« クイーンSを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 大きく賭け続けた者だけが、馬券のべき乗則(power law)を味方につけることができる »

完成期を迎えているアットウィル:5つ☆

★アイビスサマーダッシュ
ベルカント →馬体を見る
若駒の頃は牝馬らしい線の細さがあったが、古馬になって力強さが出てきた。
馬体的にはほぼ完成されており、この馬としてはこれ以上を望むべくはない。
Pad45star

ネロ →馬体を見る
全身の筋肉が張り詰めており、いかにも短距離馬らしい硬い筋肉の馬体を誇る。
毛艶も冴えていて、表情からも闘争心が伝わってきて、臨戦態勢は整った。
Pad4star

アースソニック →馬体を見る
胴部には長さがあるが、手脚が短い分、重心が低い短距離馬の馬体に映る。
他のメンバーに比べると、もうひと絞りできそうな馬体であと一歩の仕上がり。
Pad3star

プリンセスムーン →馬体を見る
牝馬らしからぬ力強く、堂々とした立ち姿からは貫禄すら漂っている。
調子が良いのだろう、表情からも凛々しさが伝わってきて、好走を期待できる。
Pad4star

フレイムへイロ― →馬体を見る
胴部が詰まって映るように、馬体だけを見ると、直線1000mは最適の舞台。
やや尾が短いのがバランス上で気になるが、8歳馬にしては筋肉が柔らかい。
Pad3star

ローズミラクル →馬体を見る
この馬も胴部が詰まって、手脚が短く、いかにも直線1000mを得意としそう。
若干湾膝気味に映るのは気にしなくてよいが、肢勢はあまり良く映らない。
Pad3star

アットウィル →馬体を見る
パシッと立ち姿を決められるのも、ここに来て完成期を迎えている証拠である。
筋肉のメリハリも申し分なく、トモの肉付きは目を見張るほど素晴らしい。
Pad5star

★クイーンS
マコトブリジャール →馬体を見る
ボリューム感のある馬体ではあるが、全体的には余裕が残っていてもうひと絞り。
顔つきからは気性的にとぼけたところがあるようで、ムラ駆けするタイプかも。
Pad3star

ウィンプリメーラ →馬体を見る
スラリとした立ち姿に好感は持てるが、力強さという点においてはあと一歩。
切れ味を問われるレースが最適で、力を要する洋芝の馬場はどうか。
Pad3star

リラヴァティ →馬体を見る
前走を快勝した後に少し楽をさせたのか、馬体の随所に余裕が残っている。
ふっくらとした馬体は悪くないが、本来はもうひと絞りできると粘りが増す。
Pad3star

メイショウスザンナ →馬体を見る
牝馬らしい線の細さを残しているように、これはこの馬の馬体の特徴なのだろう。
前駆のつくりは力強いが、腹が巻き上がっているようにカイバ食いに難があるか。
Pad3star

マイネグレヴィル →馬体を見る
ごく平均的なオープン馬の馬体で、これといった特筆すべき強調材料はない。
それでも毛艶も前後のバランスも良いので、この馬の力は出し切れる仕上がり。
Pad3star

ナムラアン →馬体を見る
ふっくらとして好印象だが、どこかに幼さを残しており、力強さに欠ける。
胴部がコロンとして映るように、もうひと絞りできるとさらに走れるようになる。
Pad3star


|

Comments

Post a comment