« 筋肉のメリハリが素晴らしいラブリーデイ:5つ☆ | Main | チャンピオンズCを当てるために知っておくべき3つのこと »

誰かの願いが叶うころ

Japancup2015
ジャパンカップ2015―観戦記―
カレンミロティックが積極的に引っ張ったことで、前半1200mが71秒6、後半が73秒1という、近年のジャパンカップにしては珍しい淀みのない流れとなり、スピードとスタミナの融合が求められるレベルの高いレースとなった。前傾ペースである以上、後ろから行って脚をためた馬たちに有利になるのだが、それと共に、最後の直線では瞬発力(一瞬のスピード)も要求され、ジャパンカップに相応しい実力が問われる舞台。ゴール前は横一線となり、ハナや首差の勝負となったように、実に見応えがあった。このような激しいレースを世界は求めている。

勝ったショウナンパンドラは、3歳時から馬体重こそ変動はないが、誰が見ても分かるほどに馬体が大きく成長した。今年の春までは線の細さや牝馬らしさを引きずっていたが、ここに来て馬体がパワーアップしている。前走の天皇賞秋では、外枠からスローペースの外を回らされて末脚が不発に終わったが、今回はレースが流れたことで、この馬の差し脚が最大限に生きた。瞬発力勝負で牡馬を交わしたのではなく、真っ向勝負で世界の馬たちも負かして頂点に立ったのだから、文句なしに強い牝馬である。想像を絶する成長力の源を考えてみたとき、やはり行き着くのはゴールデンサッシュ(ステイゴールドの母)、ダイナサッシュ(サッカーボーイの母)と綿々と続く母系の血である。

池添謙一騎手は絶妙な手綱さばきでショウナンパンドラを勝利に導いている。ペースが速くなったことが功を奏した面はあるが、道中は外から馬群のゴチャつきを避けて追走することができ、ショウナンパンドラの脚をためることに専念していた。秀逸だったのは、第4コーナーを回る勝負所で、他馬よりもひと呼吸置いて、直線に向くのを待ってから追い出したことだ。そして、前が開かずも焦らず、冷静にレース全体を見られていた。これだけの高額賞金が懸かった大レースで、あそこまで肝の据わった騎乗ができるのは、スイープトウショウやオルフェ―ヴルに跨ってきた経験があるから。今回は自分の腕で手に入れた勝利である。もし叶うならば、来年はこの馬と一緒に凱旋門賞に行ってもらいたい。

内ラチ沿いの経済コースを終始走り、内を突いて2着に突っ込んだラストインパクトも渾身のレースをしている。究極の仕上げとR・ムーア騎手の壮絶なライディングに後押しされて、自身の持てる力を最大限に発揮した。ムチを手放してしまったのは話のおまけであって、それで馬が気を抜いたわけではなく、大きな影響はなかった。勝った馬が一枚上であった。私は天皇賞秋でこの馬を買っていたので、より実感が湧くのは、きっちりと仕上げられた馬に超一流のジョッキーが跨ると走るということ。

1番人気のラブリーデイは積極的にポジションを取りに行き、横綱相撲をして敗れたのだから、負けて強しと考えてよいだろう。僅かに負けてしまった理由としては、ペースが速く前に行った馬にとっては厳しいレースであったこと、その分、2400mの距離が最後にこたえたこと、そしてもうひとつ、春シーズンから使い詰めで来ている(肉体的というよりは)精神的な疲れが見え始めていることが挙げられる。それでもこの馬は強くなったし、よく走っていると。決して歴史に名を残すような最強馬にはなれないかもしれないが、よくまとまっていて、隙がないタイプのサラブレッドである。

ゴールドシップはペース的にはハマって、この馬なりによく伸びているが、切れ味勝負では分が悪かった。休み明けをひと叩きされて、次走の有馬記念では体調はアップするはずだが、それ以上にこの馬の場合は気持ちの問題が大きく、掴み切れないところがある。ミッキークイーンは初の古馬との対戦で激しいレースを強いられ、好走は叶わなかった。私たちの期待が大きすぎただけで、これがこの馬の今の力であろう。まだ馬体が幼く、線の細さが残っている馬だけに(かつてのショウナンパンドラがそうであっったように)、肉体的に成長すれば来年以降はさらに強い馬になるはずである。

最後に海外馬で再先着を果たしたフランスのイラプトは、最後の直線であわやという伸びを見せた。3歳馬にして初の長距離輸送でもへこたれておらず、精神的にも安定して強く、道中も鞍上の指示をしっかりと聞ける賢さもある。第1コーナーと最終コーナーの両方のゴチャつきに巻き込まれてしまった上でのこの走りだけに、しかも日本のスピードトラックに対応したことを考えると、この馬の将来性は高い。このまま無事に成長すれば、来年度は欧州のトップホースとなり、日本馬を迎え撃つ最大の敵となるだろう。

Photo by 三浦晃一


|

Comments

なんかタイトルと記事が乖離してるような。。
宇多田ヒカルの曲名が、JCにどう結びついたのか、ちょっと興味があります。

Posted by: ネズ | November 30, 2015 at 09:36 PM

ネズさん

分かりにくい、自分勝手なタイトルですいません(笑)

オルフェ―ヴルを凱旋門賞のときに降ろされて、その後のジャパンカップでもジェンティルドンナに敗れた池添騎手にとって、ジャパンカップに勝つことは悲願であったと思います。

それは世界に向けて自分の名を発信することにもつながりますし、また来年もしショウナンパンドラと共に凱旋門賞に行くことができれば、さらに願いが叶うかもしれない、そんな期待を抱くほどショウナンパンドラは強くなっていたという意味を込めました。

私が宇多田ヒカルのファンであるからということでもあるのですが(^^)

Posted by: 治郎丸敬之 | December 01, 2015 at 09:11 AM

次郎丸さん
ずっと願っていたことが今日 現実となりました。
有馬記念のゴールドシップに内田騎手がきまりました。
ほんとうれしくて泣きました。
もう一度このコンビが見たいと幾度も思い、だけど その度に もうそれはありえないと どこかで諦めもありました。
もうゴールドシップが勝ったような気分です。
なんとなく オグリキャップのラストランがだぶります。

1990年12月23日 有馬記念

オグリキャップがラストランで勝つことを本当に信じていたものがどれだけいただろう。
奇蹟。
天から降ってくるのではなく、この地上の瞬間がつみかさなってつくられるもの。
競馬は時々 それを僕らに見せてくれる。
オグリキャップ 復活。ラストラン。

神はいる。そう思った。

そして ワンアンドオンリーには浜中騎手が騎乗することになったようです。
ワンアンドオンリーがダービー馬となったあの日。 2月23日という絆で結ばれたチームは いまはもう存在しないんですよね。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | December 02, 2015 at 11:24 PM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

そうなんですか、内田騎手が再び跨ることになったのですね。

私は個人的には、ゴールドシップには内田騎手が最も合っていると思いますので(ムーア騎手も素晴らしいですけどね)、ラストランには相応しいコンビだと思います。

有馬記念のコースを考えると、捲っていくしか勝ち目はないと思いますので、もうとにかくビッシリと追ってきてもらいたいですね。

たしかにゴールドシップが有馬記念で勝って引退したら、オグリキャップのようだなあ。

Posted by: 治郎丸敬之 | December 03, 2015 at 09:24 AM

Post a comment