって、様々な人々がいることを身をもって感じることができる。そして何よりも、日本の競馬の素晴らしさを知ることができる。私が海外の競馬場に足を運び、骨の髄まで遊びつくし、最後の最後に感じるのは、日本の競馬はなんて素晴らしいのだということだ。

Photo by 三浦晃一

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

次郎丸さん
こんにちは。
今週やっと優駿エッセイが書き上がり投函しました。
今日が締め切りだったからギリギリでした。
なんとか10枚書き上げましたが 文章にするというのは本当に難しいですね。
どうすれば思いが伝わるか?どう書けば読み手に深く印象を与えることができるか?等々考えたらきりがなくて上手く構成するのが更に難しく感じてきました。
文章を書くなんて学生時代の読書感想文以来で こんなに難しかったんだなぁと思いました。

海外の馬券が買えるなんて夢のような話ですよね。
海外の馬にも目を向けると さらに世界は広がりますよね。
マンノウォーやセクレタリアト 海外でも凄い馬がいたのを知ると また新たな発見でそこから世界が広がります。
少し前ですがレイチェルアレクサンドラて牝馬がいて その名前に惹かれ彼女を調べたことがあります。
ゼニヤッタに負けず劣らず強い牝馬でした。
こうやって見ると 私は強い牝馬が好きなんだと改めて思います。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | August 15, 2015 at 09:37 AM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

エッセイおつかれさまでした。

10枚でもひとつのストーリーを書き上げるのって、とても大変ですよね。

自分が体験したことでないと、書けないことも分かります。

海外の馬券が買えるなんて、本当に夢のようです。

これまでの凱旋門賞等でも、馬券を買っていたら、悔しさも2倍になったのだろうと思いますし、もしこの先、日本馬が制するようなことがあるとすれば、喜びも2倍になるはずです。

レイチェルアレクサンドラとゼニヤッタは同時代の素晴らしい牝馬でしたね。

ウオッカやダイワスカーレットたちと共に、強い牝馬の先駆け的存在だと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | August 15, 2015 at 07:27 PM

次郎丸さん
こんにちは。
馬券を握りしめながらレースを見るのと レースが終わって結果を見るだけでは全く違った感情がありますよね。
今日はレーヴディソールの初仔のアラバスターが勝って良い気分です。
さすがレーヴの仔だなぁなんて 思いながらしみじみジュースを飲んでます(お酒は苦手なので(>_<))
お母さんと同じ芦毛のかわいい牡馬です。
どこまで強くなるのか楽しみです☆

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | August 16, 2015 at 06:17 PM

次郎丸さん
こんにちは。
馬券を握りしめながらレースを見るのと レースが終わって結果を見るだけでは全く違った感情がありますよね。
今日はレーヴディソールの初仔のアラバスターが勝って良い気分です。
さすがレーヴの仔だなぁなんて 思いながらしみじみジュースを飲んでます(お酒は苦手なので(>_<))
お母さんと同じ芦毛のかわいい牡馬です。
どこまで強くなるのか楽しみです☆

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | August 16, 2015 at 06:17 PM

Post a comment