« あの日、彼らと共に走った | Main | キングカメハメハ産駒の最高形 »

これ以上望めない仕上がりイスラボニータ:5つ☆

ラブリーデイ →馬体を見る
手脚が短く重心が低いため、距離は2000m前後がベストであろう。
前後に豊富な筋肉がつき、いかにもキングカメハメハ産駒の完成形らしい。
Pad4star

ラストインパクト →馬体を見る
前走は若干余裕があったが、今回は馬体が枯れて映るぐらいまで絞ってきた。
秋の3戦を見据えてというよりは、ここに照準を定めての仕上がりと言えるだろう。
Pad4star

スピルバーグ →馬体を見る
毛艶や筋肉の柔らかみは昨年の絶好調時と変わらないが、立ち姿のバランスが悪い。
首が高く、腹回りに余裕があるため、馬体全体のシルエットに美しさが欠ける。
Pad3star

サトノクラウン →馬体を見る
2歳時から全体的に伸びがあって、サラブレッドの理想的なシルエットを誇る。
とはいえ、やはり休み明けであることは否めず、もうひと絞りほしい仕上がり。
Pad4star

ディサイファ →馬体を見る
前駆の盛り上がりと鍛えられ方が素晴らしく、ここに来てパワーがついてきた。
馬体を見る限りにおいては、夏の疲れは感じられず、好調をキープしている。
Pad3star

イスラボニータ →馬体を見る
3歳時はトモに薄さと物足りなさがあったが、ようやく実が入って力強くなってきた。
この馬としては完璧な馬体で、表情も良く、これ以上は臨めない仕上がりにある。
Pad5star

ショウナンパンドラ →馬体を見る
このメンバーに入ると線の細さを感じざるを得ないが、末脚の破壊力は相当なもの。
昨年時は馬体の成長を期待していたが、この馬の体型であり、力は出し切れる仕上がり。
Pad3star

エイシンヒカリ →馬体を見る
牡馬としては力強さに欠ける馬体であり、それでここまで走るのだから資質は高い。
前駆に比べるとトモの薄さが目立つだけに、パワー勝負になると苦しいだろう。
Pad3star

カレンミロティック →馬体を見る
いつもふっくらとしていて、カイ葉食いの心配がない反面、絞り切るのが難しい。
今回もやや余裕を残している仕上がりで、最後の詰めの甘さにつながってしまうかも。
Pad3star

アンビシャス →馬体を見る
古馬になれば、さらに筋肉のメリハリが出て、素晴らしい馬体になりそうな馬。
腹回りに少し余裕があるが、現時点でも立派な立ち姿であり、力は出し切れるはず。
Pad3star

ワンアンドオンリー →馬体を見る
ようやく良かったころの出来に回復しつつあり、ダービーの疲労から回復しつつある。
古馬としては幼さを残している馬体ではあるが、まとまりはあり大崩しない馬体である。
Pad3star

ヴァンセンヌ →馬体を見る
前走もそうであったように、腰が高くて、いかにもスピード優先といった馬体を誇る。
その点においては、距離延長はプラスには働かないが、叩かれて体調はアップしている。
Pad3star

|

Comments

Post a comment