« 調教で動かないのはステイヤーの証【超・馬券のヒント第52回】 | Main | 高松宮記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

「一口馬主DB」にて「馬体の見かた講座」を連載中

Hitokutibanusidbimg

「一口馬主DB」にて「馬体の見かた講座」という読み物を連載中です。一口馬主のための募集時の馬体の見かたにテーマを絞りつつ、サラブレッドの馬体について基礎から体系的に書いています。現在は第7回まで連載が終了していますが、いつ読んでいただいても参考になると思います。今後は各パーツ(前躯やつなぎ、蹄、肢勢など)について学術的に解説をし、さらに種牡馬ごとの特徴や関係者からのインタビューを加えていきます。書き進めていくうちに私自身も学ぶところが多く、この手応えだと、WEB上に残る馬体の見方の教科書としては、最長かつ最上のものになる予感がします。

ちなみに、第7回までの連載の内容は以下のとおりです。

Hitokutibanusidb01

「馬体の見かた講座」
の第2回以降を読むにはプレミアム会員に登録していることが必要ですが、ご興味がある方はぜひ読んでみてください。

「一口馬主DB」は一口馬主のための国内唯一の総合情報サイトです。「一口ライフをもっと楽しく、もっと便利に」をテーマに、出資馬の成績管理機能を軸として、豊富なコンテンツと多彩な情報が提供されています。私は一口馬主になることになって初めて知ったのですが、現在会員数が1万8000人以上を誇り、一口への出資から愛馬の情報管理まで、とにかくすごい量のデータを保有しています。

私自身、一口馬主を始めたこともあって、プレミアム会員に登録させてもらい、活用しています。愛馬のデビューはまだこれからですので、そのあたりの利用状況や使い勝手は追って紹介させていただきますが、今は名馬の募集カタログを見たり、他の読み物のひとつである「一口データ研究室」や「税金教室」などを読んで楽しんでいます。特に、データ研究室の「早生まれ、遅生まれは良い悪い?」はデータで見ると、私たちの思い込みを知らされるようです。また、出資馬検討リサーチの厩舎分析や馬体チェッカーは馬券の予想をする上でのデータとしても使えますね。


|

Comments

私「馬体の見かた講座」を読むことを目的に有料会員に登録するか否かを迷っておる者です。

ところで、講座は全何回を予定しているのでしょうか。
「基礎編」とありますが、例えば「応用編」のような続編のご予定はございますでしょうか。
今回の講座記事について将来の書籍化のご予定などはございますでしょうか。

Posted by: 通りすがり | August 15, 2016 at 10:53 PM

通りすがりさん

ありがとうございます。

「馬体の見かた」は現在連載17回目まで掲載されています。

そして、第20回ぐらいで基礎編は終了し、そこから先は関係者へのインタビューを通して、応用編や種牡馬編を書いていこうと考えています。

できるだけ長く連載したいと思いますが、現時点では、全何回まで続くかは私にも分かりません(笑)。

「馬体の見かた」のコンテンツの使用権は「一口馬主DB」さんにありますので、書籍化するかどうかは相談ですし、そのままの書籍化はないかもしれません。

書籍化するとすれば、加筆や修正を加えたのちの書籍化にはるはずです。

なんとも歯切れが悪くて申し訳ありませんが、もし一口馬主をやっておられるのであれば、試しに登録して、読んで、使ってみてもらっても良いのではと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | August 16, 2016 at 11:19 AM

Post a comment