« 一口功労馬主 | Main | 関屋記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

ここに来て絶好調のノボリディア―ナ:5つ☆

★レパードS
ゴールデンバローズ →馬体を見る
よくぞここまでバランス良くつくると思わせられるほど、申し分ない立ち姿。
海外遠征明けをひと叩きされ、馬体は問題なく、中身が良化してきたら走るはず。
Pad4star

ノボバカラ →馬体を見る
父の馬体からはイメージできないほど、前駆が力強く、ダートは走りそう。
トモの肉付きは物足りないが、母系のフレンチデピュティの血が出ているのだろう。
Pad3star

アルタイル →馬体を見る
立ち姿や顔つきを見る限りにおいて、相当に気性が難しいタイプだろう。
馬体には力強さがあるが、全体的に幼さも残っていて、これから先良くなる馬か。
Pad3star

ディアドムス →馬体を見る
他の出走馬と比べると線の細さが目立つように、ダート戦にしては力強さに欠ける。
それでも手脚には長さがあり、馬体に実が入ってくれば、走ってくるはず。
Pad3star

クロスクリーガー →馬体を見る
こちらも父というよりは、母父のブライアンズタイムの血が出ている。
それでも、トモ高に映るあたりは、アドマイヤオーラの面影もあり好感が持てる。
Pad4star

ライトオンウインド →馬体を見る
胴部にしっかりと実がついている分、詰まって見えるが、力強さに溢れている。
前駆も盛り上がって、トモのボリュームもあり、前後のバランスも素晴らしい。
Pad3star

ダノンリバティ →馬体を見る
決してパワーがないわけではないが、腰高の馬体からはスピードを感じさせる。
その点においては芝の方が合いそうだが、毛艶は冴えて体調は良さそう。
Pad3star

★小倉記念
ベルーフ →馬体を見る
休み明けにしては余分な肉がついておらず、ほぼ問題なく仕上がって出走してくる。
3歳馬らしく筋肉に柔らかみがあるが、前駆と比べてトモの容積に物足りなさがある。
Pad3star

メイショウナルト →馬体を見る
ハーツクライ産駒らしく、派手さはないが、薄くて長距離が合いそうな馬体。
表情からは気性面で激しさがあるのだろう、スムーズに走ることができれば。
Pad3star

タガノグランパ →馬体を見る
手脚が短く、重心が低いにもかかわらず、胴部には長さがあるアンバランスさ。
そのためか距離適性が定まらないが、中距離線が現状としてはベストだろう。
Pad3star

ウインプリメーラ →馬体を見る
ステイゴールド産駒の牝馬らしからぬ、ふっくらとしてフレッシュな馬体を誇る
胴部はコロンとして、2000mの距離は微妙だが、前後の筋肉のメリハリは良い。
Pad4star

パッションダンス →馬体を見る
トモの肉付きが物足りなく、全体的に馬体の薄さを感じさせ、パワーが足りない。
首から前駆は鍛え上げられていて、車で言うと前輪駆動で走るタイプか。
Pad3star

ノボリディア―ナ →馬体を見る
胴部には余裕があるが、前後躯にしっかり実が入って力強さを前面に出した馬体。
筋肉には柔らかみがあって、毛艶も良く、ここに来て絶好調と言ってもよい。
Pad5star


|

Comments

Post a comment