« 騎手の総合力を示す連対率、“3割騎手”の手綱さばきに注目 | Main | 菊花賞を当てるために知っておくべき3つのこと »

前走の出来を維持しているタッチングスピーチ:4.5つ☆

タッチングスピーチ →馬体を見る
手脚や胴部に十分な長さがあり、距離は延びれば延びるほど良さが出そう。
飼葉食いの影響か牝馬らしく腹回りに寂しさがあるが、前走の出来を維持している。
Pad45star

ミッキークイーン →馬体を見る
オークスを制した馬とは思えないほど、幼さが残っていて未完成の馬体。
それでも気性の良さが手伝っているのか、今回も力は十全に出し切れるはず。
Pad3star

レッツゴードンキ →馬体を見る
2歳時から完成度が高く、それゆえに夏を越しても馬体の成長は感じられない。
いかにもマイラーといった筋肉の付き方と骨格であり、今回は距離をどうこなすか。
Pad4star

トーセンビクトリー →馬体を見る
美しいシルエットとバネを感じさせた母と比べると、幼さが残り未完成な馬体。
筋肉のメリハリにも乏しく、これで走っているのは母から受け継いだバネゆえか。
Pad3star

アンドリエッテ →馬体を見る
首がスラリと長く、馬体もすっきりとして、距離は2000mぐらいが丁度良さそう。
この馬も夏を越しての馬体の成長があまりなく、春勢力を逆転するのは難しい。
Pad3star

シングウィズジョイ →馬体を見る
前後躯ともにしっかりと実が入り、牝馬らしからぬ力強さを感じさせる好馬体。
黒光りする毛艶からは体調の良さが伝わってくるが、あとは距離が持つかどうか。
Pad4star

クイーンズリング →馬体を見る
腹回りに余裕があるので分かりにくいが、胴部に長さが出て、距離面での心配はない。
もうひと絞りほしい馬体が、レースまでにきちんと絞れてくるかどうか。
Pad3star

クインズミラーグロ →馬体を見る
特に前駆の盛り上がりが素晴らしく、マンハッタンカフェ産駒の中でもパワー寄り。
その分、トモの実の入りが物足りなく、腰が落ちているように映るが、問題はない。
Pad3star

ディープジュエリー →馬体を見る
馬体のアウトラインはさすがのディープインパクト産駒で、将来性は高い。
それでもまだ筋肉のメリハリは乏しく、付くべきところについていない現状は否めない。
Pad3star

ホワイトエレガンス →馬体を見る
いかにもクロフネ産駒らしい力強さと、重心の低さがあり、小回りコースは合う。
そうはいっても、ダート馬の馬体とはまた違い、芝のレースでこそ力強さが生きる。
Pad4star

ココロノアイ →馬体を見る
毛艶が冴えず、やはり休み明けという印象はぬぐえないが、表情は落ち着いている。
全体的に力強さが伝わってくる馬体で、距離は2000mぐらいまでが適性か。
Pad3star

|

Comments

治郎丸さんいつもお疲れ様なんです( *・ω・)ノご無沙汰しております( ・∇・)治郎丸のパドックで馬の雰囲気を感じるとゆうことを実践してるんですが最近ちょっと気になることがあり治郎丸さんのわかる限りで良いのですがパドックで馬が周回しているときに歯ぎしりのような音が聞こえる馬がたまにいるんですが…あの歯ぎしりのような音はどこからの音なんですかね?ちなみにその音がした馬は必ずそのレースで連帯悪くても掲示板に載るのですがなんらか関係はあるのですか?よろしくお願いしますm(__)m

Posted by: ユビキタス | October 19, 2015 at 08:04 AM

ユビキタスさん

こんにちは。

パドックにおける歯ぎしりですか…。

私は聞いたことがない(聞こえていない?)ので何とも実感がありませんが、そういう馬は好走するのですね。

ユビキタスさんにしか聞こえない天啓なのかもしれません(笑)。

もしかすると、馬に気合が入っているので、しっかり口を閉じて歯ぎしりするのかもしれませんね。

人間でも気持ちが入ると歯に力が入りますし、重い物を持ち上げたりするときに奥歯を噛みますからね。

あまりお答えになってなくてすいません…

Posted by: 治郎丸敬之 | October 19, 2015 at 12:09 PM

Post a comment