« 馬券を買う際のポイントは「大数の法則」に飲み込まれないこと | Main | 函館2歳Sを当てるために知っておくべき3つのこと »

集中連載:現代のコアな競馬ファンがすなる一口馬主というものを(第13回)

Hitokuti131

セリの熱狂が忘れられず、千葉サラブレッドセールに行ってきた。本当は北海道のトレーニングセールの広告を見て、そちらに行こうかと思ったが、あまりにも遠い。その広告には、こう書いてあった。

「『北海道市場トレーニングセールに、スクリーンヒーロー産駒の凄いのがいるらしい』という噂が広まったのは2013年春、セール本番を6週間後に控えたリハーサル撮影の前後からだった」

スクリーンヒーロー産駒とはモーリスのことであり、確かにモーリスは2013年の北海道のトレーニングセールの公開調教にて、ラスト2ハロン21秒8の最速時計を出して、ノーザンファームに1050万円で落札されている。今や世界的なマイラーとなったモーリスの走りを目の前で見て、それからセリで購入するチャンスが誰にもあったということだ(しかも比較的安値で)。同じことは千葉サラブレッドセールにも当てはまるだろう。

千葉サラブレッドセールは船橋競馬場で行われている。2001年から始まり、今年で16年目となる。初年度は10頭の上場馬からスタートし、少しずつ増えて、今年は63頭が上場された。しかも2009年以来、社台ファームが市場を支える形で生産馬を多数送り込むようになったことで、売却率も総売り上げも大幅に上昇した。過去最高であった昨年(2015年)は全体で12億4000万円の売上額を叩き出し、関東圏で行われる一大セールになった。2015年はエイシンフラッシュの弟(父ディープインパクト)が1億9000万円の値をつけたように、上場馬の血統レベルは総じて高く、今年も重賞戦線で活躍した牝馬の仔やブラックタイプに埋め尽くされた血統馬がほとんどであった。

Hitokuti132

入口で購買者登録を済ませ、カタログをもらい、スタンドに駆け上がってみると、すでにたくさんの競馬関係者たちが集まっていた。自分を棚に上げて、こんな平日に馬を買いに来られるなんて皆さん良い身分だと思いつつも、いつもの競馬場とはまた違った静かな熱気に、こちらも動悸が少しずつ激しくなる。スタンドのど真ん中には、社台グループの吉田照哉氏が座って、真剣な眼差しを登場馬たちに送っていた。最初の組が最終コーナー手前の残り400m標識のところあたりから併走し始めると、全員の目がその2頭に注がれる。誰もひと言も発しない。ただ静かに見守る。聞こえてくるのは、2頭のサラブレッドの息遣いと蹄がダートを蹴る音のみ。2頭がゴール板を通過したあと、2ハロンと最後の1ハロンのタイムがアナウンスされた。それから次々と2頭ひと組みの2歳馬たちが、私の目の前を走り過ぎていった。

Hitokuti133


Hitokuti134

Hitokuti136

船橋競馬場の砂は深いこともあってか、速い時計を出す馬でも2ハロンが23秒台、1ハロンが11秒台前半であった。目いっぱいに追われている馬もいれば、ほとんど流しているように耳を立てて走っている馬もいる状況でのタイムだけに、時計が速ければよいということではないのだが、それでも速いタイムが出ると場内は騒然とする。それだけの能力の一端を持っているということの証明であることに違いはなく、順調に仕上げられ、デビューできるとある程度の好走は期待できるということである。ちなみに、2ハロンの最速タイムは23秒5、1ハロンの最速タイムは10秒9であった。1ハロンの最速を叩き出したミルルーテウスの14(父ワークフォース)は、前脚がしっかりと伸びてきれいなフォームで走れていたのが印象的であった。飛び切りの大物を掴むということではなく、コンスタントに走る馬を見出す確率を上げるという意味においては、トレーニングセールには一定の有効性があることは間違いない。

|

Comments

この連載を見て僕もクラブからカタログ取り寄せてみました!1口数万円+月々の育成費なら手が出ない金額ではないですし、カタログ見てるだけで、もう馬主になった気分になりワクワクしますね。既にほぼ満口なので、次回募集が待ち遠しいです。

Posted by: やっとこ | July 25, 2016 at 12:32 AM

やっとこさん

私もようやく一口馬主ブームに乗れた感じですが(笑)、この連載を読んで興味を持ってくれたという声は嬉しいです。

カタログを見て20年以上過ごしましたが、実際に出資してみるとまた違った喜びがあるのだと思います。

気長に良い馬を探してみてくださいね。

Posted by: 治郎丸敬之 | July 25, 2016 at 08:49 PM

Post a comment