« 凛とした立ち姿のアドマイヤモラール:5つ☆ | Main | 有馬記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

真似しようと思ってもできない


朝日杯フューチュリティS2015―観戦記―
内から3頭が飛び出し、その外からシュウジが引っ掛かり気味に追いかける形で序盤は進み、前半マイルが47秒3、後半が47秒1という平均ペース。阪神競馬場の外回り芝1600mのコースも考慮に入れると、展開や道中のポジションの有利不利はほとんどなく、各馬の実力がきっちりと反映されるレースとなった。中団から進み、最後の直線でも脚を伸ばした1番人気のエアスピネルが勝ったかと思いきや、最後方からリオンディーズが爆発的な末脚で全馬をまとめて差し切った。

勝ったリオンディーズの強さには驚かされた。兄エピファネイアの2歳時と比べると、馬体が薄く、筋肉の付き方にも物足りなさはあるが、それでいてこれだけの脚を使うのだから、馬体が完成されたあかつきにはどのような馬になるのか。兄が行きたがって仕方ないタイプの馬であっただけに、今回のレースでもその点に注意して馬をゆっくりと出して行ったのだろう。先々につながるようなリズムで走らせることを優先し、勝ち負けは二の次といったレースをしつつも勝ってしまったということだ。またキャリアが浅い馬だけに、馬群に揉まれずに走れたことも、リオンディーズの力を発揮することにつながった。とはいえ、来年のクラシックでは同じようなレースは通用しなくなるので、馬群に入れてコントロールが利くようなレースをどう教えていくかが課題となる。

ミルコ・デムーロ騎手は相変わらず馬が追えている。道中のポジションよりも馬がゆったりと走ることを優先する作戦は陣営からの指示だろうが、あそこまで先頭と離れてしまっても慌てずにいられるのは、馬に自らの技術に自信があるからであろう。ただ単に馬の気持ちに任せて走らせてしまうと、いざ追い出そうと思ったときに馬の気持ちが入らなかったりして、意外に伸びないことが多い。そうではなく、オンとオフのメリハリが手綱を通して伝わっているからこそ、追い出してから馬のスイッチが入るのだ。馬のリズムを崩すことなく、全身を使って力強く馬を扶助する。これはもう技術的な問題であり、長年の鍛錬や経験を通して培ってきたものでもあり、デムーロ騎手ではない他の騎手は真似しようと思ってもできない。

史上初のJRA平地G1完全制覇がかかっていた武豊騎手のエアスピネルは、惜しくも2着に敗れてしまった。記録が掛かっていたりして変に注目されてしまうと、得てしてこういう残念な結果に終わることが多いが、今回のレースに関しては、エアスピネルも最後まで伸びて力を出し切っているし、武豊騎手もこれ以上ないぐらいに完璧に導いている。それでも先を行く馬がいたのだから、勝った馬が強かったと素直にあきらめられるはず。母エアメサイアは奥手の馬であったが、エアスピネル自身は肉体的には完成度が高く、また距離的にもマイル前後がベストであり、来年のクラシックでの活躍を見込めるかというと疑問が残る。それだけに、朝日杯フューチュリティSは勝っておきたいレースであった。

3着以下はだいぶ離れたが、シャドウアプローチやユウチェンジは最後まで脚を伸ばしていた。社台ファームの生産馬は2、3着とまたもやG1勝利を逃してしまった。3番人気に推されたシュウジは先行して、バテてはいないが、伸びあぐねて5着。同じくキンシャサノキセキ産駒のアドマイヤモラールもそうだったように、馬体は素晴らしいが、やはり気持ちが前向きすぎて、阪神のマイル戦はやや長い。イモ―タルはまだ馬体に緩いところがあり、直線に向いてから左右にふらつくのか、武幸四郎騎手は追いづらそうであった。走る素質は高い馬だけに、馬体に芯が入ってくると大きなところで活躍できるはず。

|

Comments

Post a comment