« 京都芝3200m | Main | ステイヤーは前哨戦の調子を本番でもそのまま維持できる »

胴部にさらに長さが出てきたシュヴァルグラン:5つ☆

ゴールドアクター →馬体を見る
黒光りする毛艶はピカピカで、ひと叩きされてさらに調子を上げている。
胸が深く、相当な大きさのエンジンを積んでいるし、トモの肉付きも良くなった。
Pad45star

アルバート →馬体を見る
さすが堀厩舎の管理馬だけあって、前後のバランス良く、筋肉にメリハリがある。
母父にダンスインザダークが入っている血統からも、この舞台は合っているはず。
Pad3star

フェイムゲーム →馬体を見る
海外遠征明けにもかかわらず、疲れをほとんど感じさせることなく仕上がっている。
前駆の盛り上がりは素晴らしく、それに比べてトモが弱いため追い込む競馬になる。
Pad4star

キタサンブラック →馬体を見る
休み明けの前走の方が、馬体は充実していたように、やや物足りなさを感じる。
しかし、それこそがステイヤーの証と言えばその通りで、距離延びてこその馬だろう。
Pad4star

レーヴミストラル →馬体を見る
厩舎が変われば、馬の体つきも大きく変わるという典型的なケースだろう。
トモが力強くなり、パワーアップしたことが、今回の3200mではどう出るか。
Pad3star

タンタアレグリア →馬体を見る
古馬になって馬体が枯れて、余計な部分が削ぎ落されて、ほぼ完成されてきた。
胴部も伸びて、いかにもステイヤーとい体型であり、この舞台は合うはず。
Pad45star

サウンズオブアース →馬体を見る
年齢を重ねるごとに馬体全体はパワーアップしているが、やや太め残りの感も。
叩かれて馬体全体のバランスは良くなっているが、もうひと絞りほしい。
Pad4star

トゥインクル →馬体を見る
手脚はスラリと長く、ステイヤーらしいシルエットだが、腹回りがやや寂しい。
気性的に難しいところがあるのか、カイバ食いがあまり良くないのだろうか。
Pad3star

アドマイヤデウス →馬体を見る
母父サンデーサイレンスという血統的にも、馬体的にもステイヤーのそれではない。
毛艶は良く、この馬自身は好調期に戻りつつあるが、距離適性は疑問が残る。
Pad3star

シュヴァルグラン →馬体を見る
ここに来てさらに胴部に長さが出てきているように、馬体的にも成長している。
姉ヴィルシーナとは真逆の馬体であり、母は父方の良さを引き出すタイプなのだろう。
Pad5star

トーホウジャッカル →馬体を見る
全体的に悪くはないが、全盛期の毛艶の良さや筋肉の張りという点ではひと息。
菊花賞の疲れが尾を引いていることはないだろうが、完調には一歩手前。
Pad3star

サトノノブレス →馬体を見る
他のステイヤーたちに比べると、手脚がやや短く、重心が低く、中距離馬だろう。
毛艶は素晴らしく、体調は問題ないが、馬体的には距離延びて良いタイプではない。
Pad3star

|

Comments

Post a comment