« 東京芝1600m | Main | VMは牡の古馬を相手に好走してきた女傑を狙うレース »

使われつつ成長を遂げたスマートレイヤー:5つ☆

シュンドルボン →馬体を見る
相変わらず馬体のシルエットが素晴らしく、理想的なバランスにある。
距離は延びてこその馬体であり、どちらかと言うとエリザベス女王杯向きか。
Pad45star

ルージュバック →馬体を見る
若駒の頃から馬体を良く見せるタイプではなく、古馬になってもそれは変わらない。
筋肉には柔らか味があって、疲れは完全に抜けて、体調は申し分ない。
Pad3star

ショウナンアデラ →馬体を見る
ひと叩きされたものの筋肉のメリハリが物足りず、絶好調までは時間が掛かる。
胴部はやや詰まっており、重厚感のある馬体はいかにもマイラー。

マジックタイム →馬体を見る
首差しがスラリと伸びて、いかにもハーツクライ産駒らしい馬体の伸びがある。
この馬も手脚が長く、距離が延びて良いタイプであり、ややパワー不足の感も。
Pad3star

カフェブリリアント →馬体を見る
いかにもマイラーらしい、コンパクトにまとまって、筋肉が豊富な馬体を誇る。
腹構えも素晴らしく、道中がスローに流れたら、チャンスはあるはず。
Pad45star

ストレイトガール →馬体を見る
胴部に長さが出て、スプリント戦よりも今はマイルぐらいの距離の方が合っている。
表情からはやや難しさが伝わってくるように、精神面で不安がある。
Pad3star

スマートレイヤー →馬体を見る
コンスタントに使われつつ、馬体のシルエットに力強さが出てきて成長した。
前後のバランスも良く、リラックスして立てており、安定して力を出せるはず。
Pad5star

ウインプリメーラ →馬体を見る
他の牝馬たちと比べると、どうしても線の細さが目立つようにパワー不足。
顔つきからは気性面で穏やかになってきていることが分かり、力は出し切れる。
Pad3star

レッツゴードンキ →馬体を見る
若駒の頃からパワータイプの馬体を誇っていたが、さらに筋肉量が増してきた。
スローの瞬発力勝負になれば、この馬のパワーが生きてくるかもしれない。
Pad3star

ショウナンパンドラ →馬体を見る
手脚に長さがあるが、胴部はややつまり気味であり、マイル前後がベストだろう。
ひと叩きされて、馬体は仕上がっており、スピードと切れ味、パワーを兼ね備えている。
Pad4star_2

ミッキークイーン →馬体を見る
昨年の馬体と比べると、古馬になって、馬体にパワーがつき、重厚感が増してきた。
特に前駆の盛り上がりは素晴らしく、馬体の成長という点では申し分ない。
Pad4star_2

クイーンズリング →馬体を見る
胴部が詰まって映るように、この馬にとってのベストな距離はマイル以下になるだろう。
顔つきから気持ちで走るタイプであり、レース間隔が開いても問題はない。
Pad3star

|

Comments

Post a comment