« 休養明けの馬の取捨は、その休養への入り方も考慮すべし | Main | 集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第4回) »

顔つきも精悍で文句なしアンビシャス:5つ☆

★毎日王冠
スピルバーグ →馬体を見る
昨年秋のように研ぎ澄まされた感じはないが、休み明けにしては仕上がりが良い。
前駆に比べてトモの肉付きが甘いのはこの馬の特徴で、今回も後ろからの競馬になるか。
Pad3star

イスラボニータ →馬体を見る
古馬になって成長を期待していたが、休み明けもあってか、筋肉のメリハリに乏しい。
それでもトモにボリュームは少し出てきたし、気性面は相変わらず素直そうで何より。
Pad3star

エイシンヒカリ →馬体を見る
前駆に力強さがあり、腰高でスピード感はあるが、このメンバーに入ると線が細い。
耳を後ろに絞っているように、気になるところがあるのか、煩さを見せている。
Pad3star

アンビシャス →馬体を見る
休養を挟んで、筋肉にメリハリが出て、さらに素晴らしい馬体になってきている。
母父エルコンドルパサーの成長力が生きているのか、顔つきも精悍で文句なし。
Pad5star

ヴァンセンヌ →馬体を見る
筋肉量が豊富で、いかにもマイラーといった力強さに溢れる馬体だが、やや余裕残し。
それでも、闘争心に溢れる表情を見ると、休み明け初戦から力を出せるタイプか。
Pad3star

ダノンシャーク →馬体を見る
若駒の頃と比べると、見違えるほどに馬体にボリュームが出て、古馬らしい馬体。
後ろ脚をつく位置が後ろのため背中が垂れているように映るが、バランスは問題なし。
Pad4star

★京都大賞典
ラブリーデイ →馬体を見る
肩から胸にかけての筋肉の付き方はさすがG1ホースで、休み明けでも仕上がりは良好。
あとは春シーズンに激戦を走り続けてきた精神的な疲れが癒えているかどうか。
Pad4star

ワンアンドオンリー →馬体を見る
3歳時と変わらないコンパクトな馬体であり、反面、成長が見られないことも確か。
休み明けとしては、筋肉が柔らかく、疲れが抜けて十分な回復が感じられる。
Pad3star

サウンズオブアース →馬体を見る
このメンバーに入っても他馬と比べて手脚が長く見えるように、典型的なステイヤー。
前後のバランスはあと一歩だが、毛艶も良く、初戦としては力を出し切れる仕上がり。
Pad3star

ラキシス →馬体を見る
昨年のエリザベス女王杯時に比べると、後躯の実の入りが物足りなく寂しい。
重馬場の産経大阪杯を勝った疲れが取れていないのか、もっとふっくらさがほしい。
Pad3star

レコンダイト →馬体を見る
胴部には斑点が浮いているように、仕上がりは悪くないが、随所に余裕が残っている。
手脚が短く、重心が低いにもかかわらず、長距離適性があるのは、いかにもハーツクライ。
Pad3star

カレンミロティック →馬体を見る
この馬もハーツクライ産駒であり、馬体的には中距離馬だが、豊富なスタミナを有している。
顔つきを見ると、体調や仕上がりは今ひとつで、今回はどこまで走れるか。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment