« 偶然さえも必然に変えることができるはず | Main | 日高まつりだ »

リアファルは長距離馬のシルエット:5つ☆

リアルスティール →馬体を見る
春シーズンに比べると、子供っぽかった馬体が少しだけ大人びてきた印象。
毛艶も筋肉のメリハリも素晴らしいが、胴部は短く、決して長距離向きではない。
Pad4star

サトノラ―ゼン →馬体を見る
この馬は春から大きな成長が見られず、良い意味で馬体そのものは変わっていない。
顔つきを見る限り、気性面で安定しており、距離が延びることに不安は全くない。
Pad3star

リアファル →馬体を見る
前駆が特に力強く、トモに実が入って腰高に映るように、パワー優先の馬体。
とはいえ、手脚や首はスラリと長く、馬体全体のシルエットは長距離馬のそれ。
Pad5star

アルバートドック →馬体を見る
前後躯にきっちりと実が入って力強さはあるが、それ以外の部分は未発達の印象。
顔つきを見ても幼さを残しており、もう少し成長を待ちたい、先々に期待の馬。
Pad3star

ペルーフ →馬体を見る
休み明けの2戦は腹回りにもかなり余裕が目立ったが、叩かれてだいぶ絞れてきた。
それでも、馬体全体の筋肉量の多さや首の太さを見ると、長距離向きとは言いがたい。
Pad3star

キタサンブラック →馬体を見る
前走は休み明けの割にはギスギスしていたが、叩かれて毛艶も筋肉の張りも蘇った。
手脚や胴部には十分な長さがあり、血統的には疑問も、距離が延びても問題ない馬体。
Pad4star

タンタアレグリア →馬体を見る
馬体のシルエット自体は距離延長にたえられるが、それ以前に馬体に幼さが残っている。
筋肉のメリハリも今ひとつで、顔つきを見てもあどけなさがあり、素質だけで走っている。
Pad3star

ブライトエンブレム →馬体を見る
2歳時から立派な馬体を誇っていて、夏を越してもシルエットの良さは相変わらず。
馬体に硬いところがあるのだろうか、走って今ひとつで、距離延長はマイナスだろう。
Pad3star

ミュゼエイリアン →馬体を見る
この馬はいつも馬体を良く見せるタイプだが、今回は毛艶が落ちて、下降線を辿っている。
背中が垂れているように見えるのはこの馬の特徴であり、気にする必要はないだろう。
Pad3star

ジュンツバサ →馬体を見る
いかにもステイゴールド産駒らしい、線が細くて、非力さを感じさせる馬体。
それでもつくべきところには筋肉がついて、スムーズに流れに乗れれば切れるかも。
Pad4star

マッサビエル →馬体を見る
馬体全体のシルエットは、どちらかというと距離が延びてこそのタイプに映る。
母父にサンデーサイレンスが入っており、表情を見ても気性的に長距離はどうか。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment