« 菊花賞を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 京都芝3000m »

激流


秋華賞2015―観戦記―
大外からノットフォーマルが飛び出し、その勢いに引き寄せられるかのように後続の馬たちも挙って第1コーナーに殺到した。あっと言う間に隊列は縦長になり、この時点において、レースが速く流れていることは明らか。前半1000mの57秒4は秋華賞史上最も速く、後半は59秒5だから、時計的にも究極のハイペースとなった。一流のジョッキーは、スタートしてからの数完歩でペースを見極めると言われる。いち早くハイペースに気づき、馬のポジションを下げることができたか、そして馬群のさばき方から仕掛けのタイミングに至るまで、ジョッキーの一瞬の判断が着順に大きく左右したレースであった。

そんな中でも、勝ったミッキークイーンは中団からレースを運び、先を行く馬たちを射程圏に入れ、最後の直線で力強く抜け出して完勝した。ペースが速くなったことで、外枠から発走したことが功を奏し、外にポジショニングできたことが有利に働いたことは確かだが、それでもこれだけのペースを積極的に追走し、後続を凌ぎ切ったのだから一枚力が違った。桜花賞にこそ出走が叶わなかったが、牝馬3冠に相応しい実力の持ち主である。馬体だけを見ると、完璧に仕上げ切っているわけではなく、まだ成長の余地を残しており、これから先が楽しみな馬である。次走のエリザベス女王杯では、引っ掛かるタイプの馬ではないため、たとえスローに流れてもギリギリ我慢できるはず。

浜中俊騎手は昨年に引き続き、秋華賞を2連覇した。昨年はショウナンパンドラを完璧にエスコートし、今年もミッキークイーンの力を十全に発揮させた。京都芝2000mコースにおける乗り方を知り尽くしており、激流の中、積極的に前を攻めながら、できるだけコースロスを避けて内に潜り込む。特筆すべき身体能力を持つからこそ可能になる騎乗スタイルであり、昨年は岩田康誠騎手、今年はミルコ・デムーロ騎手の追撃を振り切れたのは、一瞬の的確な判断を積み重ねて正確に実行できたことに理由がある。全体的には荒削りな部分もあるが、京都芝2000mに限っていえば、上記のようなトップジョッキーを凌ぐ存在である。

クイーンズリングはM・デムーロ騎手の好判断が光った。スタートしてからすぐにハイペースに気づき、とっさに手綱を絞った。馬の気持ちに任せて進んでいたとしたら、おそらく掲示板はなかったのではないか。惜しむらくは、最終コーナーを回るときに、あとワンテンポ仕掛けを待ち、あと1頭分内の馬群を割ることができれば、ゴール前はもっと際どかったはず。クイーンズリング自身は、1400mのフィリーズレビューを勝っているが、本質的には中距離馬であり、今回は適距離でレースの流れにも乗って、力を発揮してみせた。

強いレースをしたのは3着に入ったマキシマムドパリであろう。前半から積極的に先行し、これだけのハイペースを追走したにもかかわらず、最後まで脚が上がらなかった。こういう厳しいレースでも音を上げないのはキングカメハメハ産駒の特徴であり、ゆったりと流れて瞬発力勝負になるよりも合っている。道中で外にポジションを出した、幸英明騎手の好判断も生きた。

前哨戦のローズSを勝ち、2番人気に推されたタッチングスピーチは、外々を回されてしまい、なし崩し的に脚を使ってしまったことが悔やまれる。人気を背負っているので、ある程度外を回しても動いていかなければならないのは確かだが、最後の直線に向く頃にはすでに脚は残っていなかった。一か八か、内を突くような乗り方をするべきであったかもしれない。トモに実が入り切っていない現状において、今回のような厳しいレースでは弱さが露呈してしまった。同じことはトーセンビクトリーにも当てはまり、馬体が未完成であるがゆえに力を発揮できなかった。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment