« 新潟2歳Sを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 変わらないためには変わり続けなければならない。 »

極めてシンプル、競走馬は全成績で4つのタイプに分けられる。

Rensai23

私は昔、地方競馬巡りをしていた時期があり、初めて見る、横の関係も縦の関係も全く分からない馬たちのレースを予想する際に、全成績を見るというテクニックを重宝していた。全成績とは、馬柱の一番下にある、【1着・2着・3着・それ以外】という、その馬のこれまでの戦績を表した数字列のことである。全成績を見るだけで、その馬の大まかなタイプや強さを把握することができるのである。

全成績の数字列は大きく4つのタイプに分けられる。

1、逆三角形型
2、三角形型
3、ダイヤ型
4、砂時計型

 1の逆三角形型とは、【5・3・2・1】のような数字列である。全成績を縦に並べたとして考えてほしい(通常、馬柱は縦に並んでいるので)。上に一番大きい数字が並んでいて、下に行くにつれ数字は小さくなってきている。こういう逆三角形の成績を残してきた馬は、紛れもなく強い馬である。勝ち切るだけの決め手を持っているし、どんな条件や相手だろうと、その力をいかんなく発揮できる馬である。こういう馬は安心して買っていい。

 2の三角形型とは、【1・2・3・5】のような数字列である。逆三角形型の正反対と考えてほしい。上の数字が一番小さくて、下に行くにつれ数字は大きくなる。こういう成績を残してきた馬は、あまり強くはない馬である。ほとんど勝ち負けに加われないことが多く、よほど条件や相手に恵まれた時だけ好走することが可能である。

(続きは週刊Gallopにて)

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment