« 完成度が高いマイネルハニー:5つ☆ | Main | 「一口馬主DB」にて「馬体の見かた講座」を連載中 »

調教で動かないのはステイヤーの証【超・馬券のヒント第52回】

Cover

競馬を始めたばかりのころ、予想をするにあたって、この言葉が関係者から出てきたら買わないという自分の中でのNGワードがあった。たとえば、「前走は度外視」、「気性が難しい」などの言葉が出てくると、その馬は馬券の対象から外した。今思えば笑ってしまうぐらい初心者らしい予想法ではあるが、その中にもひとつだけ真実が含まれていた。それは「調教は動かない」というNGワードである。なぜかというと、それは調教において「動き」が悪かったことを示唆しているからである。レースに臨むにあたっての調教で、陣営から「動かない」という主旨のコメントが出てきた馬は走らないのである。

実は、日経新春杯のシュヴァルグランがそうであった。栗東のCWコースにおける最終追い切りのタイムは、7ハロン99秒7―13秒6という、オープン馬とは思えない平凡な時計であった。この追い切りを受け、友道康夫調教師は「調教でそんなに動く馬じゃないから」とコメントした。この連載上でシュヴァルグランに本命を打っていた私は、この言葉を見て青ざめた。私の心配は見事に的中し、シュヴァルグランは断然の1番人気に応えることができず、レーヴミストラルの鬼脚の前に屈してしまった。連対を確保したものの、やや物足りない走りであったことは否めない。

調教で「動かない」ことには、いくつかの理由が存在する。
・・・


(続きはこちらでお読みいただけます)
*阪神大賞典の予想と馬券を公開中。

|

Comments

突然のコメント失礼致します。

当方「うまぐりちゃん」という完全無料の競馬予想投稿サイトを運営しております。

当サイトは、無料で予想を投稿でき、投稿した予想の閲覧数に応じて報酬が発生するしくみで、発生した報酬は一定額以上で銀行振込にてお支払いしております。
また、毎月予想結果を集計しランキングで表示するなど、参加して頂いた予想家さんのアピールの場としてもご活用頂けるよう構築しています。


そこでお願いなのですが、こちらのブログで公開している予想をそのままで構いませんので、当サイトにも投稿して頂けないでしょうか?

当サイトとそちらの運営するブログをリンクして頂ければ、相互に流入アクセスの増加が見込めると思います。まず、一度当サイトをみてご判断いただければ幸いです。よろしくお願い致します。

競馬予想キュレーションサイト
うまぐりちゃん
http://umaguri.com/

Posted by: うまぐりちゃん | March 19, 2016 at 09:18 PM

うまぐりちゃん

はじめまして。

投稿のご依頼ありがとうございます。

予想投稿サイトというアイデアは面白いですね。

ただ、すいません、この「超・馬券のヒント」におけるコラムや予想に関しては、週刊「Gallop」に掲載していただいているものであり、特別な許可をいただいて拙ブログに転載しております。

有料にしているのも、週刊「Gallop」が販売物であり、さすがにその内容の一部を無料で公開するのはどうかとおもうからです。

週刊「Gallop」を買い忘れてしまった方や、(あまりいないと思いますが)「超・馬券のヒント」だけを読みたいという方が読んでいただければという想いで公開しています。

せっかくのご依頼なのですが、今回に関してはご辞退させていただければ幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

Posted by: 治郎丸敬之 | March 20, 2016 at 08:37 AM

Post a comment