« 時代の流れに逆張りしたような血統=非SSの馬を狙うとき | Main | 集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第7回) »

もうひと花咲かせたいローマンレジェンド:5つ☆

★AJCC
ディサイファ →馬体を見る
若駒の頃は幼かったが、年齢を重ねるにつれて、馬体に貫禄が出て来ている。
特に前駆は力強く、中山競馬場の力を要する馬場は得意とするところだろう。
Pad4star

マイネルフロスト →馬体を見る
ふっくらと映るが、太目残りかどうか、前走好走しているだけに判断が難しい。
芦毛ということも加わって、毛艶はあまり冴えず、出来は平行線か。
Pad3star

ライズトゥフェイム →馬体を見る
前駆に比べると、トモのつくりが物足りなく、どちらかと言うと距離延びてのタイプ。
胴部には長さがあるが、重心は低く、力の要る中山競馬場の馬場は合う。
Pad3star

サトノラ―ゼン →馬体を見る
コロンと映る馬体はこの馬の特徴で、それゆえに距離は2000m前後がベスト。
前後躯にしっかりと実が入って、パワーに溢れているし、仕上がりも良い。
Pad3star

ステラウインド →馬体を見る
この馬も胴部に長さがあるため、手脚が短く重心が低く見える典型的なステイヤー。
ゼンノロブロイ産駒が多く出走していきているように、AJCCスタミナとパワーを要求されるレースとなる。
Pad3star

スーパームーン →馬体を見る
頭の大きさはやや気になるが、この時期にしてこの年齢でこの毛艶は素晴らしい。
特に前駆の盛り上がりが力強く、この馬も力の要る馬場を得意とするタイプ。
Pad4star

★東海S
ロワジャルダン →馬体を見る
腰高に見せるように、ダート馬にしては珍しく腹が少し上がってスマートなタイプ。
それゆえ末脚の切れ味は芝馬並みであろうが、いつも右側撮影になる理由が気になる。
Pad3star

インカンテーション →馬体を見る
レース間隔が開いた割には、馬体はスッキリと仕上がっていて、体調は良さそう。
前後のバランスも良くなってきており、今ならばどんなレースにも対応できるはず。
Pad3star

ローマンレジェンド →馬体を見る
あいかわらずのグッドルッキングホースであり、毛艶も光り輝いている。
表情を見ても闘争心は決して失われておらず、きっかけがあればもうひと花。
Pad5star

アスカノロマン →馬体を見る
いかにもダート馬らしい、筋肉量の多い、力強さに溢れる好馬体を誇る。
ただしやはり冬毛が出てきており、毛艶はお世辞にも良いとは言えない。
Pad3star

モンドクラッセ →馬体を見る
とてもダートを得意とする馬の馬体には見えないが、やはり父の血だろうか。
馬体全体からはバネを感じさせる一方で、線の細さもありパワー不足は否めない。
Pad3star

|

Comments

Post a comment