« ラジオNIKKEI賞を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 夏場の重賞はあえて高齢馬を狙ってみる »

前駆の盛り上がりが素晴らしいエイシンブルズアイ:5つ☆

★CBC賞
サドンストーム →馬体を見る
腹回りにはかなり余裕があるが、高齢馬だけにこれぐらいでも良いだろう。
それよりも、前駆に力強さが増して、表情からも気合がほとばしっている。
Pad45star

エイシンブルズアイ →馬体を見る
き甲が高く、いかにも短距離馬といった前駆の盛り上がりの素晴らしさ。
毛艶も良く、筋肉も柔らかくて、夏バテの兆候は全く感じられない。
Pad5star

シンデレラボーイ →馬体を見る
コロンとして映るように、腹回りに多少の余裕があり、あとひと絞り必要か。
馬体全体のシルエットは、このメンバーにしては平凡で強調材料はあまりない。
Pad3star

ベルカント →馬体を見る
線の細さだけが目立った若駒の頃に比べると、ふっくらとして、力強くなってきた。
それでも腹が巻き上がっているように映り、トモの肉付きも前駆に比べて寂しさがある。
Pad3star

スノードラゴン →馬体を見る
ますます白くなってきたが、筋肉は柔らかく、とても8歳馬とは思えない。
前駆が特に力強く、スピードよりもパワー勝負のスプリント戦にめっぽう強いはず。
Pad3star

レッドファルクス →馬体を見る
こちらはダート戦を使ってきているにもかかわらず、芝の方が合ってそうな馬体。
毛艶は申し分ないが、やや頭が大きくてアンバランスな印象を受ける。
Pad3star

★ラジオNIKKEI賞
ストーミーシー →馬体を見る
短距離馬らしい体型ではあるが、3歳馬とは思えないほどの筋肉量とメリハリの良さ。
特にトモの実の入りは素晴らしく、距離さえ克服できれば好走も期待できる。
Pad4star

アーバンキッド →馬体を見る
ハーツクライ産駒らしい、線の細さがあり、それゆえの成長の余地を残している。
もう少し馬体に伸びが出て、絞れて、枯れてくれば、走る馬の身体になる。
Pad3star

ゼ-ヴィント →馬体を見る
いかにも3歳馬らしい、若さを随所に残している馬体であるが、手脚の長さがある。
この馬ももう少し絞れて、筋肉にメリハリが出てくれば、さらに走るだろう。
Pad3star

ブラックスピネル →馬体を見る
筋肉量が豊富で、特に前駆の盛り上がりは素晴らしく、力強さが溢れている。
腹回りに余裕が少しあるが、もうひと絞りできれば、最後の踏ん張りが期待できる。
Pad4star

ジョルジュサンク →馬体を見る
胴部にも手脚にも長さが十分にあり、馬体のシルエットは将来性が極めて高い。
現状としては、まだ馬体に幼さを残しているが、先々が楽しみな馬である。
Pad3star

ピックミータッチ →馬体を見る
胴部には十分な長さがあるが、手脚が短く、重心が低いため、中距離が限界か。
馬体は完成度が高く、現時点でも力は出し切れるが、この馬も長く走ることができそう。
Pad45star

ダイワドレッサー →馬体を見る
牝馬と見紛うほどと書こうとしたが、実際に牝馬であったように、線の細さは否めない。
パワー不足は確かであるが、馬体のバランスは良く、力は確実に出し切れるタイプ。
Pad3star

|

Comments

Post a comment