« 男勝り | Main | 母の父に支えられて »

馬体はふっくらとしているルージュバック:5つ☆

ヌーヴォレコルト →馬体を見る
若駒のころからの線の細さは相変わらずで、これがこの馬の馬体の特徴だろう。
毛艶はそれほど良くはなく、筋肉のメリハリも乏しく、特に強調材料はない。
Pad3star

ルージュバック →馬体を見る
春シーズンの肉体的、精神的な疲れはほぼ回復して、馬体はふっくらとしている。
あとはぶっつけ本番になる分、肉体面よりは内面が仕上がっているかどうか。
Pad5star

マリアライト →馬体を見る
いかにもディープインパクト産駒らしく、バランスが取れて、筋肉が柔らかい馬体。
好馬体ではあるが、前駆に比べるとトモの肉付きが薄いところだけが物足りない。
Pad3star

ラキシス →馬体を見る
力強さが馬体に漲っていた昨年時に比べると、どうしても迫力に欠けるのは否めない。
とはいえ、どこが悪いという箇所もなく、この馬の力は発揮できる仕上がりにある。
Pad4star

タッチングスピーチ →馬体を見る
手脚が長く、胴部にも長さがある馬体を見る限り、距離が延びてこそ良さが出そう。
前走のようなハイペースだとトモの甘さが出るので、スローに流れたらチャンス。
Pad4star

クイーンズリング →馬体を見る
胴部は実が詰まっていて、ここに来て、馬体に力強さが前面に出てきた。
そういう意味では、2000mまでがギリギリで、距離が延びてプラスはない。
Pad3star

フーラブライド →馬体を見る
6歳馬ではあるが、馬体的な衰えは全く感じさせず、コンスタントに力は出せる。
顔つきを見ても、気の強さが伝わってきて、馬体を併せたら良さが出るだろう。
Pad3star

スマートレイヤー →馬体を見る
胴部にやや余裕があるように映るのは、馬体がマイラーにシフトしてきたから。
府中のマイル戦まではこなせても、この馬にとって京都の2200mはやや長い。
Pad3star

ノボリディア―ナ →馬体を見る
手脚が長く、首がスラリと伸びているように、2200mの距離は問題ない。
血統的にはマイル前後を得意としそうだが、表情も穏やかでこれぐらいがベスト。
Pad3star

シャトーブランシュ →馬体を見る
あばらが浮いて映るように、仕上がりは良く、力は出し切れる出来にある。
馬体だけを見ると、ここといって秀でている部分がなく、マイナスもない。
Pad3star

|

Comments

Post a comment