« 速くて強い逃げ馬がいるときは、2着は穴を狙え【超・馬券のヒント第55回】 | Main | 皐月賞を当てるために知っておくべき3つのこと »

魔の桜花賞


桜花賞2016―観戦記―
メジャーエンブレムがすんなり先頭に立つかと思いきや、内のソルヴェイグのスタートが良く、さらに外からカトルラポールやメイショウバーズらが押し寄せたことで、先行争いは激化した。前半の800mが47秒1、後半が46秒3という、ややスローペースで流れたが、力が一歩劣る馬たちが前に行くことに活路を見出し殺到し、勝手に消耗してくれたことで、差しに徹した有力馬たちにとっては願ってもみない展開となった。落ち着いて末脚を引き出した上位3頭のジョッキーらはさすがで、その中でも、ほぼ最後方から進み、最後の直線に賭けたジュエラーとミルコ・デムーロ騎手が一か八かの勝負を制してみせた。

勝ったジュエラーは、牝馬としては大きな馬体を有し、パワーとその末脚の威力に関しては、新馬戦と2戦目のシンザン記念で証明済み。と同時に、良いポジションを取りに行くと馬が行きたがってしまい、末脚が鈍るという弱点も併せ持つ。この馬の末脚を存分に引き出すには、極端な競馬をせざるをえず、そうなると展開に大きく左右されることになる。チューリップ賞までに陣営は色々な試みをしてきたが、結局のところ、道中はゆったりと走らせ、最後の直線に全てを賭けるしかないという結論に至ったのだろう。今回はその決断が見事にはまった。ただし、次回のオークスは不発に終わる可能性も十分にあるということだ。

シンハライトはこの馬のレースをして、力を出し切ったが、外から勝ち馬に一気に来られてしまった。前走のチューリップ賞のゴール前でも耳を立てていたように、先頭に立つと気を抜いてしまうタイプなのだろう。今回はメンコを付けていることが裏目に出てしまった。音に敏感なのでメンコを付けているのだろうが、今回のように馬体を離して一気に来られた場合の反応が鈍くなるデメリットもある。馬体が併さっていれば、また違った結果になっていたはず。馬体は小さくても、走りは柔らかく、どんな展開でも末脚を発揮でき、ジュエラーよりも力は一枚上である。オークスではこの馬の方が有力になる。

圧倒的な1番人気に支持されたメジャーエンブレムは、これだけはやってはいけないという負けパターンにはまってしまった。メジャーエンブレム自身にいつもほどの行きっぷりがなかったのかもしれないが、クリストフ・ルメール騎手は慎重に乗り過ぎて、全く動けないまま最後の直線を迎え、この馬のスピードやスタミナを全く発揮することなく終わってしまった。まるで昨年のルージュバックのリプレイを見ているようで、さすがのルメール騎手でも(分かっていても)避けられなかったのだから、牝馬のクラシック初戦である桜花賞というのは難しいレースということなのだろう。

かつて桜花賞がおむすび型の阪神小回りコースで行われていた頃、乱ペースによって、1番人気の馬がなかなか勝てず、「魔の桜花賞ペース」と呼ばれていた時代があった。阪神競馬場の改修によって、コーナーが緩やかになり、最後の直線も長く、紛れが生じにくいレースになったと思っていたのも束の間、昨年に続いてこのようなレースになったのだから、魔の桜花賞ということなのだろう。冷静に理由を考えてみると、2つのことが思い当たる。ひとつは、3歳牝馬ということもあって、必要以上に慎重に(落ち着いて)乗ろうという意識が働きすぎるのだろう。それが裏目に出ると、動くべきところで動けず、(特に関東の騎手や外国人ジョッキーは)他馬からの包囲網に遭い、取り返しのつかないところまでポジションを悪くしてしまう。もうひとつは、いつもと同じような感覚で阪神のマイル戦に乗ってしまうことだろう。普段は最後の直線も長いし、コーナーも緩やかなので、多少の不利やロスはどこからでもカバーできるコースではあるが、G1レース特にクラシックは予想以上にマークが厳しく、思ったようなレースを最後までさせてもらえなくなる。そのギャップの大きさに気づいた頃には既に負けている。油断といえば油断である。昨年の戸崎圭太騎手は前者で、今年のルメール騎手は後者なのではないか。もちろん、ルメール騎手も同じ轍を2度も踏まないはずで、オークスは思い切った乗り方をしてくるはずだ。

13番人気ながらも外から鋭く差したアドマイヤリードも、この馬の競馬に徹した1頭であった。気性的に難しいところがあり、こうした繊細な牝馬の力を出し切るには、馬群からポツンと走らせてリラックスさせた方がいい。これだけ思い切った競馬ができて、さらに結果が出せるのも、現在の藤岡康太騎手の好調ぶりを物語っている。

Oukasyo2016wt

|

Comments

治郎丸さんいつもお疲れ様です(^^;;なんともゆえぬ桜花賞でしたね。またこれも競馬であり下駄を履くまでわからないとゆうレースでしたね。牝馬のレースはほんとにデリケートですね(´・_・`)百戦錬磨のルメールでさえ目に見えない敵にヤラれたとゆう感じがしました。ルメールもメジャーエンブレムもこの経験を未来のそれぞれの財産と栄光に変えていって欲しいですね。追伸…治郎丸さんが単勝以外の馬券を買っているのが少し驚きました。

Posted by: ユビキタス | April 11, 2016 at 09:18 PM

すがりついてくる馬をすべて払い除けるぐらいの競馬を期待していただけに、今回の競馬はショックでした。ジョッキーコメントで「展開が向かなかった」とありましたが、今回ぐらいの展開は想定していて欲しかったです。

Posted by: やっとこ | April 12, 2016 at 09:20 PM

ユビキタスさん

こんばんは。

なんともいえぬ桜花賞でした…。

真相はルメール騎手のみぞ知るということですが、それだけはやってはいけないというレースにわざわざハマっていったような不思議な乗り方でした。

もちろんこの時期の牝馬の調整は難しく、人間の緊張は馬に確実に伝わりますので、どこかで失敗もあって、メジャーエンブレム自身が走れる状態になかったのかもしれません。

でもこんなところで終わる馬ではないので、次はこの馬の走りを見せてもらいたいものです。

ちなみに、この馬券はコラムに沿って買っていますので、単勝以外の馬券は年に1度買うかどうかですが、今回はメジャーエンブレムが勝つのは当たり前として、1点勝負しました。

当たったら200万近かったのですが、そんなに世の中甘くないですね(笑)

Posted by: 治郎丸敬之 | April 12, 2016 at 10:50 PM

やっとこさん

僕も普通にこの馬のペースで走らせれば勝てると思っていました。

ルメール騎手もそう思っていたはずで、それでもこの形になってしまったのは、思っていたよりもメジャーエンブレムに推進力がなかったのかもしれません。

メジャーエンブレムのテンのスピードを考えると、こういう形になることすら考えてもみなかったのかも知れませんね。

最悪のパターンを想定すらできないほど、非の打ちどころのない馬でも、最悪のパターンに陥ることもあるのが競馬なのでしょうか。

何よりも、メジャーエンブレムが引っ張って厳しいレースいなると思っていた桜花賞が、単なるスローの瞬発力勝負に終わったことが私は残念でした。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 12, 2016 at 10:54 PM

Post a comment