« 集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第5回) | Main | エリザベス女王杯を当てるために知っておくべき3つのこと »

前後躯にしっかりと実が入ったレーヴミストラル:5つ☆

★アルゼンチン共和国杯
ゴールドアクター →馬体を見る
馬体のシルエットはゆったりとしていて、長距離馬としての資質が伝わってくる。
まだ馬体が緩く、付くべきところに筋肉が付いていないが、将来性は高い。
Pad4star

マイネルフロスト →馬体を見る
胴部の長さは中距離馬のそれであり、2500mの距離は馬体的にはやや長い。
芦毛のため毛艶は分かりにくいが、筋肉には柔らかみがあり、仕上がりは良さそう。

ヒラボクディープ →馬体を見る
ディープインパクト×ストームキャットという理想的な配合であり、馬体にも長さがある。
筋肉が付き切っていないというよりは、やや線が細く映るのはこの馬の体型的な特徴か。
Pad3star

レーヴミストラル →馬体を見る
いかにもキングカメハメハ産駒らしい力強さが漲っていて、瞬発力もありそうな馬体。
やや腰高で2500mの距離はギリギリだが、前後躯にしっかりと実が入っている。
Pad5star

サトノノブレス →馬体を見る
腹回りに余裕があるように、もうひと絞りもふた絞りも必要な太目残りの馬体。
顔つきからも覇気が伝わってこず、最終追い切りでどこまで変わってくるか。
Pad3star

フラガラッハ →馬体を見る
ここに来て胴部に少しずつ伸びが出ているように、母父トニービンの影響が出ている。
それでも前後の筋肉の付き方をみると、2500mの距離はギリギリだろう。
Pad3star

★みやこS
ダノンリバティ →馬体を見る
いかにもパワータイプで、馬体がコロンとして映るように、距離は2000mが限界。
筋肉のメリハリが増して、前後躯にしっかりと実が入り、ダート馬らしくなってきた。
Pad4star

マイネルクロップ →馬体を見る
前駆が勝っているように、前輪駆動のパワーに任せた走りは、ダートには合っている。
顔つきからは気性の良さが伝わってきて、砂を被っても難しさを見せることはない。
Pad3star

モンドグラッセ →馬体を見る
さすが3連勝中の馬だけあって、馬体には張りがあり、毛艶も良く、パワーが漲っている。
手脚が長く、芝のレースでも走れそうだが、血統的にはダートに強い血が入っている。
Pad3star

クリノスターオー →馬体を見る
良かった頃の馬体と比べると、どうしても全体のシルエットがアンバランスに映る。
筋肉のメリハリはあるが、前駆の力強さに比べて、トモが薄いのが欠点だろう。
Pad3star

ローマンレジェンド →馬体を見る
ここ最近は肉体的にも精神的にも参っていたが、ようやく全盛期の馬体に近づいてきた。
あとはひと叩きされて、もう1枚皮膚が薄くなり、柔らかくなってくるとベストか。
Pad3star

ソロル →馬体を見る
腰高の馬体が象徴しているように、本来はパワーとスピードで押していくタイプ。
胴部には長さが十分にあってスタミナに心配はないが、表情から難しいところがあるかも。
Pad3star


|

Comments

Post a comment