« 残っている者は | Main | 涙が出るほど »

表情が全てを物語るサウンズオブアース:5つ☆

ゴールドシップ →馬体を見る
少しだけ腹回りに余裕があるが、それでもラストランに向けてきちっとつくってきた。
手脚や胴部が長く、どこにも窮屈さのない理想的なサラブレッドでありステイヤー。
Pad4star

リアファル →馬体を見る
菊花賞時よりも筋肉のメリハリは増して、特に前駆の盛り上がりは素晴らしい。
ただ、耳を絞っているように、気性面で難しさがあり、スムーズなレースが望まれる。
Pad3star

マリアライト →馬体を見る
ショウナンパンドラほどではないが、やや毛艶はくすんでおり、体調はよくて平行線か。
それでも前駆には力強さがあり、トモは物足りないが、その分、距離が長い方が良い。
Pad3star

ルージュバック →馬体を見る
コロンとして映るように、体型的には2500mの距離が適しているとは思えない。
このメンバーに入ると馬体は幼く映り、あとはこの馬の資質でどこまで走れるか。
Pad3star

ラブリーデイ →馬体を見る
春から一貫してその馬体の力強さを維持しており、馬体からは調子落ちは感じられない。
手脚が短く、重心が低いため、あえて言うならば、距離はもう少し短い方が合っている。
Pad4star

アルバート →馬体を見る
胴部がスラリと長く、母父ダンスインザダークの影響か、典型的なステイヤーの馬体。
前後のバランスも素晴らしく、筋肉のメリハリもあって、ほぼ満点に近い仕上がり。
Pad4star

ゴールドアクター →馬体を見る
首から前駆にかけての力強さがあり、力を要する冬の馬場はこの馬には合っているはず。
ただトモのつくりはまだ物足りなさがあり、ここが良くなればもっと強くなる。
Pad3star

キタサンブラック→馬体を見る
前走時の馬体が素晴らしく、その状態を維持しつつ、前駆にはさらに成長の跡が。
トモが緩いことは距離が長い今回においてはプラスに働くはずで、心配はいらない。
Pad3star

ラストインパクト →馬体を見る
札幌記念から前走に至るまで、実に力強い馬体を誇ってきたが、今回は物足りない。
さすがに前走がピークの仕上がりであり、時期的にも体調は下降線をたどっている。
Pad3star

サウンズオブアース →馬体を見る
この時期にしてこの毛艶は素晴らしく、秋3戦の最大目標をここに決めてきたから。
前後躯にしっかりと実が入って、何よりも凛々しいその表情が全てを物語っている。
Pad5star

Arima2015wt

|

Comments

Post a comment