« 名馬は2度続けて負けない=同じ過ちを繰り返さない | Main | ヴィクトリアマイルを当てるために知っておくべき3つのこと »

名馬誕生の予感

Nhkmilec2016
NHKマイルC2016―観戦記―
メジャーエンブレムが先頭に立ち、前半マイルが46秒0、後半が46秒8という平均ペースをつくり出した。2ハロン目以外は11秒台のラップがコンスタントに刻まれているように淀みのないペースであり、展開の有利不利が少なく、全馬が力を出し切れる舞台となった。とはいえ、勝ったメジャーエンブレムを追いかけた馬たちは大バテしており、後ろから勝負を賭けたロードクエストや馬群の外を走ったレインボーラインが上位に来ていることを考慮すると、見た目以上に前に行った馬たちにとっては厳しい内容のレースであったといえる。

勝ったメジャーエンブレムは、逃げてこのタイムで走り切ったのだから強い。府中のマイルコースは最も逃げ切りが難しいコースのひとつであり、特にクラスが上がるほどのその傾向は強まる。NHKマイルカップを逃げ切ったケースは他にもあるが、カレンブラックヒルはスローペースであり、ジョーカプチーノの年は前が止まらない異常な馬場であった。あえて比べるならば、ミッキーアイルが逃げ切った年に近いが、それよりも前半のペースも全体のタイムも速い。もちろん記録的な裏付けだけではなく、牡馬を引き連れての堂々の逃げ切りであったのは衆目の一致するところである。今になって思えば、前走、桜花賞でスピードに乗れなかったのは、クイーンCをレコードで快走したことの反動があったのかもしれない。今回きっちりと仕上げられていたので、この後はひと休み入れて、秋の秋華賞やエリザベス女王杯に備えてもらいたい。2400mまでならば、距離は延びても全く心配はない。

クリストフ・ルメール騎手は実に堂々と乗って、メジャーエンブレムを勝利に導いた。スローに落として逃げ切ろうとするのではなく、メジャーエンブレムのリズムで気持ち良く走らせることに徹していた。彼女の型にはまれば、簡単には止まらないし、やすやすと差し込まれることもない。そう信じて乗っていたに違いないが、それでも負けられない一戦だっただけに、先頭でゴールしたあと、ゴーグルの下に久しぶりに見せた厳しい表情が、ルメール騎手のこのレースに賭ける気持ちを物語っていた。

ロードクエストは道中でしっかりと脚をためて、最後も良い脚を使って追い込んできたが2着。脚質的に、前に強い馬がいると届かないのは仕方ない。スローで不発に終わるよりも、メジャーエンブレムが引っ張ってくれたおかげで、差し脚が生きたと考えることもできる。勝った馬との着差はわずかでも、見た目以上の力差があった。この馬はさめ顔というか羊頭というか、顔つきから幼さや気性の難しさがあることが窺え、それゆえにこうした極端な脚質になってしまうのだろう。堅実な末脚を見ると、今年の3歳牡馬のトップクラスの1頭であることは間違いないが、かといって日本ダービーで勝ち負けになるかと問われればならない。それほどに今年の3歳牡馬勢は層が厚いということだ。池添謙一騎手は差し馬に乗せたら天下一品であり、緩急自在にレースに対応し、騎乗馬の末脚を引き出すための仕掛けどころのポイントを知り尽くしている。

レインボーラインはステイゴールド産駒らしく気性的に激しいところがあるため、道中は馬群の外を走れたことと、スタミナをも問われる厳しい流れになったことで持ち味が生きた。無理に先行集団に取りつくことなく、スッと後方集団に控えた福永祐一騎手も見事な道中のポジショニングであった。ダンツプリウスは勝ち馬を追いかけた馬たちの中では唯一掲示板に載ったように、ニュージーランドT勝ちがフロックでなかったことを証明した。最後の直線で2度ほど外に振られる不利がなければ、2着争いに際どく食い込めたのではないかと思うともったいなさは残る。

Photo by 三浦晃一

|

Comments

強かったですね!自分でレース作って1.32.8。この馬の良さがいかんなく発揮できたレースだったと思います(馬券は日よって馬単に逃げてしまったので外れましたが・・)。このレースをした桜花賞が見てみたかった、といまさらながら悔やまれます。
しかし、圧倒されるぐらい馬体がごつくなって2000でも長いんじゃ?と思えるぐらいなのですが、これからどこ目指すんでしょうね。

羊頭って初めて聞きました。

Posted by: やっとこ | May 09, 2016 at 12:51 PM

やっとこさん

このレースをされたら、他の馬たちはなかなか捕まえられないのではないかと思います。

追いかければ自分がつぶれるし、かといって差しても届かないという具合に。

フットワークが大きいので、キングカメハメハのように、高速の2400mまでは十分に持つと思います。

ルメール騎手はマイルが良いようなことを言っているので、さあどんな路線を使ってくるのでしょうか、楽しみですね。

羊頭って小さい頃に見られるのですが、成長するにつれて普通の顔になっていくのですけどね。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 09, 2016 at 03:29 PM

こんばんは、治郎丸さん
やはり強い馬がしっかり走ると見ごたえのあるレースになりますね。
桜花賞の敗戦が尾を引かないか心配していましたが、隙のない走りっぷりにこれからの活躍に夢が広がります。
馬券の方も、NHKマイルを当てるために知っておくこと2でお書きになったNZTの考え方を参考に、レインボーラインをピックアップ、美味しくいただきました。御礼申し上げます(笑)
牝馬クラシック、ジュエラー骨折で、牡馬戦線と比べて寂しくなりそうなんで、ぜひメジャーエンブレムに参戦してほしいです。

Posted by: ブライア | May 09, 2016 at 07:48 PM

こんばんは 治郎丸さん

このレースの上位5頭のジョッキーの腹の括りように拍手でした。

メジャーエンブレムを信じて逃げたルメール
ロードクエストの末脚に賭けた池添
フレンチデピュティの資質を引き出した福永
2度のたび重なる不利でも追い続けた丸山元気
ブランボヌールが外にヨレたためにできた穴に突っ込んで差してきた田辺裕信

特にトウショウドラフタは経済コースで最内後方から前がゴチャつき万事休すと思われたが田辺騎手の一瞬の判断に痺れました。

Posted by: コナツ(=^・^=) | May 09, 2016 at 08:28 PM

ブライアさん

的中おめでとうございます!

池添騎手がもう少し早めに動けば、もしかしたら福永騎手の2着もあったかもしれませんね。

メジャーエンブレムにとっては負けられないレースでしたが、陣営の仕上げと作戦に応えて、馬も完璧な走りを見せてくれました。

この後は休養に入ってもらいたいのですが、牡馬のクラシックに入っても十分に通用する牝馬だと思います。

秋が楽しみです。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 09, 2016 at 09:42 PM

コナツ(=^・^=)さん

差し脚を生かした騎手たちが上位に来ましたね。

強い逃げ馬がいると、乗り方や仕掛けのタイミングが難しいのですが、おっしゃる通り、それぞれが騎乗馬の持ち味を生かした結果だと思います。

田辺騎手はいつのまにか腕達者な安定感のあるジョッキーになりましたね。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 09, 2016 at 09:47 PM

Post a comment