« キャリア1戦馬同士のレースは、直観的に考えてみる | Main | 新潟記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

秋のG1戦線を占う(3歳牡馬クラシック編)

Dmajesty

毎年恒例となった、秋のG1シーズンを占うシリーズを今年も書いていきたい。クラシック戦線に登場する3歳馬たちの力関係がある程度はっきりとしてきている分、春シーズンに比べると占いやすいのが秋シーズンである。とはいえ、出走できるかも分からない中ではあるので、あくまでも妄想、いや現時点での予測として読んでいただければ幸いである。まずは3歳クラシック戦線の牡馬について語っていきたい。

今年の3歳牡馬のトップホースであり、日本ダービー馬であるマカヒキは凱旋門賞に挑戦するため、秋は王者不在の中での争いとなる。そんな中でも、マカヒキとタイプこそ違え、マカヒキに匹敵する能力を秘めていると私が評価しているのが、皐月賞馬のディーマジェスティである。マカヒキが父ディープインパクトをそのまま大きくしたような、日本競馬の結晶である父をスケールアップした理想的な馬(体)であるのに対し、ディーマジェスティはどちらかというと母系の血が色濃く出ており、スピードよりもスタミナ、軽さよりも重厚さやパワーを備えている馬(体)である。

そのことは共同通信杯のレースを観ればよく分かる。あれだけ道中の手応えが悪そうな格好をしながらも、最後までしぶとく伸びて差し切った走りは、ヨーロッパの競馬でこそ通用しそうなスタミナとパワーを示していた。だからこそ、ペースが極端に速くなって上がりが掛かった皐月賞が向いたのは頷けるし、ラストの瞬発力勝負になった日本ダービーで3着に来たことに驚かされた。ロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞ということであれば、ディーマジェスティの特性がプラスに転じるため、来年に挑戦する決断は正しい。その前に、クラシックレースである菊花賞が待ち構えているが、スタミナを生かせるレースであり、後ろから捲り上げていくレースができれば勝利には最も近い馬である。

対抗馬としては、もちろん日本ダービー2着のサトノダイヤモンドであろうか。皐月賞3着、日本ダービー2着と、着順を上げてきており、菊花賞こそは1着を獲りたいはずだが、距離適性という点ではディーマジェスティに劣る。日本ダービーで本命にした私が言うのもなんだが、サトノダイヤモンドは手脚がやや短く、重心がやや低い体型であり、距離が延びて良いタイプでは決してない。古馬になれば、2000m前後がベストな距離になるであろう。古馬になればと書いたのは、日本ダービーは2400mほどの、菊花賞も3000mほどのスタミナは問われないレースになるからである。最も問われるのは折り合いであり、完成度の高さであり、その点においてサトノダイヤモンドは勝ち負けになる馬ということだ。ただし、菊花賞において、ディーマジェスティと最後の底力勝負になったときにはやや分が悪い。

リオンディーズやスマートオーディンが秋の天皇賞に照準を向ける以上、上記の2頭が最有力候補になるのは当然であり、順調にいけばそのまま穏当な結果が出るだろう。あえて挙げるとすれば、阿寒湖特別を勝った上がり馬のカフジプリンスは、いかにもステイヤーらしく、外から捲って上がってゆくディーマジェスティの後ろから、どこまで付いて行けるかによっては2、3着に食い込む可能性もある。

Photo by 三浦晃一

|

Comments

治郎丸さん、こんばんは!
エアスピネルはどうでしょうか?
武豊騎手ならもしかしたら、と期待してしまうんですが(^^;

Posted by: ヒロシレス | September 01, 2016 at 09:22 PM

ヒロシレスさん

こんにちは。

エアスピネルは良質なマイラーだと思っているので、菊花賞は距離をごまかしながら乗ることになると思います。

もちろん、完成度は高いので、乗り方次第では、相手がミスをしてくれたらという条件付きになりますが、馬券圏内に入ってくる可能性はありますね。

Posted by: 治郎丸敬之 | September 02, 2016 at 11:10 AM

Post a comment