« 古馬らしくなったミッキーアイル:5つ☆ | Main | 毎日王冠を当てるために知っておくべき3つのこと »

ひたすら真っ直ぐに

Sprinterss15
スプリンターズS2015―観戦記―
アクティブミノルが好スタートを決め、そのまま先頭に立つかと思いきや、ハクサンムーンが強引にハナを主張し、内枠の利を生かしつつ第1コーナーでは先頭を奪った。この争いを見て、大方の予想通りに流れが速くなると感じた騎手も多かったはずだが、結果的には、前半の600mが34秒1、後半が34秒0という平均ペースが刻まれ、スプリントG1としてはかなり遅い流れ。その証拠に、ハイペースだと外のポジションが有利になるのが常であるが、今回、バテて下がってくる馬もおらず、上位を占めたのは内を進んだ馬たちであった。馬群の内で最後まで脚を溜められたかどうかが勝敗を分けた。

1番人気に推されたストレイトガールは順当勝ちだろう。これまでは使い詰めで調子が落ちていたり、逆に休み明け(海外遠征明け)であったりと、G1のスプリント戦ではなぜか歯車が噛み合わず、逆にスローペースに流れたヴィクトリアマイルで初G1勝利を飾ったりしたが、この馬の本質はスプリンターである。スローペースの中、馬群の外を回らされ敗れてしまった前走をひと叩きされ、今回は走れる仕上がりになっていた。ラストランとなる香港スプリントに向けてさらに調子を上げてくるはずで、あのエアロヴェロシティに一矢を報いてほしい。

戸崎圭太騎手の落ち着いた手綱さばきも光った。道中は内でも外でも開いたスペースに出せる位置に馬を置き、最後の直線に向くまで追い出しを我慢し、進路が開いた瞬間を見逃さずにゴーサインを出して馬群を割った。もうひとつ前の(サクラゴスペルが走った)ポジションが理想的だったにもかかわらず、そんな素振りを全く見せず、よくぞあそこまで動かずにいられたと思う。ストレイトガールの力と状態の良さを信じていたからこその、ソツのない見事な騎乗であった。

横山典弘騎手のエスコートに応えて、、サクラゴスペルは休み明けをものともせずに2着に食い込んだ。スプリンターというよりは、一瞬の脚の使いどころが極めて難しい馬だけに、今回のようにロスのない競馬ができたときには光る末脚を発揮できる。それだけ、レースの流れやポジションに着順が左右されてしまうということだが、今回に限っては、全てにおいて非の打ちどころのなかった。

惜しかったのは3着に入ったウキヨノカゼか。最後の脚は際立っていたが、前半にどうしても置かれてしまうタイプだけに、G1レベルのレースになると、前に行く馬を全て飲み込むのは難しい。脚を余してしまったというよりは、さらに前の位置から伸びる馬がいたということだ。この馬自身は、最高の仕上がりで、力を十全に出し切った。休養を挟んで馬が立て直され、完全に本格化した。

ミッキーアイルは序盤にハミをかなり噛んでしまったことが、最後に響いた。もう少しペースが上がってくれた方がレースはしやすかったが、あれだけガツンと行ってしまうと、いくらスプリント戦とはいえ最後までもたない。それでも踏ん張っているので能力は高さは認めつつも、この馬が大成するかどうかは、力の使いどころをどう教えていくかにかかっている。ウリウリは外々を回らされたことで、突き抜けられなかった。後方から行って一瞬の末脚を生かすタイプであり、ポジション取りを含めて、この馬も最高に上手く乗らないと勝てない、乗り難しい馬である。サマースプリントシリーズの王者であるベルカントは、やや調子が下降線を辿っていたか。決して厳しい流れではなかったにもかかわらず、最後は手応えがなかった。

Photo by 三浦晃一

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment