« 厳しい戦いの経験が“最後のひと踏ん張り”につながる。 | Main | シンザン記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

エイシンブルズアイ展開次第では前残りも:5つ☆

★中山金杯
ブライトエンブレム →馬体を見る
3歳時と大きく変わったところはないが、全体のバランスがさらに良くなってきた。
毛艶や筋肉のメリハリは抜群だが、表情から相変わらず気の難しさはある。
Pad4star

ライズトゥフェイム →馬体を見る
腹回りに若干の余裕はあるが、前後躯にはしっかりと実が入って力強い。
胴部には十分な長さがあって、中山の2000mはベストの距離ではないか。
Pad4star

フラアンジェリコ →馬体を見る
8歳馬とは思えない若々しい馬体だが、その分、前記2頭のような力強さには欠ける。
兄オレハマッテルゼに比べると胴部が長く、距離はマイル前後がベストだろう。
Pad3star

ヤマカツエース →馬体を見る
柔らかな筋肉の覆われていて、この時期にしては毛艶も冴えて、体調は良い。
ただ、もうひと絞りできそうな体つきではあるので、最終追い切りでどこまで。
Pad4star

フルーキー →馬体を見る
前走の1800m重賞は勝利したが、やや重心が低く、体型的にはマイル以下の馬。
筋肉のメリハリには欠けるが、標準的な毛艶であり、前走の調子は維持している。
Pad3star

ベルーフ →馬体を見る
いかにも池江厩舎の管理馬らしい、筋肉量の多い、パワフルな馬体を誇っている。
毛艶も良く体調は問題ないが、(この馬の体型的な特徴でもあるが)やや太め残り。
Pad4star

★京都金杯
ト-センスターダム →馬体を見る
腹回りに余裕があることもあるが、胴部がやや詰まって映り、マイラーの体型に。
ここにきて前駆がさらに発達している分、先行力が増してきるのではないか。
Pad3star

エキストラエンド →馬体を見る
もう7歳馬になったが、凛々しい表情を見る限り、闘争心の衰えは全く感じない。
むしろ前躯がしっかりとしてきて、これまでにない力強い立ち姿に映る。
Pad4star

マジェスティハーツ →馬体を見る
ハーツクライ産駒らしく、体長(胸前から臀端まで)が長く、重心が低く映る。
時期的なものもあるが、毛艶もいまひとつであり、絶好調とはいいがたい。
Pad3star

ミッキーラブソング →馬体を見る
厳寒期とは思えないほどの光り輝く毛艶の良さで、体調自体は申し分ないぐらい。
筋肉のメリハリという点では物足りないが、この馬の力は十分に発揮できるはず。
Pad4star

オメガヴァンデッタ →馬体を見る
肩甲骨が立って映るように、スプリンターらしい骨格でマイルの距離がどうか。
胴部には長さがあるので、マイル戦をこなせるだけのスタミナ自体はあるが。
Pad3star

エイシンブルズアイ →馬体を見る
やや腰高に映る馬体からは、軽いスピードのある、短距離馬であることが伝わる。
毛艶も申し分なく、馬の顔つきも良いので、展開次第では前残りもあり得る。
Pad5star

|

Comments

ページ開くのが重過ぎます。
軽くしてもらえませんか。

Posted by: hide | January 06, 2016 at 06:29 AM

hideさん

ありがとうございます。

ブログ全体が重いということですかね…

軽くできる方法などありましたら教えてください。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 06, 2016 at 12:48 PM

Post a comment