« 東京ダート1600m | Main | 「超・馬券のヒント」が全文読めるようになりました。 »

全盛期の馬体を取り戻してきたグレープブランデー:5つ☆

モーニン →馬体を見る
幼さを残す部分もあるが、胴部には長さがあって、多少の距離延長は克服できそう。
筋肉のメリハリという点ではあと一歩で、顔つきもやや精悍さに欠ける印象。
Pad3star

ベストウォーリア →馬体を見る
前年に比べても、さらに前駆が盛り上がって、いかにもダート馬らしい馬体になった。
ただ、短距離ならいざしらず、府中のマイル戦でこの馬体では距離に不安が残る。
Pad3star

ローマンレジェンド →馬体を見る
馬体だけを見ると、絶好調時のシルエットと毛艶の良さを取り戻しつつある。
いつ走ってもおかしくない馬体だけに、この馬に関しては気持ちの問題なのだろう。
Pad4star

ノンコノユメ →馬体を見る
まだ先を見据えているのだろう、完璧には仕上げてきていない馬体であることが分かる。
逆にふっくらとしてリラックスしている点は、この馬にとってはプラスに働くのでは。
Pad4star

ロワジャルダン →馬体を見る
前駆の盛り上がりと鍛えられ方は素晴らしく、その分、トモの肉付きが物足りない。
ダート馬らしからぬ腰高で腹が巻き上がっているように見える馬体で、末脚は切れる。
Pad3star

モンドクラッセ →馬体を見る
前走よりもふっくらとして、身体全体に筋肉がついてきたことでパワーアップした。
胴部が詰まって見えるように、距離はマイルかそれ以下が合っているのではないか。
Pad3star

アスカノロマン →馬体を見る
ここに来て馬体全体に筋肉がついて、力強さが増して、ダート馬らしくなってきた。
立ち姿も顔つきもリラックスしていて、本番に向けて調子は万全だろう。
Pad4star

スーザンジョイ →馬体を見る
コロンとして映る馬体だけに、東京のマイル戦は少し長いが、毛艶は冴えて体調は良い。
筋肉がギュッと凝縮されているようで、この馬の持ち味のスピードをどう生かせるか。
Pad3star

ホワイトフーガ →馬体を見る
このメンバーに入ると牝馬らしい線の細さがあり、しかし各パーツに長さがある。
末脚もしっかりとしており、東京の1600m戦はこの馬にとっては最適な舞台だろう。
Pad4star

コパノリッキー →馬体を見る
大型馬に見えないバランスの取れた好馬体で、6歳の年齢を感じさせない。
ややトモの張りが寂しく映ることは確かだが、この馬にとっては展開が全てだろう。
Pad4star

グレープブランデー →馬体を見る
一時期不調に陥ったが、全盛期のような馬体を取り戻してきたことに驚かされる。
8歳馬とは思えない筋肉の柔らかさと、馬体の張りとバランスの良さで文句なし。
Pad5star

|

Comments

Post a comment