« 函館2歳Sを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 分散を大きくするための3つのルール+1 »

はちきれんばかりの筋肉を誇るダッシングブレイズ:5つ☆

★函館2歳S
モンドキャンノ →馬体を見る
まだ幼さを残している馬体であり、筋肉のメリハリという点では物足りない。
そのため立ち姿に力感はないが、気性面は素直で力はストレートに発揮できる。
Pad3star_2

フクノクオリア →馬体を見る
筋肉量の多い、ボリュームのある馬体だが、メリハリは今一歩というところ。
顔つきを見ても、ピリッとしたところに欠け、力を発揮できるのは少し先か。
Pad3star_2

ザベストエバー →馬体を見る
馬体全体のシルエットは美しく、将来性は高いが、現時点ではややパワー不足。
前駆にはある程度実が入っているが、それに対してのトモが物足りない。
Pad3star_2

レヴァンテライオン →馬体を見る
このメンバーに入ると、筋肉のメリハリがあり、細かい筋肉まで発達している。
胴部にも十分な長さがあり、もう少し長い距離の方がこの馬には合っているかも。
Pad4star

ロイヤルメジャー →馬体を見る
いかにも若駒といった立ち姿で、幼さは否めないが、フレッシュさは感じられる。
走ることに対して後ろ向きになっていないのが良いし、その意味で好走は可能だろう。
Pad3star_2

ラ―ナアズーラ →馬体を見る
牝馬らしからぬガッチリとした体型で、特に前駆の力強さが素晴らしい。
もしかするとダートの方が良さを発揮できるかもしれない、と思わせるパワーがある。
Pad3star_2

★中京記念
ダッシングブレイズ →馬体を見る
前後躯にバランス良く、きっちりと実が入って、はちきれんばかりの筋肉を誇る。
アクシデントはあったが、表情からも自信を取り戻しており、復活を期待できる。
Pad5star

ビークトラム →馬体を見る
黒光りする毛艶は冴えており、馬体全体からは筋肉の柔らかさが伝わってくる。
とはいえ、強調材料に欠ける馬体であることも確かで、良くも悪くもない。
Pad3star_2

ケントオー →馬体を見る
手脚が短いため、重心の低さが目立つが、血統的にはスタミナがないタイプではない。
耳をやや絞っているように、気性面での難しさがあり、スムーズに走れるかどうか。
Pad3star_2

トウショウドラフタ →馬体を見る
古馬に混じっても遜色ないほどの力強さを誇り、ここに来て成長してきた。
コロンと映る馬体ではあるが、マイル戦までは十分にもつ程度のそれ。
Pad45star

スマートオリオン →馬体を見る
腹回りに余裕があるため、背中が垂れて力強さに欠ける馬体に映ってしまう。
昨年の絶好調時にはまだほど遠く、もう数戦叩かれてからになるのだろう。
Pad3star_2

マイネルアウラート →馬体を見る
筋肉のメリハリに欠けて、馬体としては幼さを残している部類に入る。
首回りには太さがあり、全体的にはパワータイプで馬場が重くなれば。
Pad3star_2


|

Comments

Post a comment