« 東京新聞杯を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 遅すぎてはいけない。 »

衰えを全く感じさせないエキストラエンド:5つ☆

★きさらぎ賞
サトノダイヤモンド →馬体を見る
胴部には伸びがあって、距離が延びてこそ良さが出るタイプの馬体。
筋肉の付き方のバランスも素晴らしいが、硬さが残っている顔つきだけが心配。
Pad4star

ロイカバード →馬体を見る
やや腰高に映るほど、腹回りが絞れて、余裕のない状態だが、いかにも走りそう。
顔つきを見るだけで、アスリートらしいそれであり、超一流馬であることが分かる。
Pad4star

レプランシュ →馬体を見る
筋肉のメリハリに欠けて、腹回りに余裕がある分、胴部がコロンとして詰まって見える。
上記の2頭に比べると、明らかに完成度は劣り、この馬が良くなるのは先の話だろう。
Pad3star

ロワアブソリュー →馬体を見る
ゼンノロブロイ産駒にしても、胴部が詰まっていて、馬体全体にパワーが漲っている。
前後躯にしっかりと実が入っていて、この時期の3歳馬としては完成度が高い馬体。
Pad4star

ノガロ →馬体を見る
首差しがスラリと長く、馬体は未完成な分、全体のバランスが悪く映るのは仕方ない。
頭部から前駆にかけての盛り上がりは素晴らしく、それに比べて、後躯が物足りない。
Pad3star

★東京新聞杯
ダッシングブレイズ →馬体を見る
マイラーというよりはスプリンターに近い、筋肉量の多さであり、馬体から力が漲っている。
この時期にしては毛艶も良く、あとひと絞りできれば、完璧な仕上がりになる。
Pad4star

ト-センスターダム →馬体を見る
首差しに力強さが増して、前駆のつくりは実に見事だが、トモの肉付きに物足りなさ。
胴部には長さがあまり感じられないので、距離はマイルあたりがベストだろう。
Pad3star

エキストラエンド →馬体を見る
7歳馬にして馬体の衰えを全く感じさせないし、むしろ馬体の厚みという点では↑。
闘争心に溢れている表情をみても、ここに来て、気持ち的にもリフレッシュされた。
Pad5star

テイエムタイホ― →馬体を見る
線の細さばかりが目立つ馬体だが、その分、バネや癇性の強さで走ってきたのだろう。
馬体全体はスラっとして、余分な筋肉はそぎ落とされて、無駄なところはない。
Pad3star

ダノンプラチナ →馬体を見る
芦毛のため、毛艶の良さや皮膚の張りは判別がつきにくく、好不調が見分けにくい。
それにしても筋肉のメリハリに欠けており、この馬にとっては好調とは言えないのでは。
Pad3star

ダイワリベラル →馬体を見る
前駆の力強さが前面に押し出されていて、いかにもダイワメジャー産駒らしい馬体。
安定して先行することができる反面、東京の長い直線で切れ負けしてしまうかも。
Pad4star

グランシルク →馬体を見る
馬体の成長度という点においては、いまひとつで、3歳時とはあまり変わっていない。
迫力という点では物足りなさはあるが、馬体のパーツは長く、府中のマイル戦はOK.。
Pad3star

|

Comments

Post a comment