« 3強対決はモンティ・ホール問題で解決する | Main | フローラSを当てるために知っておくべき3つのこと »

強い馬は多い方がいい

Satuki2016
皐月賞2016―観戦記―
リスペクトアースが押して先頭に立ち、外からリオンディーズらが第1コーナー目がけて殺到したことで勢いがつき、前半1000mが58秒4、後半が59秒5というハイペースとなった。馬群はあっと言う間に縦長になり、前半のポジションと着順が正反対に入れ替わったように、時計に現れる以上に前に行った馬たちにとっては苦しい展開となった。内が傷んだ馬場や強風の影響もあったのかもしれない。緩急の操縦がつきにくい3歳春とはいえ、前に行ったリスペクトアースやジョルジュサンク、アドマイヤモラールは大バテしており、あまりに常軌を逸したレースであった。逆に考えると、今回の目に見える結果を妄信してはならないレースでもあったともいえる。

勝ったディーマジェスティは、ハイペースを外を回って後方から追走し、最後の直線ではバテた先行馬たちを横目に突き抜けてみせた。展開がハマったことは確かだが、ゴール前では耳を前方に立てる仕草を見せていたように、余力を残しての勝利であった。祖母にシンコウエルメス(父サドラーズウェルズ)がいる超良血であり、底知れぬスタミナが遺伝していることがわかる。もちろん距離は延びて良いタイプであり、日本ダービーというよりも、さらに先々の真のスタミナを問われるレース(凱旋門賞やキングジョージなど)での活躍が見込まれる。共同通信杯からレース間隔を開けて成長を促した二ノ宮調教師はさすがであり、その期待に応えて成長したディーマジェスティもディープインパクトの血も素晴らしい。

2着に入ったマカヒキは敗れたものの、最後はきっちりと脚を使っている。これだけ速いペースを追走したのは初めてであり、この馬にとっては良い経験となったのではないか。今回は勝ち馬のスタミナと底力が一枚上であった。道中は相変わらず美しいストライドで走っており、もう少しゆったりと走れるペースやコースの方がこの馬には向いている。そういう意味では、日本ダービーが行われる府中の24000mが、今のマカヒキにとってはベストだろう。

最も強いレースをしたのはサトノダイヤモンドである。道中のポジションも悪くはなく、これだけのハイペースを正攻法で勝ちに行った。思っていた以上に後ろから行った馬に有利な展開になってしまったことと、惜しむべきは、最後の直線で内から外に弾かれてしまったことだろう。あのような玉突きが起こると、遠心力がついて最も外にいた馬に負荷が掛かるため、見た目以上にサトノダイヤモンドにとっては衝撃があったはず。それでもあきらめずに、前にいた馬たちを捕まえているように、やはりこの馬は強い。どんなレースでもできる賢さと気持ちの強さがあり、日本ダービー馬に最も近いのはこの馬である。

走る能力という点でいえば、5着(4着から降着)になったリオンディーズも引けを取らない。他の先行馬たちが最終コーナーを手前にズルズルと下がっていく中、この馬は最後の直線に向いても先頭を譲らんと走り、苦しくて左にヨレつつも、最後の最後まで抵抗していた。今回の皐月賞に関しては、外枠を引いてしまったことが不運であった。外を回されないためには、スタートから出して行くか後ろに下げるかの2択しかなく、前者を選択したのは勝つためである。結果的には後ろから行った方が勝てた可能性が高かったが、そもそもこのハイペース自体をリオンディーズが作っており、後者を選択していてもペースが落ち着いて外を回らざるを得ず、負けてしまっていただろう。それほどに、皐月賞で外枠を引くことは死を意味するということだ。日本ダービーに向けては、能力的には勝てるだけの器だが、2戦続けて前に行くレースをしている(弥生賞は試してみて、皐月賞は仕方なく)だけに、このままだと日本ダービーは確実に道中で激しくハミを噛むはずである。ディープブリランテに岩田康誠騎手が中間ずっと張り付いて調教したような荒業を使わなければ、日本ダービーまでにこの馬に折り合いを教えるのは難しい。

掲示板には載れなかったが、マウントロブソンも底力があることを証明した。こういった極端に速い流れのレースになると、その馬の真価が現れる。完成するのはまだ先だろうが、一流馬になることは間違いない。エアスピネルも武豊騎手の期待するように、普通の世代ならば皐月賞馬になれたほどの能力の高い馬である。サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズの3頭が強いことは確かだが、今回の皐月賞を終えて、ディーマジェスティとマウントロブソン、そしてエアスピネルが加わって6強となったと言える。強い馬は多い方がいい。

Photo by 三浦晃一

|

Comments

次郎丸さん
こんにちは。
ダービーの本命はマウントロブソンに決めてます。なんせウンがある馬ですから 間違いないです。
3強ではサトノダイヤモンドが頭一つ抜けてるんではないかと思ってましたが そこが競馬の難しいところですね。
予想通りにはいかないものです。
昨日の情熱大陸にデムーロ騎手が出てましたが リオンディーズ勝ってたら シナリオがあるかのような展開でしたね。
でもデムーロ騎手の日本語を聞いてると 騎手としての技術もそうですが 努力家なのがよくわかります。
日本で死にたいと言ってたくらいですから 日本が大好きなんでしょうね。
離れていた家族も日本で暮らすようになったり ますます強くなりそうです。
明日は ハープスターの出産予定日ですが 数日まだかまだかとニュースをまめにチェックしています。
なんだか自分の出産の時より待ち遠しくてそわそわします。

Posted by: 通りすがりの皇帝ペンギン | April 18, 2016 at 02:49 PM

通りすがりの皇帝ペンギンさん

こんばんは。

マウントロブソン、確かにうんがありますね(笑)

あまり目立ちませんでしたが、皐月賞でもかなり強い競馬をしました。

今回の競馬を見て、3強ではなかったと考える人もいるかもしれませんが、3強であっても、こういう結果にもなり得るのが競馬の面白さでもあり難しさですね。

情熱大陸が日曜日に放送されると先週知り、嫌な予感がしました。競馬は勝つことの方が稀ですから、思い通りの結果にはならないことがほとんどですからね。

ハープスターの出産予定日なんですか。よくご存じで。無事に産まれることを願っています。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 18, 2016 at 09:56 PM

「サトノダイヤモンドは化物級に強いんじゃ?」
「リオンディーヌ&デムーロに敵はいないんじゃ?」
「内枠の不利もマカヒキの末脚なら...」
週明けから3強対決にワクワク思いを馳せてましたが、それを嘲笑うかのような結果に(>_<)。ゴールの瞬間、夢から覚めたような感じでした。

それでも、今週もGallop見て競馬情報に触れてくにつれて盛り上がっていくんでしょうね。

Posted by: やっとこ | April 19, 2016 at 02:27 AM

やっとこさん

競馬はこれだから難しいですし、面白いですね。

中山2000mコースは、得てしてこういう競馬になる可能性もあったのですが、やはりそうならないで3強が強い競馬を見せてくれる方に期待してしまいますよね。

リオンディーズが外枠を引いたときに、もしかしたら乱ペースになるかもと感じましたが、ときすでに遅しでした(笑)

これから日本ダービーに向けて盛り上がっていきましょう!

Posted by: 治郎丸敬之 | April 19, 2016 at 08:13 AM

Post a comment