« 函館記念を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 馬券を買う際のポイントは「大数の法則」に飲み込まれないこと »

洋芝適性を物語る馬体マイネルミラノ:5つ☆

レッドレイヴン →馬体を見る
トモの肉付きが悪く見えるのは、遠征競馬滞在先の撮影の特徴で心配ない。
毛艶が冴えて、前駆の盛り上がりは素晴らしく、絶好調で臨んでこられそう。
Pad4star

マイネルミラノ →馬体を見る
やや手脚が短く重心が低いが、それが逆に洋芝適性を物語っている。
筋肉のメリハリも筋肉量もあって、パワーが馬体から満ち溢れている。
Pad5star

ダービーフィズ →馬体を見る
絶好調であった昨年時に比べるとだいぶ落ちるが、どこが悪いということではない。
首の位置が高い立ち姿からは、馬自身が集中力を欠いているのではと推察される。
Pad3star

ネオリアリズム →馬体を見る
胴部に長さがある分、手脚が短くなり、全体的にはパワータイプの馬体を誇る。
前後躯の筋肉の実の入りも申し分なく、洋芝の舞台でいかんなく力を発揮できる。
Pad45star

ファントムライト →馬体を見る
前駆には父オペラハウス譲りの力強さがあるが、馬体全体はスマートなタイプ。
決して筋骨隆々のパワー型の馬体ではなく、距離も2000mぐらいがベストか。
Pad3star

トーセンブレーヴ →馬体を見る
顔つきからは闘争心が窺え、良血馬ながらも、8歳馬にして衰えは感じさせない。
馬体の張りもあって、筋肉量は多く、どちらかというと洋芝向きのタイプだろう。
Pad3star

トゥインクル →馬体を見る
それほど馬体から力強さは感じさせないが、実は随所に強い筋肉をたずさえている。
耳を絞っているように、気難しい面があるのだろうから、スムーズに走れるかが鍵となる。
Pad3star

|

Comments

Post a comment